ジャパン マリンユナイテッド 株式会社
ジャパンマリンユナイテッド
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
輸送機器
機械/重電・産業用電気機器/プラント・エンジニアリング/商社(自動車・輸送機器)
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

2013年1月1日、マーケティング力を強みに持つユニバーサル造船株式会社(JFEホールディングス子会社)と、
技術力を強みに持つ株式会社IHIマリンユナイテッド(IHI子会社)が経営統合し、
ジャパン マリンユナイテッド株式会社(JMU)が誕生しました。
日本の造船業界のトップランナーとして、私たちは世界に誇れる船をつくり続けます。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

造船の未来を、拓け。

私たちジャパン マリンユナイテッド(JMU)の強みは、国内トップクラスの建造能力、約7,500名のグループ従業員、1,000人規模の優秀な設計陣、そして世界トップレベルの研究設備と開発陣を擁する点にあります。これらの強みを最大限に活かし、船主・荷主からの要望に技術で応えることを通して海上物流へ貢献し、要求に則した艦船をタイムリーに建造することを通して海上安全・防衛への貢献を果たし、さらには、造船技術の底上げを通して日本の造船業全体への貢献を果たす、という大きな使命をJMUは背負っています。日本の、そして世界の造船業をリードし、造船の未来を切り拓いていく、それがJMUの進むべき道であると考えています。

事業優位性

船の進化を、描け。

自動車や家電をはじめ、あらゆるモノづくりにおいて環境への配慮が叫ばれる中、私たちの生活に欠かすことができない役割を担う船だからこそ、時代に求められる変化をさせていくべきだと考えています。起源は縄文時代という、乗り物の中では最も古い歴史を持ち、300mを超える最も大きな乗り物である、船。その進化の軌跡を描いていくのは、私たちジャパン マリンユナイテッドです。

社風・風土

チームワークを、磨け。

造船は、他には類を見ないほどの大きなモノづくり。必然的に、関わる人の数も膨大です。だからこそ、必要とされるのがチームワーク。細かく工程分けされた一つひとつの緻密な仕事が、密なコミュニケーションのもと巨大な船体を造りあげます。その作業の多くはハンドメイド。なによりも「つくる楽しさ」を実感することができるでしょう。それは、一人ではつくることができない。けれど、自分一人が欠けてもつくることはできない。若手もベテランも関係なく、仲間たちと力をあわせて大きなモノをつくりあげる達成感を、共に味わいませんか。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

●事務系
営業、調達、財務・経理、総務・人事 等

●技術系
設計、生産管理、品質管理、情報システム、研究・開発 等

職種はそれぞれ分かれていますが、全社員が一つになって大きな船をつくりあげていく、誇りとやりがいに溢れる仕事です。

会社データ

事業内容 商船・艦船・海洋浮体構造物等の設計、製造、販売等

●商船事業
タンカー、コンテナ船、ばら積み船、LNG-LPG船、自動車運搬船、フェリーなどの建造・修理を行い、世界の海上物流に貢献します。

●艦船事業
艦艇、巡視船、特殊船等の建造・修理を行い、海上安全や国土保全に貢献します。

●海洋・エンジニアリング事業
これまで培ってきた技術をもとに、国内外の造船所での建造支援や洋上浮体設備の設計等を行います。また、洋上風力発電システムなど、新たな海洋空間利用・環境対策にも取り組みます。

●ライフサイクル事業
ジャパン マリンユナイテッドのグローバルネットワークのもと、新造船から解撤までの“船のライフサイクル”に必要とされる様々なソリューションを提供します。
設立 2013年1月1日
資本金 250億円
従業員数 6,068名(2018年3月)
売上高 2,861億円(2018年3月期決算)
代表者 代表取締役社長 千葉 光太郎
事業所 ●国内
本社        -神奈川県横浜市
工場        -鶴見(神奈川県横浜市)
                -磯子(神奈川県横浜市)
                -津(三重県津市)
                -舞鶴(京都府舞鶴市)
                -呉(広島県呉市)
                -因島(広島県尾道市)
                -有明(熊本県玉名郡)
研究所      -津(三重県津市)
                -横浜(神奈川県横浜市)

●海外
現地法人   -イギリス ロンドン
                -オランダ ロッテルダム
                -トルコ イスタンブール
                -シンガポール
                -ベトナム ハノイ
                -中国 上海・大連
関連会社 国内10社、海外9社
株主 株式会社IHI、JFEホールディングス株式会社、日立造船株式会社
沿革 [日本鋼管]1912年 日本鋼管設立
        1940年 日本鋼管と鶴見製鉄造船が合併
        1988年 呼称を日本鋼管からNKKに統一

[日立造船]1881年 大阪鉄工所創立
        1943年 日立造船に改称
  ▼
2002年 日立造船とNKKの造船部門が経営統合し、ユニバーサル造船発足
──────────────────────────────

[IHI]1853年 石川島造船所創設
    1893年 東京石川島造船所に社名変更
    1945年 石川島重工業に社名変更
    1960年 石川島重工と播磨造船所の合併により石川島播磨重工業(IHI)発足

[住友重機械工業]1893年 浦賀船渠設立
            1969年 住友重機械工業設立
  ▼
1995年 IHIの船舶部門と住友重機械工業の
      艦艇部門の共同出資によりマリンユナイテッド(MU)設立
  ▼
2002年 IHIの船舶海洋事業が分社化、MUと統合し
      アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド(IHIMU)に社名変更
──────────────────────────────

2013年 ユニバーサル造船とアイ・エイチ・アイ マリンユナイテッドが経営統合
      ジャパン マリンユナイテッド操業開始
メッセージ 1853年(嘉永6年)に徳川幕府により開設された石川島造船所に始まり、150年以上の歴史を有するIHIマリンユナイテッド。
約100年にわたり船造りを行ってきたNKKと日立造船の船舶・海洋部門が統合して生まれたユニバーサル造船。

2013年にその両社が統合し、ジャパン マリンユナイテッドという社名には、「日本の造船連合として、世界の造船業のリーディングカンパニーを目指す」という強い想いが込められています。
日本の造船業界をけん引してきた両社の「開発・技術力」「営業力」「大型建造設備」を最大限に活かし、世界の船舶・海洋分野においてトータルなサービスを提供することで、社会と産業の発展に貢献していきます。

日本の造船業は世界単一マーケットの中で世界と競い合い、トップクラスの地位を確保し続けている産業です。
日本の経済を支えてきた“ものづくり”の現場で、あなたの活躍の場が広がっています。

連絡先

ジャパン マリンユナイテッド 株式会社
人事部 人材開発グループ
神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-2 横浜ブルーアベニュー
TEL:03-5297-8086
掲載開始:2019/03/01

ジャパン マリンユナイテッド 株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

ジャパン マリンユナイテッド 株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)