▼プレエントリーはこちら!

受付制限
【応募資格】

 <研究職員>           【募集人数: 40名程度】
  ○大学卒業・修士修了以上(または見込み)以上で、2020年4月1日現在で
   29歳以下の者(長期勤続によるキャリア形成のため/例外事由3号イ) 

    農業・食品分野におけるSociety5.0の早期実現に向けて、主に次のような
    研究課題を担当
     ・データ駆動型革新的スマート農業の創出
     ・スマート育種システムの構築と民間活力の活用による品種育成
     ・輸出も含めたスマートフードチェーンシステムの構築
     ・生物機能の活用や食のヘルスケアによる新産業創出
     ・農業基盤技術(ジーンバンク、土壌等の農業環境インベントリー等)
     ・先端基盤技術(人工知能、データ連携基盤、ロボット等)


 <一般職員: 事務系>    【募集人数: 30名程度】
  大学卒業以上(または見込み)で、2020年4月1日現在で25歳以下の者
   (長期勤続によるキャリア形成のため/例外事由3号イ)

    研究職員が最大限の成果を生み、その成果が社会で活用されるよう主に
    次のような業務を担当
     法務、知的財産、産学官連携、広報、経営企画、人事労務、財務管理、
     安全管理、情報管理、資産管理など


 <一般職員: 技術系>    【募集人数: 10名程度】
  大学卒業以上(または見込み)で、2020年4月1日現在で25歳以下の者
   (長期勤続によるキャリア形成のため/例外事由3号イ)

    農業の基盤となる種苗に関する業務を総合的に行う種苗管理センターにおいて、
    次のような業務を担当
     品種登録のための栽培試験、流通種子の品質検査、原原種の生産、
     育成者権保護や活用の支援、多様な植物遺伝資源の保存など


 <一般職員: 技術支援系> 【募集人数: 25名程度】
  短期大学卒業以上(または見込み)で、2020年4月1日現在で25歳以下の者
   (長期勤続によるキャリア形成のため/例外事由3号イ)

    研究職員が最大限の成果を生み、その成果が社会で活用されるよう主に
    次のような業務を担当
     大農機具操作、農場作業、実験動物飼育、現地での試料サンプリング、
     調査補助等の研究支援業務、事務処理など

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 農研機構のプレエントリー画面へアクセスいただき、ありがとうございます。

 当機構に興味をお持ちいただいた方は、下記の送信ボタンを押してください。
 採用についてのエントリー手続き等をご案内させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
就職活動を開始する以前から、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)を知っていましたか。
農研機構の採用募集を知ったきっかけを教えてください。
参考までに、現時点での希望職種を下記からお選びください。
【注意】
  • 入力欄のある場合は、数字は半角、カタカナは全角でご記入ください。
  • 回答に時間がかかる場合には、事前に文書作成ソフトなどを使って回答を作成・保存しておき、送信時に入力欄へコピー&ペースト(貼り付け)すると便利です。
  • 個人情報保護のため、ログイン時間に制限を設けています。制限時間を超えた場合は再度ログインしてください。