Inagora株式会社
インアゴーラ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • OpenES
  • 正社員
業種
インターネット関連
商社(総合)/海運/航空
本社
東京
残り採用予定数
5名(更新日:2019/05/29)

私たちはこんな事業をしています

衣料品・化粧品から車・家まで、何でもネットで買える時代。その動きは国境を越え、自国にない高品質な商品を世界中から購入できる「越境EC」も増えてきました。特に中国での日本製品の人気は圧倒的です。そんな時代の流れをいち早くとらえた私たちは2015年、スマホ専用の中国向け越境ECアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」をスタート。さらに「ショッピングに国境はない」を合言葉に、その事業を世界に広げようとしています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

取り扱いブランド3,300ブランド突破!

現在、世界のEC市場は308兆円規模。中でも中国は2位で50兆円の米国、4位で10.4兆円の日本を大きく引き離し、122.6兆円でダントツの1位です。この巨大市場で人気の日本製品専門の越境ECとして注目を集めるのが「豌豆公主」。化粧品・健康食品など3300ブランド・4万アイテムを揃えています。ポイントはいかに売れる商品を選び、その魅力をどう伝えるか。そしていかに迅速に届けるか。日本人と中国人の社員がほぼ半々、両国の事情を熟知した上でマーケティング、コンテンツ制作、物流・決済システムなどをすべて自社で手がける私たちだからできる事業です。

事業優位性

その将来性に大手企業からの出資が続々。

私たちが注目されているのは、単に中国市場で急成長しているからではありません。日本の優れた商品を世界に届けるのと同時に、日本のメーカーに新たな販路を提供することができる。そんな事業の可能性・将来性が高く評価されているのです。その証拠に設立当初から、アマゾンや楽天の元事業部長などが、私たちのビジネスに続々と参加。また伊藤忠商事、KDDI、SBIホールディングスなど、国内外の名だたる企業から132億円もの出資をいただいています。さらにKDDIと伊藤忠商事とは業務提携も始動。まさに日本のビジネス界の有望なスタートアップ企業として認められているのです。

社風・風土

失敗を恐れず「まずやってみる」という会社。

越境ECではすでに米国進出を果たし、次は台湾・インド・ASEAN諸国などを視野に入れています。そのほか来日外国人向けのリアルショップを経営する「インバウンド事業」、日本企業の中国でのプロモーションを支える「マーケティング事業」、KDDIと連携しての「国内EC事業」などの新たなビジネスもスタート。さらに仕入れ強化のために大阪に子会社を設立したり、収益と福利厚生を兼ねたカフェを作ったり、私たちは常に新しいことに挑戦し続けています。そして失敗を恐れず、トライ&エラーでビジネスをブラッシュアップしていくのが私たちのスタイル。また社員と経営陣との距離が近く、個々のアイデアを実現しやすいのも特長です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

2020年は新卒第二期の採用となります。第一期生と力を合わせ、今後の会社の中核を担っていただきたいと思っています。2020年には109兆円規模になると予想される越境EC市場で何ができるのか。マーケティングやコンテンツ制作のノウハウをどう活かしていくのか。さらに既存事業の枠を越えてどんな新しいことができるのか。自由な発想と豊かな行動力で「これからのインアゴーラ」を、ぜひ一緒に創造してください。

会社データ

事業内容 <越境EC事業>
スマートフォンに特化したECアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」を中国のお客様に展開。
高品質な日本の商品やサービスを取り扱い、日本のライフスタイルを中国のお客様に提案しています。商品の選定や出店交渉、買い付け、販促プロモーションやコンテンツ制作も自社で行っており、物流システムも独自開発。
日本企業が製造し、中国のお客様へ届くまで、ワンストップでスムーズな取引ができるのが強みです。日本企業の今後の躍進を担う注目のビジネスモデルのベンチャー企業です。
中国語を使ってのお仕事も可能です。

<インバウンド事業>
インアゴーラが中国向けに越境ECを手がける中で着目したのは、訪日する中国人観光客のニーズと購買行動、そしてそれを把握しきれていない日本企業の課題でした。
インアゴーラは、訪日する中国人観光客の行動分析を行い、訪日前・訪日中・訪日後の各タイミングに即したオンライン・オフラインマーケティングを実施しました。
中国国内では情報の源泉となり、帰国後の新たなインバウンド需要を生み出します。

<マーケティング支援事業>
中国国内のマーケティングは、日本とは異なり、正規の広告代理店が存在せず価格やメニューが不透明であるため、日本企業が広告やプロモーションを行うのは難しいと言われています。中国国内のマーケティング事業に精通しているインアゴーラは、そのノウハウとネットワークを活かし、日本企業と中国のお客様を結ぶ越境ECマーケティング支援サービスを提供しています。

<国内EC事業>
インアゴーラの出資企業の一つであるKDDIと連携し、KDDI、KDDIコマースフォワードが共同運営する日本国内向けECモール「Wowma!(ワウマ)」内の「WONDERFULL(ワンダフル)」ストアで、国内ECサービスを提供しています。
「豌豆公主(ワンドウ)」に出店する企業は、中国への越境ECに加え、「Wowma!」を通じた国内ECの展開が可能です。
国内外の商品情報の制作、物流、決済、マーケティング、顧客対応、在庫管理などの全工程をインアゴーラが一元管理します。
設立 2014年12月
資本金 1.8億円(グループ資本金 約105億円)
従業員数 105名
売上高 非公開
代表者 翁 永飆

連絡先

〒107-0052
東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ16F
Inagora株式会社 採用担当
TEL:03-3587-4620
掲載開始:2019/03/01

Inagora株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

Inagora株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)