信和株式会社
シンワ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

信和株式会社

信和株式会社(東証2部・名証2部上場)
  • 株式公開
  • OpenES
  • 正社員
業種
金属製品
建設/建材・エクステリア/設備・設備工事関連/商社(建材・エクステリア)
本社
岐阜

私たちはこんな事業をしています

金属加工技術を活かし、仮設資材事業や物流機器事業を行っています。仮設資材事業は建設用足場を中心に、高速道路や橋梁のような公共インフラから大型商業施設、住宅の建設・修繕まで使用されており、日本の社会インフラを維持するために欠かせません。物流機器事業は、液体、金属製品、ガラス等、重量物や運送に注意を要する製品を運搬するための専用パレット・ケース、重量物保管用の金属製ラック等を供給しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

国内市場シェア40%。圧倒的な信用力で業界をリード!

創業以来、仮設資材のパイオニアとして多くの企業を支え続け、足場分野では安定のトップシェア。当社の製品品質は高く評価されています。さらに、海外の巨大市場でも安全な足場へのニーズが高まっており、新興国を中心に販路を開拓、取引量の拡大を図っています。また、仮設資材の製造で培った金属加工技術を応用し、重量物運搬用の機器、保管用の特注ラックが、モノを運ぶ・保管する分野で成長を続けています。植物工場用多段棚も手掛け、様々な業界向けに取引ルートを拡大しているところです。

技術力・開発力

国内屈指の生産能力!顧客ニーズを的確に形にする開発力!

製造の中心を担う土倉工場の敷地面積はおよそ4万平方メートル。溶接ロボット137台が稼働しており、安定した品質と生産量を両立させています。国内屈指の生産能力により、原材料の調達コストや外注コストの低減を実現。お客様のニーズに対して柔軟に対応できる生産・販売体制も強みのひとつです。今までにない製品を安価に世の中へ提供していくために、常に「こうだったらいいのに」というお客様の課題をクリアし、社員それぞれが役割を果たしながら付加価値ある製品の開発を実現しています。

戦略・ビジョン

ゆるぎない足元から、ゆたかな未来をつなぐ。

創業から40余年。これまでに当社は、地域密着から全国へと規模を拡大し、海外にも進出しました。そして、2018年に上場を果たした今、より一層の事業展開を進めていくためには、当社の成長エンジンとなってくれる人材を、これまでよりも積極的に育成していく予定です。私たちの想いは、リーディングカンパニーとしての誇りを持ち、モノづくりを通じて世の中をもっと便利にしていくこと。その実現には、アイディアを形にする力、世界に広める力、そして、社員の個の力を組織の力に変えていく力をもっと高めたいと思っています。信和とともに、新しい価値を創造していきましょう!

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【営業職】仮設資材は足場施工会社・建設資材商社・仮設リース会社、物流機器は重量物や移動が難しい製品の運搬が生じる業界へ、各製品のルート営業・新規顧客開拓。
【設計職】仮設資材・物流機器の顧客に応じた製品設計、新規商材開発。
【製造・品質管理職】資材調達、生産管理、製造設備管理、製品検査・品質管理等。
【本社業務管理職】経営企画、総務、経理等、全社管理・事務。主要職種を経験した後、適性に応じ配属。

会社データ

事業内容 ●仮設資材・物流機器の企画・開発・製造・販売・リース
・建設用仮設資材の中でも、くさび緊結式足場"キャッチャー"は、市場シェア1位を誇ります。
・2003年より進出した物流機器では、自動車、電器、化学、農業、流通など、広範な業種のお客様からのご要望にお応えしています。
建設業許可: 岐阜県知事許可(般-27)第201050号
古物商許可: 岐阜県公安委員会 第531060000334号
設立 1979年8月1日
資本金 150,125,050円
従業員数 148名(2018年3月31日現在・連結)
売上高 165億6200万円(2018年3月実績)
代表者 代表取締役社長 山田 博
事業所 【事業所】
本社/岐阜県海津市平田町仏師川30-7
東京支店/東京都千代田区神田佐久間町1-11 産報佐久間ビル5階
大阪支店/大阪府吹田市江坂町1-23-101 大同生命江坂ビル10階
名古屋オフィス/名古屋市中区錦2-2-24 フージャース名古屋錦ビル3階E号室
幸手事務所/埼玉県幸手市東4-5-8

【工場・機材センター】
土倉工場・土倉機材センター/岐阜県海津市平田町土倉字江東478
杉戸機材センター/埼玉県北葛飾郡杉戸町広戸沼39
関西機材センター/大阪府池田市中川原町157-1

【海外拠点】
フィリピン駐在員事務所・ベトナム協力工場
連結子会社 信和サービス(株)
沿革 1977年 岐阜県羽島市に仮設資材の製造・販売を目的として信和商店を創業
1978年 岐阜県羽島市に工場を建設
1979年 法人に改組、信和株式会社を設立(資本金1,000万円)
1988年 くさび緊結式足場事業部を設立、「キャッチャー」の製造・販売を開始
1990年 埼玉県幸手市に関東支店を開設(現東京支店。その後、東京都千代田区に移転)
     岐阜県海津市に工場を建設
1997年 岐阜県海津市に工場(土倉工場)を建設
2002年 中部信和株式会社を合併(資本金2,000万円)
2003年 土倉工場内に物流機器製造用工場を増設
     自動車メーカーへ物流機器の販売を開始し、物流機器部門に進出
2004年 岐阜県海津市に本社を移転
     ファンドによるM&Aを実施
     土倉工場内に土倉機材センターを設置
2006年 コスメティクス・グローバル・ホールディングス・ジャパン株式会社と合併(資本金260,300万円)
2007年 大阪府吹田市に大阪営業所を開設(現大阪支店)
     福岡県糟屋郡宇美町の信和サービス株式会社を完全子会社化
2008年 土倉機材センター、経年仮設機材管理基準適用工場の認定取得
2009年 物流機器「吊りパレット」の販売を開始
2010年 減資(資本金10,000万円)
     幸手機材センター、経年仮設機材管理基準適用工場の認定取得
2011年 幸手機材センターを埼玉県北葛飾郡杉戸町に移転し、「杉戸機材センター」に名称変更
     足場作業用簡易リフト「ランディングボックス」販売開始
2013年 業容拡大に伴い、大阪支店を移転
2014年 大手インターネット販売会社へ物流機器の販売を開始
2015年 リバーホールディングス株式会社と合併
     IoTを活用した威嚇機能付き監視カメラ「CATSEYE」を販売開始
2016年 次世代足場「SPS(サイレントパワーシステム)」の製造・販売を開始
2017年 大手仮設リース会社向け次世代足場「NDS(ダーウィン)」の製造・販売を開始
     フィリピン国マニラにフィリピン駐在員事務所を開設し、当社製品の販売を開始
     ベトナム国ホーチミンの協力工場にてくさび緊結式足場の製造を開始

2018年 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
     名古屋証券取引所市場第二部に株式を上場

連絡先

信和株式会社
住所:岐阜県海津市平田町仏師川30-7
TEL:0584-66-4412
Eail:recruit@shinwa-jp.com
URL:http://www.shinwa-jp.com/
掲載開始:2019/03/01

信和株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

信和株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)