株式会社イシカワ
イシカワ
2020

株式会社イシカワ

豆菓子、ナッツ、カルシウム黒豆、ドライフルーツ等、製造・販売
業種
食品
商社(食料品)/その他専門店・小売
本社
広島

私たちはこんな事業をしています

イシカワは広島に本社を置く、創業91年の豆菓子メーカー。
豆菓子や、あられ、ドライフルーツ、ナッツなどの製造・販売を行っています。
近年では、栄養機能食品「カルシウム黒豆」を開発し、新たな需要を提供しております。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

豆の可能性を追求し挑戦し続ける、創業91年の豆菓子メーカー。

広島に本社を置き、豆菓子をはじめドライフルーツ、あられ、ナッツなどをつくっています。ピーナッツやそら豆、大豆など扱う豆の種類は約100種類!商品数は1200種類にも及びます。取引先は地元のスーパーや量販店を中心に約150社。お客様の様々なニーズに応えることができる多品種少量生産が大きな強みです。あらゆる豆菓子の製造に柔軟に対応できる自慢の工場設備もあります。また、創業時から豆という素材を扱ってきた経験を豆菓子という範囲にとらわれず、まだ見ぬ新しい商品や食材、用途を開発中。最も大事なのはモノづくりへの情熱。今後も新たな挑戦をし続けます。

戦略・ビジョン

豆という素朴な素材の良さを様々なカタチで伝える挑戦をします

近年、イシカワは広島大学との共同開発で生まれた「カルシウム黒豆」手軽にカルシウムを補給できる栄養機能食品の販売にチカラを入れてきました。これまで量販店に対して、直接、商品を卸す形がほとんどでしたが、「カルシウム黒豆」によって、通販領域にも販路が拡大。会社としても、新たな展開を生んだ画期的な商品でした。今後も「豆」という素朴な素材を様々なカタチで伝えていく。そして、地元広島での大豆や落花生の生産も行っていきます。私たちは創業100周年に向け、新しいことにどんどんチャレンジしていきたいと思っています。

仕事内容

大事なのはあなたらしさと情熱。社員の持ち味を大切にしています

今後、豆という素材を使って、まだ見ぬ新しい商品や食材、用途を生み出していきたいと考えています。たとえば、用途開発においては大豆を粉にして使う「大豆粉」という案があります。大豆粉で、シフォンケーキをつくったらどうなるだろう。豆乳に豆粉を混ぜて、アイスクリームをつくったらどうなるだろう。それぞれの豆の持ち味を大切にしながら、新たなものを生み出すことに挑戦しています。それと同じように、社員の持ち味も大切にしています。

会社データ

 【平成30年7月豪雨への対応について】 ────────────────────────────────────────────────
7月5日からの豪雨による災害でお亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈りいたしますとともに、
ご遺族の皆さまに心からお悔やみ申し上げます。また、被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。
────────────────────────────────────────────────



-被災学生についての特別措置について -
・エントリーについては期間延長いたします。
・インターンシップについて個別に対応させて頂きます。

※下記お問い合わせ先までご連絡ください。

 
 -上記についての問い合わせ先・問い合わせ方法 -
・下記の電話・メール・HPお問い合わせフォームで承っております。

株式会社イシカワ
〒738-0202
広島県廿日市市峠245-37
担当 石川 小野 
TEL:0829-40-0088
MAIL:info@ishikawa-net.co.jp
URL:http://www.ishikawa-net.co.jp

事業内容 ■豆菓子、ナッツ、ドライフルーツ等の製造販売

創業から91年間培ってきた豊富な豆の知識、
仕入先との長年の信頼関係による強固な仕入れルートを強みに、
豆菓子の製造を行っています。
特徴は、多品種少量生産。1200種類の幅広いラインナップで、
お客様のさまざまな要望に応えています。
また、多品種少量生産に対応できる自社工場を持ち、
製造だけでなく、袋詰めやパッケージデザインまでも手がけています。


【経営理念】
「ものづくりの人を増やす。」

【イシカワの主な商品】
カルシウム黒豆、みそ落花生、きなこ大豆、ミックスピー、ポーカーピー、イカピー、柿ミックス、
青大豆、カル焼大豆、しょうが豆、いかり豆、コーヒーピー、トップ豆、はじき豆、
南京豆、セサミアーモンド、バターピー、最高味など。

【カルシウム黒豆の開発秘話】
手軽にカルシウムを補給できる栄養機能食品「カルシウム黒豆」。
実は、商品開発室の社員の骨折が、誕生のきっかけでした。
自分が骨粗鬆症であると知った社員は、
「気軽においしくカルシウムを摂れる商品をつくりたい」と思い、
「カルシウム黒豆」が開発されたのです。
設立 1952年3月 ◎創業1927年3月
資本金 4000万円
従業員数 55名
売上高 9億8000万円(2018年2月期)
代表者 代表取締役 石川 直寛
事業所 ■本社:広島市南区東雲1-16-25
■佐伯工場・営業本部:広島県廿日市市峠245-37
■営業所:松山
沿革 昭和2年3月:故石川信太郎 個人企業により広島市段原新町369番地で煎豆の製造を始める
昭和22年5月:広島市段原大畑町で豆菓子の製造を再び始める
昭和27年3月:株式会社に法人成り
昭和32年11月:業務拡大の為、工場を東雲1丁目16-28に移転
昭和37年3月:広島市南区松原町に駅前支店として店鋪を開設
昭和49年8月:業務拡大の為、本社・事務所・包装工場を段原大畑町7-9に移転
昭和49年2月:石川隆雄 代表取締役社長に就任
         本社工場を広島市東雲に新築、製造・包装・販売の一貫体制を整える
平成5年10月:段原工場再開発の為、広島市南区東雲2丁目に第二工場を増設
平成9年3月:工場を広島県廿日市市峠245-37 に全面移転
        (敷地 2000 坪、建坪 800 坪、 2 階建 鉄骨造)
        石川幸次郎代表取締役社長に就任
平成14年12月:ISO900112000/JISQ9001:2000 を認定取得
平成21年7月:栄養機能食品カルシウム黒豆製造販売開始
平成25年12月:石川直寛代表取締役に就任
ものづくりの想い 株式会社イシカワは、お客様に喜んでもらいたいという気持ちを持って
創業から豆菓子に愛情をこめて作り続けてきました。

ただ豆菓子をつくる職人としてだけではなく、スタッフ全員がものづくりの想いを心に持ち、
笑顔になって頂ける製品をこれからもお届けしていきます。

また、豆という素材の良さ、素晴らしさをひとりでも多くの方に伝えてまいります。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)