興亜工業株式会社
コウアコウギョウ

興亜工業株式会社

東証一部上場 丸紅グループ
業種
紙・パルプ
その他製造
本社
静岡

私たちはこんな事業をしています

★丸紅グループの紙パルプ部門の一翼を担う当社は、流通に欠かせない段ボール箱の原紙製造メーカーとして、70年以上の歴史を誇ります。原料のほぼ100%が古紙であり、環境対策にもいち早く取り組んでいます。2000年にはISO14001の認証を取得。再生紙のメーカーとして、循環型社会の形成に寄与することは当社の使命であると考えています。★

当社の魅力はここ!!

企業理念

誰からも信頼される地域ナンバー1の会社へ

「モノをつくる企業として、自然環境との調和を図りながら、豊かな人間社会の構成に貢献していきたい」。丸紅グループの産業用紙メーカーとして70年以上の歴史を持つ興亜工業は、昭和40年代から資源の有効活用に取り組んできました。現在では原料のほぼ100%を古紙で賄うことを達成。2000年にはISO14001の認証を取得し、自社内のゼロ・エミッション化を推進するとともに、当社とお客様の間で資源の有効活用を図る独自のクローズド・リサイクル・システムの完成を目指しています。これからも、環境への配慮を念頭に置き、当社は地域社会の皆さまと一緒になって成長していきたいと考えています。

事業・商品の特徴

★すべてはお客様の声の中にある★

当社の事業は原紙を製造し、段ボールをはじめとする各メーカーの皆さまのニーズにお応えしながら製品を送り出すことです。時代とともに変化する多種多様なニーズに耳を傾け、その変化に即した製品づくりと研究開発を推し進め、着実に一歩ずつ前進していくことが重要だと考えています。そのために当社に対する提案・意見も正面からしっかり受け止めることが何よりも大切です。昨今では、お客様からの要望も多様化・複雑化してきていますが、当社の高品質な製品はその声の中から生まれ、育まれているのです。興亜工業はどこまでも「顧客オリエンテッド」な会社でありたいと思っています。

会社データ

事業内容 段ボール原紙、更紙の製造・販売
設立 1941年5月1日
資本金 23億4264万8800円
従業員数 正社員245名(2019年1月1日)
平均年齢・勤続 平均年齢38.0歳、勤続17.3年
売上高 258億円(2017年度実績)
代表者 代表取締役社長 甘艸保之
事業所 本社および工場 静岡県富士市比奈1286-2
東京営業所 東京都千代田区神田小川町1-7
名古屋営業所 愛知県名古屋市中区錦2丁目2-2
沿革 1941年 設立、便箋印刷業開始
1948年 抄紙機設置、更紙の抄造を開始
1950年 便箋印刷業廃止
1952年 抄紙機増設
1957年 更紙の抄造を中止、包装紙の抄造に転換
1965年 発電用重油ボイラー、蒸気タービンおよび発電機を新設
1967年 段ボール原紙用抄紙機を新設
1969年 段ボール原紙用抄紙機を増設
1970年 ライナー用抄紙機を新設
1973年 焼却炉を新設
1976年 発電用重油ボイラー、蒸気タービンおよび発電機を増設
1978年 焼却炉を増設
1984年 東京営業所開設
1985年 大阪営業所開設
1991年  更紙用抄紙機を新設、更紙抄造を再開
1995年 発電用重油ボイラー、復水タービンおよび発電機を増強
2000年 ISO14001認証取得
       産業廃棄物処分業許可証取得
2002年 大阪営業所閉鎖、名古屋営業所開設
2004年 ガスエンジン発電設備を新設
2009年 ISO27001認証取得
2015年 石炭ボイラーを導入
2016年 更紙販売強化を目的とした合弁会社(株式会社更ファクトリー)設立
主要株主 丸紅株式会社 80%
日本製紙株式会社
創業家一族
2020
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)