柴田町
シバタマチ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

柴田町

地方自治体
  • OpenES
  • 正社員
業種
公社・官庁
本社
宮城

私たちはこんな事業をしています

柴田町は仙台市から南へ約25kmのところに位置し、蔵王連峰の雪解け水を満々とたたえる白石川が町の中心部を流れるなど、豊かな自然に囲まれています。私たち柴田町役場は、町民の生活を守るための環境整備やさまざまな行政サービスの提供、教育、福祉に関する業務を行ってきました。自然や文化財などの観光資源を生かした産業や食品関連、精密機器関連の工業を進め、人々が住みやすい街づくりに力を尽くしています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

豊かな自然環境を生かしたプロモーション活動やサービスの提供

経済と自然の恵みが調和した地域循環型経済に重点を置き、人と人が繋がり、支え合う地域共生社会の実現を目指す柴田町。その実現のために医療、保健、福祉、産業、公共交通、農業、観光、防災部門など、各部門が連携し、暮らしやすい街づくりに取り組んでいます。また、柴田町の将来のイメージを「笑顔があふれ 誇りと愛着を育む 花のまち」とし、そのテーマに沿ったプロモーション活動を行っています。それにより新たな切り口から人や投資を呼び込み、街を活性化する施策に取り組みます。今後は行政分野だけでなくグローバル化への対応や広域連携での中心的役割を担っていきたいと考えています。

戦略・ビジョン

ニーズに合わせた施策を実行し「花のまち」をさらにアピール

超高齢社会への対応や、グローバル化、行政の広域化への対応など、町内で起きているさまざまな課題に対応するため、5つの施策を行っています。1つ目は観光客の絶対数を増やすための「花のまち柴田」のステップアップ。2つ目は人口減少にともなう空き店舗、空き家の増加、市街地の空洞化へ対応し、道路、公園、住宅などの社会インフラの整備。3つ目は子どもたちが安全で快適な環境で学べる環境や乳幼児の保育施設の整備。4つ目は増加する高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを維持するための健康づくりや介護予防。5つ目は農村や里山の活性化で新規ビジネスの振興。これらを業務の効率化、外部化とともに進め、魅力ある街を目指しています。

採用方針

チャレンジ精神あふれるフレッシュな力を求めています!

柴田町では、次々に起こる行政課題の解決や新規事業、各種計画づくりなどで業務量が増えているため、行政全般に携わる行政職のほか、土木技術者、保健師、情報関連技術者などの専門知識を持つ方を積極的に採用しています。柴田町は自然あふれる「花のまち」としてアピールしてきましたが、今後はさらに知名度の向上、集客力のアップを目指し、新しいものを生み出したり、ひとを呼び込んだりしていきたいと考えています。そのため、新しいアイデアをどんどん発信できる方や、新規事業に積極的にチャレンジできる方を採用したいと考えています。また、多岐にわたる業務に意欲的に取り組める方からのご応募をお待ちしております。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

行政職:企画、財政、人事、環境、教育など役場が行う行政サービスを扱う部署への配属となります。
保健師:保健所、児童相談所などで保健福祉関連の業務を行います。
土木職:町内の道路、河川などの整備事業に携わります。
情報処理:町内の情報インフラ整備に携わります。

会社データ

事業内容 柴田町の町民の生活を守るために必要な諸手続きやサービスの提供
教育、福祉などの行政サービスの提供
都市整備、環境整備、各種施設の運営など
設立 1956年4月1日
予算額 2019年度一般会計当初予算額117億2900万円
従業員数 301名(2018年4月1日現在)
売上高 -
代表者 町長 滝口 茂
事業所 【本庁】
宮城県柴田郡柴田町船岡中央2丁目3-45
【槻木事務所】
宮城県柴田郡柴田町槻木上町二丁目1番12号
沿革 1956年3月 槻木町と船岡町が合併に調印
     4月 柴田町が誕生
1957年2月 米軍から船岡キャンプの一部が日本に返還される
1958年6月 米軍が船岡キャンプを全面返還する
1961年6月 工場誘致第1号、(株)特殊コンクリート工法の進出が決定
    10月 柴田町の町章を制定
1962年1月 県内初、農業構造改善事業モデル地区に指定
1967年4月 仙台大学が旧陸上自衛隊船岡駐屯地跡地に開校
1970年2月 船迫地区に住宅団地を造成
1973年12月 柴田町役場新庁舎が完成
1976年4月 町制施行20周年記念式典を開催
1980年1月 岩手県北上市と姉妹都市を締結
1981年4月 ブラジルのアシス・シャドブリアン市と友好都市を締結
1982年4月 近代的幹線橋「柴田大橋」開通
1986年4月 町制施行30周年記念式典を開催
1988年5月 北海道伊達市と歴史友好都市を締結
1990年8月 船岡駅舎・コミュニティプラザ、樅の木広場が完成
1995年7月 槻木大橋が完成
1996年4月 町制施行40周年記念式典を開催
2000年7月 国際姉妹都市 中国・丹陽市から農業研修員が来町
ホームページ https://www.town.shibata.miyagi.jp/index.cfm/1,html

連絡先

柴田町役場
〒989-1692
宮城県柴田郡柴田町船岡中央2丁目3-45
採用担当
TEL::0224-55-2111(代表)
FAX::0224-55-4172
掲載開始:2019/10/31

柴田町に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

柴田町に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)