日本製紙株式会社
ニッポンセイシ

日本製紙株式会社

(日本製紙グループ)
  • 株式公開
業種
紙・パルプ
化学/機械/プラント・エンジニアリング/エネルギー
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

「総合バイオマス企業」として木とともに未来を拓きます!

日本製紙は国内最大級、世界でも有数の製紙会社です。モノづくり企業として巨大設備を動かすノウハウ、また再生可能な資源である「木」を幅広く活用し、様々な製品を生み出す「総合バイオマス企業」です。エネルギー・バイオケミカル・食品事業など、新分野の事業にも積極的に進出し、豊かな暮らしと文化、産業の発展、持続可能な社会の構築に貢献していきます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

大規模プラントでダイナミックな「モノづくり」を

日本製紙グループは、国内最大級、世界的にも有数の製紙グループ。日本製紙はその中核企業として、洋紙部門国内トップシェアを誇ります。日本各地に工場を持ち、大型プラントが24時間稼動。投資額約630億円幅10m長さ300m製造スピード毎分1,800mの世界最大級・最新鋭の紙製造設備や、電力会社を除いては国内最大級の発電能力を誇るボイラー設備群など、最新鋭の大型設備を用いた、ダイナミックな「モノづくり」を行っています。

戦略・ビジョン

「木」を最大限に活用する「総合バイオマス企業」へ

紙は、製品がリサイクルできるだけでなく、主原料である木材も再生可能です。日本製紙は「TreeFarm構想」という大規模な海外植林を展開し、植物資源を自ら創り出しています。同時に、エネルギー事業やケミカル事業といった様々な形で活用することで、自然と調和する持続可能な企業活動を展開。紙とともにさらにその先へ、「総合バイオマス企業」を目指しています。また、紙需要の伸長著しいアジア・オセアニアをターゲット地域とし、海外進出を加速。近年では、オーストラリアの製紙会社を買収、中国第2位の段ボール原紙製造会社へ出資、タイの製紙会社と業務提携するなど、拡大する世界の需要を取込み、更なる成長につなげます。

会社データ

メッセージ 未来を拓く。
紙とともに、そして紙からその先へ

製紙業界のリーディングカンパニーとして、
生活・産業に欠くことのできない紙という素材を社会に提供し、
常に最先端を走り続けてきた日本製紙。

しかし、デジタルメディアの発達や環境問題など、時代の変革に伴って、
いま製紙業界は企業の姿勢とあり方を問われています。

長年、紙とともに歩んできた私たち日本製紙も例外ではありません。
私たちに課せられた課題はたくさんあります。

しかし、私たちは知っています。
紙の持っている可能性を、また原料である「木」の可能性を。

今まで培ってきた技術で、新たな分野への挑戦をはじめています。

新しい時代を、新しい世の中を、
紙とともに、そして紙からその先へ。

私たちは未来を拓きます。
事業内容 ■「紙パルプ事業」- 国内最大級
 【情報を伝達するための紙】
  新聞用紙、コピー用紙、出版用紙、塗工紙(チラシの紙)など製造販売
 【モノを包む、運ぶ紙】
  段ボール原紙、白板紙(菓子などのパッケージ用紙)、包装用紙など製造販売

■「紙パック事業」-牛乳パック包材国内トップシェア!
 液体用紙容器(牛乳パック等)の製造販売、液体充填機の販売など

■「ケミカル事業」- 紙からはじまり、その先へ!
   【木の可能性を引き出す】
    溶解パルプ(レーヨン原料)、コンクリート混和剤、セルロース製品、
    核酸、酵母エキスなどの化成品製造・販売
  【紙づくりの技術を活かす】
     クリアハードコートフィルム(スマートフォンなどの液晶保護フィルム)
   などの製造販売

■「エネルギー事業」- 電力会社を除き国内最大級の発電能力!
 特定規模電気事業者(pps:通称「新電力」)の認定を受け、電力小売り
 市場へ参入

■新事業の展開!
  発電ノウハウを活かした「太陽光発電」、バイオマス燃料の開発、
  鉄よりも軽く強い木材由来の新素材「セルロースナノファイバー」の開発、
  植林技術を活かし挿し木増殖が難しい植物の栽培で食品事業への参入など、
  「総合バイオマス企業」として幅広い事業に進出しています!
設立 1949年8月1日
資本金 1,048億73百万円
売上高 9924億円(2017年3月期連結)
従業員数 5,132名(2017.4月単体)
代表者 代表取締役社長 馬城 文雄
事業所 本社/東京

研究所/東京、東松山(埼玉)、静岡、岩国

工場/釧路、旭川、苫小牧、白老、秋田、石巻、岩沼、いわき、足利、草加、東松山(埼玉)、富士、江津(島根)、大竹(広島)、岩国、八代

生産会社/江川(茨城)、石岡(茨城)、三木(兵庫)

営業支社/札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡

海外支店・駐在員事務所/ロングビュー(アメリカ)、上海(中国)、コンセプシオン(チリ)、メルボルン(オーストラリア) など
関連会社 日本製紙クレシア、日本製紙パピリア、日本製紙木材など約180社
沿革 <明治6年>
抄紙会社設立

<昭和13年>
大昭和製紙設立

<昭和24年>
旧王子製紙3分割により十條製紙設立

<平成5年>
十條製紙と山陽国策パルプの合併により日本製紙発足

<平成13年>
日本製紙と大昭和製紙が共同で持株会社日本ユニパックホールディングを設立し、事業統合

<平成15年>
日本製紙と大昭和製紙および日本紙共販(両社の共同販売会社)が合併、
新生「日本製紙」がスタート

<平成16年>
持株会社日本ユニパックホールディングが日本製紙グループ本社に商号変更

〈平成24年〉
グループ内再編により、日本製紙、日本大昭和板紙、日本紙パック、日本製紙ケミカルが合併し、日本製紙となる。
2020
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)