丸文株式会社
マルブン
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

丸文株式会社

東証一部上場
  • 株式公開
  • 正社員
業種
商社(電機・電子・半導体)
商社(自動車・輸送機器)/商社(機械)/商社(医療機器)/その他商社
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

スマートフォンや自動車などに使われる半導体、電子応用機器等を取り扱うエレクトロニクスの専門商社です。
1947年の設立以来、「人と技術とサービスで、より豊かな社会づくりに貢献する」ことを理念に掲げ、
科学技術や国内産業の発展に貢献してきました。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

日本に初めてICを紹介!常に一歩先の時代を見据えてきた先見性

その存在が、私たちの暮らしの当たり前になったIT技術。当社は、その最も初期の段階で集積回路(IC)を国内に初めて紹介しました。また、お客様のニーズに合わせて業界で先駆けてグローバル展開を行うなど、江戸時代に呉服問屋として創業して以来、常に次の時代を切り拓く商品とサービスを提供し続けています。そのスピリッツは現在も受け継がれ、長年築いてきた取引先との信頼関係と高度な情報・物流ビジネス基盤を活かして、常に明日の暮らしを豊かにするために、世界中の最先端商品や技術を発掘しビジネスを仕掛けています。

事業優位性

独立系商社としての自由度と幅広さ

独立系エレクトロニクス専門商社である当社はその自由度を活かし、お客様のニーズに最も合う提案をすることを目標としています。国内外の幅広い商品ラインナップに加え長年培ってきた経験や知識・技術力を駆使して、お客様目線でチャレンジを続けてきたことを付加価値とし認めていただき、取引先との強固な信頼関係に繋がっています。また、新領域での事業展開にも積極的に取組み、常に新たな価値を創造し続けています。

社風・風土

チームワークと自分らしさ

当社は、「チームワーク」を土台にして自分らしく働けることが重要と考えています。「人の和」を大切に主体的に取組むことで、「自分らしさ」が築かれ、それぞれが自分の特徴を活かした働きかけを行います。前例のない問題や状況に常に向き合い、果敢に挑み解決していくことが求められる最先端分野のビジネス環境。その中でお客さまへ最適なソリューションを提供し続ける当社の仕事は、自ら考え行動することが重要であり、前例のないことほど職場の仲間との連携・協力が必要となります。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

基幹職(総合職)
◆営業
 仕入先商品の販売・マーケティング、販売時の価格交渉・納期管理、海外拠点との連携等
 
◆技術
 客先製品開発の支援、販売製品への技術サポート・営業技術支援等

一般職(職掌転換制度有り)
◆営業事務他
 受発注業務、納期管理・調整、客先生産計画の情報収集等

会社データ

事業内容 集積回路を中心とした半導体、電子応用機器(レーザ機器・航空関連機器など)の仕入販売を行う先端エレクトロニクス専門商社です。主に海外を中心としたメーカーから仕入れ、半導体は日系大手電機メーカーへ、電子応用機器は官公庁や大学などに販売しています。
業界でいち早く海外に拠点を設け、お客様の海外生産移管のサポートを行うなど、開発・設計から生産まで、あらゆる場面でお客様のモノづくりをサポートしています。

■取扱い製品
《デバイス事業》
 ・各種半導体
  アナログIC、ロジックIC、メモリーIC、マイクロプロセッサ、特定用途IC、カスタムIC等
 ・電子部品
  LED、水晶デバイス、ディスプレイ、スイッチ・コネクタ・基板、太陽電池等 
《システム事業》
  レーザ・光学部品、航空宇宙・防衛機器、通信機器、検査測定機器、研究開発機器等
設立 1947年7月
資本金 62億1,450万円
従業員数 727名(2018年4月1日現在)
売上高 3,475億円(2018年3月期・連結)
2,278億円(2018年3月期・単体)
代表者 代表取締役社長 水野象司
事業所 ●国内拠点
 東京本社 関西支社 中部支社 大宮支店 立川支店 他計19拠点
●海外拠点
 海外関係会社/25拠点
  ※米国、台湾、シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシア、中国、インドネシア、
    メキシコ、ハンガリー
沿革 1844年 現本社所在地で呉服問屋「堀越」(屋号「丸文」)を創業
      のち生糸の輸出業および洋反物の輸入業を併営

1947年 機械器具および日用雑貨類の販売と輸出入を目的に丸文株式会社を設立

1952年 Rocke International社と代理店契約を締結し、アメリカ製機器の輸入・販売を開始

1957年 Ampex Corp.社製機器を皮切りに計測機器の取扱開始
      その後、航空宇宙機器、分析機器等の外国製機器の輸入・販売を順次開始

1964年 レーザ機器を当社が日本国内へ初めて輸入・販売

1965年 アメリカTexas Instruments社製集積回路(IC)を当社が日本国内へ初めて輸入・販売

1990年 業界初バーコードシステムによる在庫管理を導入

1997年 東京証券取引所市場第二部上場
      「財団法人丸文研究交流財団」の設立

1998年 世界最大級のアメリカ半導体商社 ARROW社と合弁事業を開始

2001年 東京証券取引所市場第一部上場
      ISO14001認証取得

2005年 丸文ウエスト(株)を設立

2007年 ISO9001認証取得

2008年 特定輸出申告制度に基づいた「特定輸出者」として東京税関より承認
      ※エレクトロニクス専門商社としては初

2013年 「SOLAR営農(そらぁ ええの~)」による環境ビジネス本格参入
      (丸文オリジナル営農型太陽光発電パック販売開始)  

2015年~ 2015年にはその特許技術により電源の超小型化が実現可能な「FINsix」、
      2016年にはフレキシブルバイオセンサーが特長の「MC10,Inc」と総代理店契約を締結
主な客先 (株)村田製作所、三菱電機(株)、日本電気(株)、NECディスプレイソリューションズ(株)、カシオ計算機(株)、三菱電機トレーディング(株)、(株)キーエンス、シャープ(株)、ソニー(株)、北陸電気工業(株)、(株)デンソー、パナソニック(株)、パイオニア(株)、富士通(株)、(株)東芝、防衛省 他
関係会社 ◆国内
 丸文通商(株)
 (株)フォーサイトテクノ
 丸文ウエスト(株)
 (株)北信理化
 
◆海外
 丸文アローアジア
 丸文アローUSA
 米国丸文
 台湾丸文

連絡先

〒103-8577
東京都中央区日本橋大伝馬町8-1 
人事部 採用研修課 
TEL 0120-100-639(学生専用フリーダイヤル)

◆交通機関◆
東京地下鉄日比谷線「小伝馬町駅」1番出口より徒歩2分
JR総武快速線「馬喰町駅」1番出口より徒歩5分

◆会社HP◆
http://www.marubun.co.jp/
掲載開始:2019/03/01

丸文株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

丸文株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)