株式会社ケセラセラ
ケセラセラ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • 正社員
業種
広告
コンサルタント・専門コンサルタント/各種ビジネスサービス
本社
大阪
残り採用予定数
100名(更新日:2019/07/17)
QUESERSER RECRUITING 2020

私たちはこんな事業をしています

【Hello,Worlds! 常識を変えていく創業14年 日本最大級の独立型デザインファーム】

ケセラセラは「デザイン」をツールとし、
企業・社会・世界へ、変化をイノベーションを起こす、そして未来を加速させる
日本最大級の独立型デザインファームです。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

Why design now

デザインとは、「たいせつなもの」が何かを知ることである。「たいせつなもの」。デザイナーは日常的にそれを「本質」と呼んでいる。時代の移り変わりからも、人や価値観の変化からも自由であるべきもの。おいそれと書き換えられてはならない魂のようなもの。不要なフレームと装飾を取り去ったあとに残る、不可視の概念。変化の著しい現代では、「本質」を追い求めることを抜きにして生き残ることはできない。複雑に絡み合う事象の中から「本質」を見出す力は、移ろう世界の中で守り抜くべきものを明らかにしてくれる。「たいせつなもの」を知ろう。「本質」を見よう。それは、先行きの見えない闇の中に航路を切り拓く、一条の光になる。

社風・風土

Who are QUESERSER

わたしたちは「ディレクター」「クリエイター」「ボランチ」から成る集団である。得意分野の異なる三者に共通するのは、皆が「デザイナー」であることである。いまあなたがいるその空間を見渡せば、そこに「デザインされていないもの」はひとつもないはずである。デザインとはこの世界のすみずみにまで張り巡らされた、世界を駆動させるための静かな動力機構だ。社会に深く根を張った「デザイン」のことを全知する者として、わたしたちデザイナーは、正しい目的のもとそれを運用しなければならない。地球という名の巨大な生態系を駆動させる不可視の歯車を、この世界をより明るく豊かにし、持続させる目的のもとに使おう。

戦略・ビジョン

What we do

デザイナーの最大の目的は、豊かさを追い求めながら世界を持続させること。「たいせつなもの」を知ることはその目的の達成のために必須の手続きである。わたしたちは「たいせつなもの」を守り・あたため・育て・拡げるための策を練り、「たいせつでないもの」との折り合いの付け方を考える。社会に深く根を張っているからこそ、あらゆる層のあらゆる単位の構成員に、そのふたつの選別について思考することを促しもする。「持続できる世界を作る」ためのあらゆる手段が、わたしたちの手がけるべき対象となり得る。世界を正しくチューニングし、この世界をより研ぎ澄まされた、美しい場所へと連れていく。それが、わたしたちのすべきこと。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

誰がどこにどんなデザインを届けにいくかは「自由」。一人ひとり意思を持って自由に考え、目的に沿ったデザインを提供する。
ケセラセラという環境を乗りこなし、自由かつ大胆に、未来を共創しよう。

会社データ

ケセラセラについてーStance 【創業14年、約300名の日本最大級独立型デザインファーム】

わたしたちは「ディレクター」「クリエイター」「ボランチ」から成る集団である。
肩書は些末な差異に過ぎない。得意とする手段が異なれば呼び方も変わるだけのこと。
わたしたちに共通するのは、皆が「デザイナー」であることである。

いまあなたがこれを読みながら座すその空間を見渡せば、そこに「デザインされていないもの」はひとつもないはずである。
デザインとは、この世界のすみずみにまで張り巡らされた、世界を駆動させるための静かなる動力機構なのである。
デザイナーの役割は、その機構を設計し・組み立て・運用すること。この世界を、より研ぎ澄まされた、美しい場所へと連れていくために。

では、デザイナーにとっての「美しさ」とは何か。
それを繙くために踏まえなければならない前提がひとつ存在する。
「デザイナーは性善説に基づいて存在する」という主張である。

社会に深く根を張った「デザイン」のことを全知した者が、仮に生まれつき悪であったとしたら。
あなたはその世界が幾千年も持続できると、本気で思えるだろうか。
地球という名の巨大なからくりを駆動させる不可視の歯車を、主であるこの星を壊す目的で操ることのできる者がもしも居たなら、人類の歴史は2000余年も続きはしない。
とっくの昔に滅亡の途を辿ったはずである。

しかしわたしたちは、そしてあなたも、今生きてここに存在できた。
それは歯車の操り方を心得た者たちが、この世界をほろぼすためではなく、持続させる目的のもとに不断の努力を重ねてきたからだ。
あるいは時に持続と途絶の分かれ道に遭ったとき、よいこころを持つ者たち自ら楔となって、悪い方向へと回転しようとする歯車を止めてきたからだ。
拮抗する大きなうねりの中で、争いのない和平に満ちた世界を願うこころにくらべ憎悪の力はいつでも強く、時に勇気ある善良な者たちのいのちすら拉ごうとしてきた。
「自分さえよければいい」という価値観が世界を満たすとき、大抵わたしたちは、本当に代償を支払わされるのが自分たち自身であることに気づいていないのだ。

多くの犠牲を支払いながらも、いつもぎりぎりのところで「デザイナー」たちがこの世界の動力機構をチューニングし、この世界は今日ここまできた。
それは2000年という人類史のなかに濃密に圧縮された、デザイナーの使命なのかもしれない。

勘のいいあなたはすでに心得たはずだ。デザイナーにとっての「美しさ」とは何か。
それは、この世界を持続させたいと願うこころが必要十分に象られたさまのこと。
終わらない物語を希求する想いが「たいせつなもの」にかたちに与えるとき、わたしたちはそれを「美しい」と評するのである。
ケセラセラについてーDomain(事業内容) 「デザイン」をツールとし、
企業・社会・世界へ、変化をイノベーションを起こす、そして未来を加速させる事業。

デザインとは、今わたしたちが生きるこの世界ありとあらゆるモノ・コト・人に施されている。ケセラセラは、それらを「カタチのあるもの」「カタチのないもの」と捉え、仕組み・ルール・コミュニケーション・ビジョン・戦略・空間・時間・感情...etcをデザインし、課題を解決する。
ケセラセラについてーOur Rule(コミットメント制度) 社会という構図の中に組み込まれた動力機構すべてに、デザイナーははたらきかけることができる。
計り知れない領域を相手に取り、目的のためにあらゆる手段を講ずることができるデザイナーが互いの知を寄せ合う。

そんな貴い意味性をもつ場所のホストとしてケセラセラは、目的の達成に至る過程に設けられ得るすべてのルールを排除している。
「たいせつなもの」を守るために無限のカードを切ることができる場であるという特長は、ときには「自由」という言葉で語られる。

しかし結局のところ、わたしたちは思う。
自由を謳歌するわたしたちは、この世で最も重い種の責任を負う集団でもあると。
何にでも誰にでも影響できるわたしたちが最も恐れるのは、「何でもできる」から「できるなら何でもいい」になってしまうことだと。
「自発的な意思の喪失」こそ、デザイナーが最も恐れるべきことなのだ。

「手段」に制限を設けないわたしたちが、「たいせつなもの」を守るという目的を自らの意思で完遂させるために、唯一自分たちのなかに課したデザインがある。
ケセラセラはそれを「コミットメント」と呼ぶ。

ケセラセラは、デザイナー一人ひとりのコミットメントの集合値によって組織を成している。
3ヶ月に1度、「自」らに「由」る意思決定によって行動目的と達成水準を定義し、成し遂げる「約束」を一人ひとりが掲げる。
自ら掲げた水準と目的を満たせたかどうかは、受け取る報酬の額とじかに紐付いている。

変化し続ける組織を成す一員として、デザイナー一人ひとりにとっての「たいせつなもの」とはなんなのかを定期的・定量的に思考させ、自らが生み出すデザインの存在意義を自ら肯定する。
達成できなかった目的と手段について振り返り、デザイナーとしての存在価値を更新し続けていく。
ケセラセラに集まるすべての個人にその手続きを課すためのデザインが「コミットメント」である。

この世界のすべてに影響できる力を持つからこそ、力を行使した結末を自分以外の誰のせいにもしない。
デザイナーにはそんな種の覚悟が必要だとわたしたちは思う。
デザインの結果として生じたすべての変化の責任を引き受けるという意思は、自由を積極的に享受しようとする姿勢と等しく大切なことである。
ケセラセラについてーDiversity(人と拠点について) デザイナーは、デザインが生んだ結果のすべてを引き受ける。
しかしどのような結果が生じるとしても、目的は常に、豊かさと持続性を同時に追い求めることである。
では、その目的を達することのできるデザインはどこから生まれてくるのか。

未知のものに出会い、触発されることでデザインは推進力を得る。
まるで出会う人の数だけ異なる宇宙が存在するかのように、人の違いというものはわたしたちにとって興味深く、奥行きがある。
ケセラセラには、まだ見ぬ国で生まれ育ち、価値観も生き方もさまざまなデザイナーが集まる。

異なるパーソナリティを持つデザイナーが集まる場所で、わたしたちは自らにとっての常識が、他の誰かにとっては全く無効なものであることを知る。
知覚の差異を意識することではじめて自分というものから距離を取り、誰かを慮る表現を生み出すことができる。
違いの集合値こそ、わたしたちのクリエイティブの源泉である。
その違いの幅はそのまま、ケセラセラという場の可能性と等号で結ばれる。

だからわたしたちは、今まだここにいない人を求めている。

One country, One branch(一か国に一拠点を)は、可能性を拡張・最大化するためにわたしたちが掲げるスローガンである。
大小様々なイノベーションは、違いを肯定し、絶えず変化し続け、多様性を担保できる場所にこそ生まれると考えているから。

自らの未開に飛び込め。
Hello,Worlds!
デザインの始発点にいつでも立とうという、わたしたちの合言葉だ。
設立・沿革 【設立】
2005年7月6日

【沿革】
2005年  7月 福岡市中央区にて(株)ケセラセラ設立
2005年11月 資本金を1,000万円に増資
2006年  1月 大阪市北区に大阪オフィス開設
2006年  5月 本社を福岡県久留米市に移転
2007年  2月 大阪オフィスを大阪市西区江戸堀に移転
2007年  6月 本社を大阪市西区に移転
2008年  2月 福岡オフィスを福岡市中央区大名に移転
2009年  4月 本社を大阪市北区堂島に移転
2009年12月 資本金を2,000万に増資
2010年  8月 福岡オフィスの営業部門を新設分割により分社化
       (分割会社名:(株)ケセラセラジャパン)
2011年  1月 本社を大阪市北区梅田に移転
2011年  5月 福岡オフィスを福岡市中央区舞鶴に移転
2011年  6月 資本金を3,200万に増資
2012年  9月 シンガポールにオフィスを開設
       (100%出資子会社:QUESERSER SINGAPORE PTE. LTD.)
2013年  3月 福岡オフィスを福岡市中央区薬院に移転
2013年  4月 名古屋市中村区に名古屋オフィス開設
2013年  6月 東京都千代田区に東京オフィス開設
2013年11月 インド・バンガロールにオフィスを開設
       (100%出資子会社:QUESERSER DESIGNERS INDIA PRIVATE LIMITED)
2014年  8月 福島県郡山市に福島オフィス開設
2016年  6月 韓国・ソウルにオフィスを開設
       (100%出資子会社:Queserser & Company)
2017年  2月 シンガポール拠点を「QUESERSER PTE. LTD.」に社名変更
2017年  5月 名古屋オフィスを名古屋市中村区名駅3-16-3に移転
2017年  5月 京都市下京区に京都オフィスを開設
2017年  7月 ベルギーにオフィスを開設
資本金 2億4,000万円
代表者(CEO) 鎌田 健之介
従業員数 343名(2019年4月1日現在)
拠点 【国内拠点】

大阪オフィス
〒530-0001
大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー20階
TEL:06-4799-0039(代表) FAX:06-4799-0050

東京オフィス
〒100-6510
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビル10F
TEL:03-6880-2501(代表) FAX:03-6880-2505

名古屋オフィス
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅2-36-2 協和ビル3F
TEL:052-856-1500(代表) FAX:052-856-1505

京都オフィス
〒600-8411
京都府京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地 COCON KARASUMA 8F
TEL:075-371-5123 FAX:075-371-5122

福岡オフィス
〒810-0022
福岡県福岡市中央区薬院1-14-5 MG薬院ビル3F
TEL:092-716-0011(代表) FAX:092-716-0090

福島オフィス
〒963-8001
福島県郡山市大町1-14-1 ジブラルタ生命郡山ビル4F
TEL:024-901-0039 FAX:024-901-0033



【海外拠点】

シンガポールオフィス[Queserser Pte.Ltd.]
One Upper Circular Road #06-01 Singapore 058400
TEL:+65-6634-0366

韓国オフィス[Queserser & Company]
7F 343 Samil-daero, Jung-gu, Seoul, Korea
TEL:+82-70-4738-3996

インドオフィス[Queserser Designers India Pvt.Ltd.]
Mezzanine Floor of the building MAINI SADAN,
No.38,7th Cross, Lavelle Rd, Shanthala Nagar, Ashok Nagar,
Bangalore, Karnataka-560001, India

ベルギーオフィス
Silversquare, Avenue Louise 54, 1050 Brussels, Belgium
TEL:+32-(0)2-895-60-00
売上高 20億3,000万円(2017年6月)
16億5,000万円(2016年6月)
14億5,000万円(2015年6月)

連絡先

〒530-0001
大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー20F
(株)ケセラセラ 新卒採用担当
TEL:06-4799-0039
MAIL: recruit20@queserser.co.jp
掲載開始:2019/07/04

株式会社ケセラセラに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社ケセラセラに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)