阪急阪神不動産株式会社
ハンキュウハンシンフドウサン
2020
業種
不動産
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

2018年4月、「阪急阪神不動産株式会社」は阪急阪神ホールディングスグループの総合不動産デベロッパーとして誕生しました。オフィス・商業施設の賃貸、不動産開発、エリアマネジメント、不動産ファンド、マンション・戸建住宅・住宅の分譲、仲介、リフォーム、賃貸管理、土地活用などの事業を展開。沿線開発100年の歴史を受け継ぎ、街とともに末永く愛され、時を経るごとに愛着を感じていただけるまちづくりを目指しています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

総合不動産デベロッパーとして「住まい・まち」をつくります。

2018年4月、阪急阪神不動産は阪急阪神ホールディングスグループの総合不動産デベロッパーとして誕生しました。不動産を通じて、そこに暮らす人々、働く人々、訪れる人々が心から満足できる「阪急阪神不動産ならではの住まい・まち」を具現化していく。そのために私たちの事業ひとつひとつが、お客さま一人ひとりのより良い人生を切り拓くことにつながると、私たちは信じてます。住まい・オフィス・商業施設などの領域を問わず、関西・首都圏・海外の地域を問わず、総合不動産デベロッパーだからこそできる開拓に挑み続け、お客さまへ新しいライフスタイルを提案する「ライフスタイルデベロッパー」でありたいと思っています。

事業・商品の特徴

お客さま視点で、ものづくり・サービスをお届けします。

阪急阪神の沿線開発100年の歴史が培ってきた街づくり・住まいづくりへの想い、それは永住にふさわしい土地を厳選し、土地が持っているポテンシャルを最大限に引き出し、私たちのマンション<ジオ>が建つことによって、地域全体の価値を高めていくことです。マンション分譲事業において、開発・販売からアフターサービスまでの全てを自社一貫体制で行う私たちには、お客様の声を直接お伺いできるという強みがあります。その強みを活かして常にお客様と同じ視線に立ち、日々の暮らしの安心・快適を支え、楽しさ・豊かさ・美しさを求めるお客様の声に応える商品づくりに取り組んでいます。関西・首都圏・海外でマンション事業を展開しています。

社風・風土

魅力ある個性を持った社員が活躍しています。

関西・首都圏さらには海外で事業展開する阪急阪神不動産では、さまざまな活躍フィールドを用意しています。用地の選定・取得から企画立案・コンセプトづくり、品質管理、販売企画、そしてアフターサービス・商品企画まで一貫して携わる「製・販・管一貫体制」のもと、社員一人ひとりが専門性を発揮しながら、多くの人が訪れ、住み続けたくなる暮らしを創造しサポートすることが、私たちに課せられたミッションです。また、若手からどんどん仕事を任せ、現場の第一線を担ってもらいたいと考えています。チームで大きな成果を生み出すことに喜びを感じる方、目に見える形で地域に貢献したい方は、やりがいと可能性を感じていただけると思います。

会社データ

事業内容 オフィス・商業施設の賃貸、不動産開発、エリアマネジメント、不動産ファンド、
マンション・戸建住宅・住宅の分譲、仲介、リフォーム、賃貸管理、土地活用 など
設立 1947年2月17日
資本金 124億2,600万円
従業員数 約780名
売上高 885億4,700万円(2017年3月期)
※旧阪急不動産株式会社
代表者 代表取締役社長  若林 常夫
事業所 大阪本社および事業所(大阪、京都、兵庫、東京)
【企業コンセプト】 ~お客様目線の住まいづくりを目指して~

私達は人が生活する中で必要な「衣・食・住」のうち、「住」を扱う会社ですが、阪急阪神ホールディングスグループで「衣・食」も提供しています。こういったグループ全体で人々の暮らしに深く関わってきた総合力は大きな強みであると感じています。

そして、鉄道事業をはじめとするインフラをグループで持っている私達は、お客様とのお付き合いを50年、100年という長い期間で考えています。

また、当社のお客様は、当社の商品をご購入された方だけでなく、近隣・沿線にお住まいの全ての方であり、同じグループの百貨店や・ホテルなどをご利用される全ての方がお客様なのです。

お客様に本当に評価されるもの、住んで良かったと思っていただけるものをつくらなければ事業として継続できません。そういった点では、100年かけて街づくりを行ってきた「阪急阪神」だからこそ出来る商品づくりがあると考えています。

当社は、マンション分譲事業において、製造・販売・管理の一貫体制で商品・サービスを提供しています。それはお客様が何十年とそこに住み続けることを考え、住むほどに満足度が高まり、永く安心して暮らせるすまいの提供を目指しているからです。
【社名変更】 「阪急不動産株式会社」は、阪急阪神ホールディングスグループの不動産事業の再編に伴い、
2018年4月1日に「阪急阪神不動産株式会社」になりました。

「阪急阪神ホールディングスグループ 長期ビジョン2025」に掲げる「梅田・沿線と首都圏・海外の双方における不動産賃貸事業の強化・拡大」「不動産分譲事業等における差別化戦略の徹底的な追求」等の実現に向けて、2018年4月1日、阪急不動産株式会社は阪急電鉄株式会社及び阪神電気鉄道株式会社の不動産事業を引き継ぐとともに、阪急阪神不動産株式会社に商号変更し、阪急阪神ホールディングスグループの不動産事業における中核会社となりました。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)