株式会社城南医薬保健協働
ジョウナンイヤクホケンキョウドウ
2020
業種
専門店(ドラッグストア・医薬品・化粧品・調剤薬局)
福祉・介護
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

地域のかかりつけ薬局を目指し、処方せんによる調剤・服薬指導の他、在宅訪問服薬指導、DI業務、セルフメディケーションの一環である薬局製剤の製造販売、お薬相談。介護事業として福祉医療用具の貸出や住宅改修、介護タクシーの運営。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

調剤薬局・病院薬局 どちらも経験できる環境があります!!

当社の強みはこの両面に働く機会があることです。これから薬剤師としての長い人生をスタートさせるにあたり、調剤薬局か病院か、どちらの勤務先を選ぶべきか悩まれている方も多いかもしれません。城南医薬保健恊働では、この両方を経験する場があり、本人の意志で、進む道を選ぶことができます。また、調剤薬局と病院の両方を経験することは、薬剤師として大きく成長するための貴重な機会でもあります。先の東日本大震災時に全国の薬剤師が被災地に駆けつけ、素晴らしい活躍を見せたのは医療全般の知識と技術を身につけていた薬剤師だったと言われています。当社は、このように真に社会と人のお役に立てる薬剤師を育てたいと考えています。

企業理念

「無差別・平等の医療」が、私たちの変わることのない基本精神。

地域のすべての皆様が、体調や健康管理について気軽に相談できる「かかりつけ薬局」を目指すこと。 そして、幼い患者様から、ご年齢や症状の問題で在宅治療を選ばれた患者様、介護を必要とされる患者様まで、一生涯をトータルに支えられる存在になること。 そんな地域に頼り・頼られ続ける姿こそが、私たちの目標です。

社風・風土

一人ひとりの患者さんと密に向き合えるのは、地域密着だからこそ

薬局の規模に関係なく、地域密着の薬局は患者様一人ひとりとしっかり向き合える素晴らしい環境です。その雰囲気や患者様の役に立つ実感がとても嬉しくやりがいを感じて、「こういう環境の中で、医療人として成長していきたい」と思う職員も多くいます。

会社データ

事業内容 地域のかかりつけ薬局を目指し、処方せんによる調剤・服薬指導の他、在宅訪問服薬指導、DI業務、セルフメディケーションの一環である薬局製剤の製造販売、お薬相談。介護事業として福祉医療用具の貸出や住宅改修、介護タクシーの運営。
設立 1987年7月 社会医療法人 城南福祉医療協会から分離・独立
資本金 1000万円
従業員数 92名
売上高 13億5,000万円(2017年度)
代表者 永田 一代
事業所 【保険薬局5店舗、介護ショップ1店舗、福祉タクシー1営業所】

○大森薬局   〒143-0014 大田区大森中1-22-1 TEL:03-3298-4901
○うのき薬局  〒146-0091 大田区鵜の木2-2-9 TEL:03-5482-8931
○東六郷一丁目薬局  〒144-0046 大田区東六郷1-24-16 TEL:03-5714-4193
○みつぎ薬局   〒141-0033 品川区西品川2-6-4 TEL:03-3493-1493
○目黒本町薬局  〒152-0002 目黒区目黒本町6-6-5 TEL:03-5720-5048
〇介護ショップらくだ  〒143-0012 大田区大森東3-9-18 TEL:03-5762-8568
〇福祉タクシーらくだ  〒143-0012 大田区大森東3-9-18 TEL:03-3763-0204
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)