独立行政法人日本芸術文化振興会
ニホンゲイジュツブンカシンコウカイ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • 正社員
業種
芸能・芸術
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

独立行政法人日本芸術文化振興会(国立劇場)は、舞台芸術の中核的拠点として、また、文化芸術活動に対する公的支援機関として、我が国の芸術その他の文化の向上に寄与する重要な役割を担っています。

日本芸術文化振興会の3つの事業
■文化芸術活動に対する援助
■伝統芸能の保存及び振興
■現代舞台芸術の振興及び普及

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

文化芸術の保存・振興・普及に貢献しています!

独立行政法人日本芸術文化振興会は、昭和41年に特殊法人国立劇場として設立され、国立劇場の運営を中心に事業を行ってきました。その後、国立演芸場、国立能楽堂、国立文楽劇場、新国立劇場、国立劇場おきなわと各ジャンルの専門劇場を設置し、我が国の舞台芸術の発展のため、各種事業を実施してまいりました。また、平成2年には芸術文化振興基金を設置し、広く我が国の文化芸術の振興又は普及を図るための活動に対する援助を行っています。このような経緯を経て、日本芸術文化振興会は、舞台芸術の中核的拠点として、また、文化芸術活動に対する公的支援機関として、我が国の芸術その他の文化の向上に寄与する重要な役割を担っています。

施設・職場環境

舞台芸術の総合拠点として歴史を刻んでまいりました

当法人の前身である『特殊法人国立劇場』は、伝統芸能の保存・振興を図ることを目的として、昭和41年7月に設立しました。同年11月に、歌舞伎、文楽をはじめ、舞踊、邦楽、民俗芸能、声明、雅楽等を上演する『国立劇場』が開場。その後は、落語、講談等の大衆芸能のための『国立演芸資料館』、能楽を上演する『国立能楽堂』、文楽を中心とした上方芸能を上演する『国立文楽劇場』がそれぞれ開場しました。そして、平成9年にはオペラ、舞踊(バレエ、現代舞踊)、演劇等の現代舞台芸術を上演する『新国立劇場』も開場。このように、舞台芸術の総合拠点としての歴史を刻み続け、文化芸術活動に対する公的支援機関として広く知られています。

仕事内容

あなたの芸術への熱意が、日本の文化を未来へ継いでいく

各公演の企画・演目選定から出演者やスタッフとの交渉、公演の宣伝・営業活動、芸能に関する調査研究や資料収集、伝統芸能の伝承者の育成、芸術団体への助成活動など、携わる業務は多岐にわたります。お客様が観劇しやすいように、字幕の表示や託児室の設置を行い、環境整備にも力を入れています。また、これらの業務を支える人材を育成するために、職員に対して多様な研修を実施しています。新入職員に対しては、入職時の新入職員研修をはじめ、制作担当者等によるレクチャーを受け、公演制作について学ぶ公演研修、営業担当者等による接客及び営業活動について学ぶ営業研修などを実施しています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【事務職】
各公演の企画・演目選定から出演者やスタッフとの交渉、公演の宣伝・営業活動、芸能に関する調査研究や資料収集、伝統芸能の伝承者の育成、芸術団体への助成活動など、携わる業務は多岐にわたります。
※部門ごとの採用は行っていません。配属については採用後に決定します。

【舞台技術職】
 国立劇場大劇場・小劇場等におけるあらゆる公演の舞台監督業務、舞台業務、照明業務、音響業務等を担っています。

会社データ

事業内容 1、文化芸術活動に対する援助
2、伝統芸能の保存および振興
3、現代舞台芸術の振興および普及
設立 1966年7月1日
資本金 2,467億1,279万円
従業員数 342名 ※2019年1月
売上高 非公開
代表者 理事長 河村 潤子
事業所 【所在地】
〒102-8656
東京都千代田区隼町4-1
TEL:03-3265-7411
【事業所】
国立劇場・国立演芸場  東京都千代田区隼町4-1
国立能楽堂         東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1
国立文楽劇場       大阪府大阪市中央区日本橋1-12-10
沿革 1966年6月27日  国立劇場法公布
1966年7月1日   特殊法人国立劇場設立
1966年11月1日  国立劇場開場(東京都千代田区)
1979年3月22日  国立演芸資料館(国立演芸場)開場(東京都千代田区)
1983年9月15日  国立能楽堂開場(東京都渋谷区)
1984年3月20日  国立文楽劇場開場(大阪府大阪市中央区)
1989年4月1日    国立劇場法の一部改正法施行
            (現代舞台芸術に関する業務の追加)
1990年3月30日  国立劇場法の一部改正法施行
            (文化芸術活動に対する助成業務の追加、芸術文化振興基金設置、特殊法人日本芸術文化振興会に名称変更)
1997年10月10日 新国立劇場開場(東京都渋谷区)
1997年11月1日  新国立劇場舞台美術センター資料館開館(千葉県銚子市)
2002年12月13日 独立行政法人日本芸術文化振興会法公布
2003年3月19日  伝統芸能情報館開館(国立劇場敷地内)
2003年10月1日  独立行政法人に移行
2004年1月18日  国立劇場おきなわ開場(沖縄県浦添市)
2009年4月1日   文化庁の文化芸術振興費補助金による事業のうち芸術団体を対象とするものが移管される
2014年4月1日   国立劇場等大規模改修推進本部設置
2015年4月1日   独立行政法人通則法の一部を改正する法律が施行
           中期目標管理法人となる
ホームページ https://www.ntj.jac.go.jp/

連絡先

独立行政法人日本芸術文化振興会
〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1
総務企画部 人事労務課 人事給与係
TEL:03-3265-6129
E-mail:jinji-nt@ntj.jac.go.jp
掲載開始:2019/03/01

独立行政法人日本芸術文化振興会に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

独立行政法人日本芸術文化振興会に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)