貞光食糧工業株式会社
サダミツショクリョウコウギョウ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

貞光食糧工業株式会社

阿波尾鶏などの銘柄鶏の生産/加工食品の開発・製造・販売
  • OpenES
  • 正社員
業種
食品
農林
本社
徳島

私たちはこんな事業をしています

私達は四国の豊かな自然環境の中で丹精込めて育てた鶏を素材に、様々な食品を製造する食品メーカーです。
徳島県西部の中山間地にある食品工場でつくられた食品は、大都市圏を中心に全国各地に出荷されています。
「食を通して幸福な社会の実現に貢献する」を経営理念に、健康的で体にやさしい、ぬくもりある味わいを提供し、お役に立ちたいと考えています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

生産量日本一。ブランド地鶏「阿波尾鶏」で中食・外食事業を拡大

ブランド地鶏の「阿波尾鶏」をご存知ですか?「阿波尾鶏」は、地鶏肉特定JAS規格第一号のブランド鶏であり、手頃な価格で抜群の味を誇る人気商品です。当社は、人気の「阿波尾鶏」をはじめ「地養赤鳥」「地養鳥」などの銘柄鶏の生産、加工を手掛けています。ブランド地鶏への注目が全国で高まる中、付加価値の高い中食・外食向けの商品開発に注力し、販路を拡大しています。当社製品は、東急百貨店をはじめ、全国の大手百貨店やスーパーなどで販売されており、料理研究家などとの共同開発も実施。阿波尾鶏を使った本格派のカレーやギフト商品の販売も好調に推移しており、安定成長を続けています。

事業優位性

世界基準の施設で自社一貫体制を徹底。特許も取得しています。

美味しさを支えているのが独自の熟成庫を備えた生産体制です。特許取得の熟成庫のおかげで、固い部位の肉でも柔らく、水っぽくならず、うまみ成分を閉じ込めることができるからです。こうして生まれた当社製品は、付加価値が高く、価格競争に巻き込まれにくいという特徴があります。さらに、銘柄鶏を扱っているため、相場に変動されやすいブロイラーに比べ、有利な条件で契約ができます。この生産体制は、国際的な品質基準の認証規格である「FSSC22000」認証を取得しており、当社は、大手企業から一目置かれる存在です。当社は、お客様にとって価値の高い、魅力のある商品づくりを徹底することで選ばれる企業を目指しています。

社風・風土

「サポート役」社員が6か月間、あなたをフォローします。

2016年4月、新入社員向けの「サポート体制」を開始しました。これは新入社員にサポート役として先輩社員をつけ、仕事のことや会社のことなど、何でも相談できる環境を実現する制度です。これまでも個別に相談に応じていましたが、制度として整備することで、不安なく仕事に取り組める環境整備を徹底しました。大卒社員の場合は、現場を熟知し、年齢の離れすぎていない中間クラスのスタッフがサポートします。女性には女性がサポートしますので相談しやすいと好評です。また、毎年、複数名の新卒採用を行っていますので、同期社員もいますし、年齢の近い社員も多いでしょう。ぜひ、お互いに刺激し合いながら仕事をしてください。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

▼企画・開発職
三次加工品(冷凍加工品)といった商品の企画・開発

▼総合職
・営業/お客様に向けた製品のセールス
・品質管理/当社が製造する製品の品質管理
・事務/人事労務、経理、総務業務など
・製造管理/製品の加工・製造作業など
・飼育管理/直営農場の管理や契約農家への指導など
※総合職の配属先は、研修後、適性や本人の希望をもとに決定いたします。

会社データ

事業内容 鶏の飼育から処理加工までの一貫生産、および加工食品の開発・製造・販売
精麦、飼料麦、飼料販売、粉麺販売
創業 1941年6月
設立 1947年
資本金 3000万円
従業員数 350名
売上高 87億円(2017年12月期)
代表者 代表取締役社長 辻貴博
事業所 ■管理本部・営業本部・製造本部・生産本部/徳島県美馬郡つるぎ町貞光字小山北168-2
■食糧商事部/徳島県美馬郡つるぎ町貞光字馬出43-10
■東京営業所/東京都港区新橋五丁目19-1 三陽ビル3階B号室
■関西営業所/大阪府中央区平野町3-1-2-3-D
沿革 1941年06月 貞光食糧工業有限会社創業(資本金1万2000円)
1952年05月 資本金300万円に増資、代表取締役に辻常市が就任
1963年04月 外国産大麦による飼料麦の製造を開始
1969年11月 ブロイラー加工のため小島食品工場新設(加工能力/月20万羽)
1976年09月 自家配合用二種混合飼料の製造開始
1976年10月 小島食品工場の加工能力が月50万羽となる
1977年08月 代表取締役に辻雅弘が就任
1980年12月 東京営業所開設
1985年03月 小島食品工場の加工能力が70万羽となる
1985年11月 小島食品工場内に二次加工場を新設
1990年07月 貞光町小山北に新食品工場新設 (加工能力/月120万羽)
1990年11月 冷凍食品部(現・三次加工場)新設
1994年06月 二次加工場にパックセンターを増設
1995年02月 二次加工場増床
1997年04月 加工食品部増床
2001年03月 エアーチラー熟成庫新設稼動
2005年04月 代表取締役に辻貴博が就任
2008年06月 資本金3000万円に増資
2009年   新生貞光5ヶ年計画策定
2009年   吉野川養鶏農業協同組合設立
2014年09月 FSSC22000を取得
2015年05月 株式会社に法人改組
2015年07月 関西営業所開設
2016年03月 徳島県HACCP第1号取得
2016年07月 ハラール認証取得

連絡先

貞光食糧工業株式会社
総務部 南

〒779-4104
徳島県美馬郡つるぎ町貞光字小山北168-2
TEL 0883-63-4215 
http://www.sadamitsu-shokuryo.jp/
掲載開始:2019/03/01

貞光食糧工業株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

貞光食糧工業株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)