南国興産株式会社
ナンゴクコウサン
2020
業種
その他製造
本社
宮崎

私たちはこんな事業をしています

南国興産は、限りある命から生まれてくる畜産副産物を、徹底した安全管理の下で「肥料・飼料・油」等の資源として再生する仕事に取り組んでいます。
わたしたち南国興産は、常に身近にある資源の有効利用を考え、地域の農業と社会の発展に貢献できる会社を目指しています。
資源循環型社会の構築を目指す農畜水産分野の企業としてこれからも努力し続けます。

当社の魅力はここ!!

企業理念

資源循環型社会の構築を目指して!

昭和48年に油脂販売会社である株式会社FYCの製造メーカーとして、宮崎県都城市高城町に設立されました。製造から販売までの一貫体制を設けることで、企業、農業、畜産業、水産業から排出される副産物の飼料化、家畜排泄物の肥料化、エネルギーとしての利用などが可能となり、資源循環、環境対策の面からも社会的に重要な役割を分担する分野まで、幅広く対応できる企業へ成長してきました。日本有数の畜産物生産地である南九州で副次的に生まれてくる畜産副産物の量は、当社が設立されてから、何倍にも膨らんでおり、家畜の排泄物をエネルギーに換えて活用する「資源循環型社会の構築」なくして、地域農業の発展はないと考えております。

戦略・ビジョン

感謝の循環=「命への恩返し」 それがエコサイクラウンド

わたしたちは、現代の豊かな社会の発展を、その裏で、ひとつひとつ支えていきたいと考えています。たったひとつの限りある命の副産物から一粒の肥料を、一滴の飼料油脂を。そのプラントの稼働に必要なエネルギーを、家畜の排泄物から賄う。わたしたちの製品には、肥料原料や飼料用油脂など、一般の生活者の皆様には、目に触れないものがたくさんあります。それらのすべては、また次の命を生み、育てるために使用されています。ひとつの命の再生製品が、また次の、命を育んでいる。エコサイクラウンドの結果は、「命への恩返し」。南国興産は、製品の供給を通じて、毎日毎日、感謝を循環し続けます。

魅力的な人材

情熱と向上心を持って行動する人材

当社は畜産副産物から、これまでにあらゆるノウハウ生み出し、様々な商品をつくり上げてきました。現場には「誇り」の数だけ「改善」があります。この仕事があるからこそ、輝く未来があると自負しています。利用されることのなかったモノに高付加価値をつける「無駄にしない研究開発」。問題が生じれば無駄と言われるまでにやりこむ「無駄までやる徹底管理」。そして、これまでに蓄積されたノウハウは次の命を育むための商品開発に生かされ、「育てるための商品開発」と呼んでいます。それらを経た商品がお客様に納品されるまで一貫して社員が携わります。それぞれの役割に情熱と向上心を持って行動できる!そんな人材を歓迎します。

会社データ

事業内容 ・飼料、肥料、動植物油脂の製造及び販売
・農水産物の生産販売
・産業廃棄物、一般廃棄物の収集運搬、処理処分
・バイオマス燃料の製造・販売
設立 昭和48年1月17日
資本金 9000万円
従業員数 238名
売上高 86億円(平成28年3月度実績)
代表者 弓削昭男
所在地 宮崎県都城市高城町有水1941
関連企業 ■株式会社創循ホールディングス
 宮崎県都城市高城町有水1941

■株式会社FYC
 福岡県福岡市中央区港2-1-5

■南国運送株式会社
  宮崎県都城市高城町四家304-4
会社沿革 昭和48年1月 現在地において支払資本金1,000万円にて設立。
昭和48年4月 高城町の誘致企業となる。
昭和48年9月 操業開始。
昭和50年9月 飼料用油脂の製造を始める。
昭和52年7月 2,000万円に増資。
昭和53年5月 発酵肥料試験製造を始める。
昭和54年3月 魚粉の製造を始める。
昭和54年4月 連続式フェザーミール製造装置国産1号機導入。
昭和55年8月 牛豚皮の塩漬加工を全農から受託して操業を始める。
昭和55年11月 3,000万円に増資。
昭和56年8月 ペットフード用原料ミールの製造を始める。
昭和57年1月 肥料の自動計量袋詰装置を設置。
昭和57年4月 連続攪拌発酵肥料製造装置を設置。
昭和61年3月 9,000万円に増資。
昭和61年3月 鶏ふんを燃料とする固形燃料ボイラー設置。
昭和61年4月 湿式法による飼料製造装置導入。
平成2年10月 ペットフードの研究開発を始める。
平成3年10月 事務所新築。
平成4年4月 ペットフード製造棟完成。
平成4年9月 原皮倉庫完成。
平成4年11月 飼料生原料の自動搬送装置完成。
平成5年1月 ミートボーンミール配合混合機設置。
平成7年5月 宮崎県食品残渣処理協同組合設立。
平成7年9月 肥料第一工場完成。
平成7年9月 環境保全型畜産確立対策事業を特認団体として着手。
平成9年10月 南九州動物油脂タンク利用協同組合設立。
平成10年5月 事務所三階建てに増築。
平成10年9月 ペットフード第二工場完成。
平成11年5月 国有林払い下げ。造成工事着手。
平成12年3月 肥料第二工場完成。
平成13年3月 超音波汚水処理施設導入。
平成13年9月 牛処理施設完成。
平成13年10月 宮崎県畜産残渣処理協同組合設立。
平成13年11月 11,100万円に増資。
平成14年3月 超音波汚水処理施設完成。
平成14年3月 鶏ふんボイラー完成。
平成15年3月 BSEフリー肉骨粉供給施設整備事業による乾式設備完成。
         (南九州畜産残漆処理協同組合)
平成15年8月 9,000万円に減資。
平成16年12月 ペットフード工場増設。
平成18年6月 スプレードライ工場完成。
平成18年12月 食用油脂工場完成。
平成21年3月 豚鶏混合肉骨粉製造ライン新設。
平成21年4月 魚粉製造設備更新。
平成21年6月 リキッドフィード製造設備新設。
平成22年1月 FYC、南国興産グループの純粋持株会社として、
         株式会社 創循ホールディングス を設立。
平成22年4月 南国興産 北部営業所の営業開始。
平成24年3月 第二畜ふん発電ボイラー完成
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

【インターンシップ締切日順】この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)