愛知県農業協同組合中央会
アイチケンノウギョウキョウドウクミアイチュウオウカイ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

愛知県農業協同組合中央会

JA愛知中央会/農業支援/教育研修/情報提供など
  • OpenES
  • 正社員
業種
団体・連合会
コンサルタント・専門コンサルタント/シンクタンク
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

<愛知県下のJA・連合会の取り組みを支援>

愛知県農業協同組合中央会(以下:JA愛知中央会)は、県内のJA・連合会の健全な発展を図ることを目的として設立されたJAグループ愛知の指導機関です。

農業振興や地域社会に貢献するJA・連合会の組織と経営の指導や監査を行っています。

また、JAグループ役職員や組合員の教育、JAグループ愛知を代表して行政庁への意見の提出など、総合的な事業を展開しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

JAや農家の方々を支援し、日本の新しい農業をつくっていく。

JA愛知中央会の役割は、愛知県の農業を元気にすることです。 愛知県にはJA(農協)が20組織あり、その一つ一つが農業を指導する営農指導や販売事業、信用事業、共済事業など様々な事業を展開しています。JA愛知中央会は各JAの課題を抽出し、グループが掲げた方針に沿ってそれを解決しています。画一的な解決策ではなく、JA・農家の方々の課題に合わせて、必要なアドバイスを根気強く、コツコツと続けていくことが大切です。各JAの担当者と向き合い、お互いに意見を出し合う、その積み重ねがJAの経営改善や農家の方々の収入アップ、 そして地域振興にもつながっていく。そして、それが新しい農業をつくるスタート地点となっていきます。

仕事内容

農家の方々に「ありがとう」と感謝される仕事だけにやりがい十分

JA愛知中央会のコンサルタントは、同じ仕事を繰り返すルーチンワークではなく、JAや農家の方々を多岐にわたってサポートしています。入社後はJAの研修を受け、農業の基礎知識から学んでいただきます。その後、各JAの担当者さんや農家の方々と接し、経営課題の抽出から解決策の提案、組織に関するアドバイス、事業部設置などを行います。数字ありきではなく一人ひとりと向き合う仕事だけにノルマなどもありませんが、日本の農業を支えるという責任は大きいです。その分、農業や地域全体の振興に貢献できたときは、言葉にできないほどのやりがいを感じるはず。たくさんの人たちに「ありがとう!」と言っていただける仕事に取り組みませんか。

待遇・制度

上司の顔色をうかがう必要なし。のびのびと働ける環境が魅力。

JA愛知中央会は、役職よりも職能に重きを置く風土です。体育会系な上下関係もなく、上司や先輩たちはとてもフランクです。チームで仕事に取り組むため、分からないことがあれば気軽に相談に乗るほか意見交換も自由にでき、上司の顔色をうかがう必要もありません。また、仕事のスケジュールは各々の裁量にゆだねられており、「この日は定時で帰ろう」と決めていれば調整可能です。仕事で接するのは主にJAの役職員さんであり、訪問時間はよほどのことがない限り定時内に限られています。多少の残業はありますが、どんなに遅くても20時には帰路につくことができます。 フランクな雰囲気の職場で、のびのびと能力を発揮できますよ。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

JA・連合会は、農業・農業者の発展、安全・安心な食料の安定供給、地域社会に貢献しています。

みなさんにはJA愛知中央会の一員として、そのJA・連合会の取り組みを支援していただきます。


◯募集職種
コンサルタント/愛知県に20あるJA(農協)の経営指導・相談、業務監査を通じ、抽出した課題をもとにコンサルティングします。

※すべてを一人で行うのではなく、チームで助け合っています。

会社データ

事業内容 【JA・農家と農業を経営の視点から支える総合支援】

・JAグループ愛知の基本方針の策定
・農家や地域住民に対する情報提供、経営管理支援
・JAなどに対する実務指導、教育研修、情報提供など
部署ごとの取り組み ◯総務企画部
JAグループ愛知が統一的な活動を展開するため、連合会との総合調整や企画開発を担っています。さらに、本会の事業計画の立案・進捗管理、人事、職員教育、経理事務、内部監査、庶務なども行っています。

◯地域振興部
県や国の農業施策に対する要請活動や農業・JAに関する情報発信を行い、地域農業の振興を図っています。また、安心してくらせる豊かな地域社会を実現するため、食農教育活動、健康づくり活動、高齢者福祉事業・活動、相談活動等を推進するとともに、その活動母体であるJAの組織基盤づくりの支援を行っています。

◯担い手対策部
地域農業を担う農家への対応を強化し、農地の利用集積、水田の有効利用、経営管理支援など多面的な支援を行うとともに、農畜産物の安全・安心確保のための取り組みを行っています。

◯経営指導部
JA経営の信頼性確保のため、JAの組織経営管理・経営改善、コンプライアンス、会計税務・法務・人事労務といった実務などの指導を行っています。その他、JAバンク相談所を設置しています。

◯システム対策部
県内JAの経営並びに業務の高度化・適正化・効率化に資するため、経済・管理業務にかかる事務処理システムの開発、維持管理及び運用指導を行っています。

◯監査部(JA全国監査機構愛知県監査部)
県内のJA・連合会の事業報告や財務諸表が適正に作成・開示されていることを証明するため、農業協同組合法に基づく監査を実施するとともに、JAの内部統制の整備状況等に関する業務監査を実施しています。また、JA・連合会の監事監査や内部監査の機能充実・強化に向けた指導を行っています。

◯教育部(JA愛知研修所)
県内JA・連合会の役職員の知識・能力の向上を図るため、職員のレベルに応じた階層別研修など各種の研修や資格認証試験を実施しています。
JAとは JAとは、「Japan Agricultural Cooperatives」の略で、農業協同組合の愛称として使用しています。JAは、農業に従事する人たちの協同組合で、よりよい農業経営やくらしを目指して、1人の農家ではできないことをみんなで協力し、力を合わせて実現していくことを目的としています。そのためJAは「相互扶助(そうごふじょ)の精神」に基づき活動しています。

協同組合は、基本的な考え方や組織の運営において、株式会社とは大きく違っています。協同組合では、組合員が事業の利用者であり、同時に組合の運営者であり出資者であることが特徴です。組合員の、組合員による、組合員のための組織、これが協同組合の基本的性格です。
設立 1955年2月1日
代表者 【会長】
前田 隆
従業員数 126名(うち出向・駐在受入27名・嘱託18名)
事業所 【JAあいちビル】
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-3-8

【JA愛知研修所】
〒444-0802 愛知県岡崎市美合町字並松1-52
予算 18億円

連絡先

愛知県農業協同組合中央会
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-3-8
採用担当/明壁(あすかべ)、後藤、岡田
052-951-6940
掲載開始:2019/03/01

愛知県農業協同組合中央会に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

愛知県農業協同組合中央会に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)