株式会社メンテック
メンテック
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社メンテック

化学/メーカー/再生紙/紙パルプ/環境/リサイクル/国際ビジネス/
  • OpenES
  • 正社員
業種
化学
紙・パルプ/機械/コンサルタント・専門コンサルタント
本社
東京
直近の説明会・
イベント

私たちはこんな事業をしています

★地域密着企業で働きたい、静岡にUターンしたい方必見★

私たちは、製紙メーカーが古紙から再生紙を製造する上で生産性を高める為の
化学薬品・機械装置を設計・開発し、適用までのコンサルティングを行っています。

メンテック独自の技術は海外にも広がり、
環境ビジネスを牽引するグローバル企業として
リサイクル社会の発展と循環型社会の構築に貢献しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

国内シェア99% 、世界の製紙会社の効率生産を支える独自技術

段ボールや新聞、ティッシュやトイレットペーパーなど多くの紙が再生紙でできています。メンテックは、製紙会社が古紙から再生紙を作る際の生産性を高めるための【化学薬品・適用装置・使用方法】を開発・販売しているメーカーです。メンテックが開発した独自の技術は、日本国内ではほぼ全ての段ボール紙で採用されており、アジア諸国をはじめ海外の製紙会社においても多数採用されています。

施設・職場環境

紙の町富士市が拠点の開発センター

当社の開発センター(富士事業所)は製紙会社が集中する紙の町 静岡県富士市を拠点とすることで、日々変化する世界の製紙会社の課題をより早く解決するため、開発業務の効率化を実現しています。また、所内のラボは間仕切りがなく開放的な空間で、技術グループの垣根を越えたディスカッションを行うことができることも当社開発力の強みとなっています。クロスファンクショナルな開発に興味のある方、静岡県で働きたい、静岡県へのUターンを希望されている開発職志望の方には、魅力的な環境です。

社風・風土

開発した商品の貢献度がダイレクトに体感できる

当社のモットーは『現場主義』です。若手社員を中心に開発業務に携わっており、商品設計から採用まで一貫して担当することができます。営業担当と顧客の工場に出向き、自分が開発した商品の効果を実際に現場レベルで『肌』で感じることができるのも当社開発職の魅力のひとつです。唯一無二の技術力で、顧客の期待以上の効果を発揮できた時の『達成感』は他社にはない感動を得ることができます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■技術開発職(DE・DA)
技術課題を分析した上で商品の開発・改良方針を決定し、市場ニーズに適合した商品化を行います。

会社データ

事業内容 ■□お客様の課題を、メンテック独自の方法で解決しています。

製紙会社のお客様が抱える「製紙マシンの汚れ」問題は、
生産性の低下に繋がりお客様にとっては大問題です。

メンテックの技術により再生紙の原料となる古紙に付着したインクや糊などの『汚れ』が、新しい紙や製紙マシンに付着するのを防止することで再生紙の製造効率を向上させ、リサイクル技術の発展を支えています。

これは、新たな森林伐採の防止や二酸化炭素排出量の抑制といった環境問題の改善への一助となっています。

■□世界が注目するオンリーワンの技術

国内で使われている98%の紙が国産。日本の製紙技術は世界トップクラスです。
メンテックは、国内約100社の製紙メーカーと共に紙の再生に取り組むコンサルティング・パートナー。
日本で培われた世界最高水準の技術に、海外からの需要も高く、今後も海外展開をますます加速させていきます。

********************************
詳しくは弊社HPをご覧ください。
http://maintech.co.jp/
********************************
メンテックの技術 メンテックの技術は再生紙の製造工程に深く関わります。
再生紙の製造工程における一番の大敵は「汚れ」です。
皆さんの家庭から回収される古紙には粘着剤やインクなど、紙ではない様々なものが付いています。
それら、紙ではないもの全てが「汚れ」の正体です。

いかに処理して、汚れによる紙の品質、生産性の低下を軽減するか。
これが昨今の再生紙技術における重要な課題となります。
この課題に対しメンテックでは、汚れに対する洗浄剤や付着防止剤を開発、販売することで、再生紙の製造工程で発生する汚れトラブルを解決しています。さらに問題の状況に合わせ、薬品だけではなく、当社オリジナルの装置を使用し、最適な使用方法を顧客に提案しています。
現場主義の強み ■現場主義が創りだしたメンテックの強み

メンテックの強みは【薬品】【装置】【適用ノウハウ】と3つの提案をトータルで行える点。
薬品を販売して終わりではなく、現場調査から提案・装置・薬品の設置立ち上げ
・その後の技術・メンテナンスとフォローまで、全てを一括で任せてもらえるのが強みです。

これはメンテックの理念でもある現場主義が徹底されているからこそ。
現場で気付いた小さなヒントを薬品開発・装置開発・ノウハウ化に活かしていることが一番のポイントです。

だからこそ、お客様の工場内でお客様の製紙機械を調整させてもらえたり、
お客様の悩みを打ち明けてもらえたりと、本当のパートナー企業として認められています。
独自のビジネスモデルが生み出す、高い経常利益率 メンテックの経常利益率は約12%。製造業(メーカー)平均4%の約3倍の水準を誇ります。

お客様と共に歩む開発スタイルで、高い付加価値と顧客定着性を実現しています。
また、少数精鋭で社員一人ひとりが高いレベルでビジネスを展開している、という経営指標でもあります。
世界に拡がるメンテックの技術 ■海外事業展開
中国・インドネシア・フィリピン・インド・マレーシア・タイ・ベトナム・オーストラリアなど、 各地の製紙会社にメンテックのソリューションを提供しています。
なかでも紙の生産量、古紙消費量ともに世界第1位まで躍進し、 なおも成長を続けている中国市場に向けては、2010年上海に現地法人『明答克』を設立しました。
現在、中国では大手工場を中心に180台を超える技術がすでに導入されており、今後さらに増加していきます。
北米・欧州の製紙会社でも、メンテックの再生紙技術が導入されていくことでしょう。
創業 1967年
設立 1984年
資本金 1億円
従業員数 87名(2019年3月時点)
売上高 24億7000万円(2019年3月期予測)
22億4000万円(2018年3月期実績)
19億7000万円(2017年3月期実績)
18億3000万円(2016年3月期実績)
16億2000万円(2015年3月期実績)
14億7000万円(2014年3月期実績)
13億7000万円(2013年3月期実績)
代表者 代表取締役 関谷 宏

<簡単なプロフィール>
1961年東京生まれ。名古屋大学、東京大学大学院で原子力工学を専攻し、
1986年に三菱重工業に入社。核燃料リサイクルの開発プロジェクトに関わる。
1998年メンテック入社、2003年に代表取締役に就任。
代表メッセージ ■地球に優しい紙作りの未来を創造する。

メンテックは2017年で創業50周年を迎えました。
創業時は米国製潤滑油の販売を通じて、30年前から独自に開発した製紙機械の汚れ防止技術の販売を通じ、『地球に優しい紙作りのコンサルティング・パートナー』として、50年間、日本・アジアの製紙工場の生産性向上に貢献してきました。
現在、日本の段ボール原紙の製造においては99%でメンテックの技術が使用され、アジアにおいてもその比率は既に60%を超え、世界的なリサイクル需要の高まりからメンテックのユーザーは年々増加しています。

これからは、この技術を成長著しいアジア各国で定着させ、さらには欧州・北米へも展開、日本で開発したメンテックの環境技術をグローバルスタンダードとして広めていくのが私たちの使命であると考えています。
一方で、日本国内やアジアで少子高齢化が進み、働き手が減少する中で、当社の汚れ防止技術にIoTや画像認識・人工知能を融合させたシステムの開発も推進しており、最先端の技術により、お客様の製紙工場で『働き方改革』を進めながらリサイクルの未来を創造していきます。
事業所 ■本社
東京都千代田区丸の内1-6-5
丸の内北口ビルディング2階
TEL :03-5220-4710

■富士事業所(技術開発センター)
静岡県富士市依田橋町9-22
TEL :0545-51-8941

■四国出張所
愛媛県四国中央市

■関西出張所
大阪府大阪市

■九州出張所
福岡県福岡市

■明答克商貿(上海)有限公司
中国上海長寧区仙霞路319号
遠東国際広場A棟 1111号
TEL :021-62709701
主要取引先 <国内>
王子製紙
興亜工業
大王製紙
特種東海製紙
日本製紙
レンゴー
北越紀州製紙
中越パルプ工業株式会社
他 (93社・138工場)

<海外>
山鷹集団
華泰集団
広東理文
景興
栄晟
中山聯合
世紀陽光
永豊余
正隆
栄成
SCG Paper (タイ・ベトナム・フィリピン)
GS Paperboard & Packaging (マレーシア)
Muda Paper (マレーシア)
Pascorp Paper (マレーシア)
APP (インドネシア)
Fajar Paper (インドネシア)
Astron Paper & Board (インド)
Australian Paper (オーストラリア)

計 37社・52工場
会社沿革 1967年 静岡県沼津市にモラブ静岡(株)を設立、アメリカ製金属潤滑油モラブの販売代理店として発足
1977年 抄紙機ドライヤ軸受専用給油装置を開発、製紙工場に販売
1983年 モービル石油代理店取得、高温用合成油の抄紙機ドライヤ軸受適用法を開発
1984年 モラブ静岡を(株)メンテックと社名変更
1985年 抄紙機ドライヤ表面潤滑法DSLを発明、特許出願
1989年 抄紙機ドライヤ紙粉防止法を本州製紙(現、王子ホールディングス)と共同開発
1991年 抄紙機カンバス汚れ防止法を十條板紙(現、日本製紙)と共同開発、共同出願
1993年 静岡県より“抄紙機ドライパート汚れ防止技術”について知事褒章受賞
1994年 片艶紙の製造法を新王子製紙(現、王子製紙)と共同開発、共同出願
1995年 紙パルプ技術協会より国産の新技術開発として“佐々木賞”受賞
1999年 ドライパート汚れ防止技術を米国Hercules社にライセンス供与
2000年 プレスパート汚れ防止技術を開発、特許出願
2001年 ティッシュ抄造機械向けクレーピング技術を開発、特許出願
2003年 技術開発ならびに製造管理部門をメンテック技研として設立
2004年 プレスロール剥離剤を日本製紙と共同開発、共同出願
2005年 メンテック本社を東京に移転
2007年 静岡県富士市に技術開発センターを設立
2010年 中国上海に現地法人『明答克商貿有限公司』を設立
2013年 ISO9001取得(富士事業所)
2016年 メンテック、メンテック技研合併
2017年 インドで当社技術の採用・欧米向け営業本格開始
         メンテック創業50周年          
キーワード 製紙/メーカー/化学薬品/機械装置設計開発/コンサルティング/理系/海外/グローバル/エコ/リサイクル/東京/静岡/中国語/通称:静岡製紙化学グローバル中国語海外リサイクル環境推進委員会

連絡先

TEL:03-5220-4710
HP :http://www.maintech.co.jp
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング2階
掲載開始:2019/03/01

株式会社メンテックに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社メンテックに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)