興南設計株式会社
コウナンセッケイ
業種
機械設計
印刷関連/ソフトウェア/プラント・エンジニアリング/情報処理
本社
岡山

私たちはこんな事業をしています

【 世の中の想いをカタチにする 】
という企業理念の下

岡山に根差して約半世紀、
最初は図面を手で書き写すトレース
という仕事からはじまり、
機械設備や装置の設計、
みなさんの身近にあるような
製品の企画・開発・設計、
紙面やWebの企画・デザインなど、
時代の流れに合わせて広がっていきました。

人の想いや、世の中を
設計とデザインの力で創っていく
そんな環境がここにはあります。

当社の魅力はここ!!

企業理念

世の中の想いをカタチにする

私たちの身の回りには、色んな ” モノ ” が溢れています。その色んな ” モノ ” はすべて、誰かの想いがカタチになったものです。誰かが頭の中で、「こんなモノがあればいいのに」と思っても、思っているだけではそのモノはただの空想のまま。そのモノを世の中に生み出すときに、必ず必要になるのが ” 設計 ” 他の人がそのモノ見た時に、「欲しい!」「私にも使えそう!」と直感的に思えるために必要となるのが” デザイン ” 私たちの想いが、設計、デザインの力が、空想を現実にしていく。興南設計が目指すビジョンです。

戦略・ビジョン

【最高の実現者になる】

各部署それぞれに、ビジョンを掲げています。デザインに携わる部署では【お客様のベストパートナー】設計に携わる部署では【最高の実現者】をそれぞれ目指しています。自分たちが今、実現できる範囲で満足するのではなく成長した先に叶えられる理想像を目指して努力し続けることそれが興南設計のビジョンです。しかし、ビジョンを掲げているだけでは達成できません。ビジョンを実現するためには、日々の積み重ねがなにより重要です。各部署それぞれ作っているものはバラバラですが目指している方向は同じ、それぞれの目標を叶えるために、部署全体で切磋琢磨しつつ仕事に取り組んでいます。

社風・風土

クリエイティブのためのコミュニケーション

設計やデザインの仕事だと、人とあまり接することはなく、ずっとパソコンと向き合っているイメージを持たれることがあります。 ところが実際は、お客様と直接やり取りをしたり、一緒に働くメンバーとのコミュニケーションは仕事を円滑に進めるために、とても必要なこととなります。 良質なコミュニケーションは、感覚を磨き、情報共有を促進し、お客様のニーズもくみ取りやすくします。 そのため、当社ではコミュニケーションが促進されるように、フットサル、ソフトボール、ボーリング大会、雪遊び、カニ温泉バスツアーのような機会を大切にしています。

会社データ

事業内容 ■ 設計部
  ・製鉄所の機械設備および装置の設計
  ・自動車部品組立装置、冶具設計、製作
  ・医療機器・家電品および生活関連機器などの開発設計
  ・産業機械、省力機械、製造ラインなどの設計・製作
  ・航空機冶具設計

□ ビジュアル・コミュニケーション部(V・C部)
  ・取扱説明書、マニュアル、ラベル、パンフレット等の企画・制作
  ・3Dイラストおよびアニメーション・アイソメ図の作成
  ・グラフィックデザイン
  ・工業デザイン
  ・Webデザイン  

■ システム・インテグレーション部(S・I部)
  ・ネットワークシステムの構築
  ・Webアプリケーションの開発
  ・データベースの構築
設立 1961年11月21日
資本金 2500万円
従業員数 160名(男性 135名、女性 25名)
売上高 13億円(2018年3月期実績)
代表者 代表取締役   森 郁平
事業所 ■ 本社(岡山県倉敷市)

□ コミュニケーション事業部 ビジュアル・コミュニケーション部 システム・コミュニケーション部
□ 水島設計所(岡山県倉敷市)
□ 福山設計所(広島県福山市)
□ タイ  KONAN(Thailand)Co.,Ltd.
□ インドネシア  PT.KONAN Indonesia
企業理念 【世の中の想いをカタチにする】
人と技術を大切にする明るい会社をつくろう
モノづくりにたずさわる企業に、設計から製作まで、永年蓄積された技術、実績、信用に裏打ちされた様々なサービスを提供し、お客様の「モノづくり」と生産性の向上に、たゆまぬ革新を興じながら貢献しつづけます。

1.私たちは、最高の結果を創るために日々の努力を大切にします
私たちが提供する価値は、日々のたゆまぬ努力により積み重ねられる技術、知識、経験から生み出されるものであります。日々努力し続けることにより、いつでも最高の結果を創ることのできる私たちであり続けます。

2.私たちは、お客様の期待を超え、驚きをつくることを喜びとします
お客様から求められていることに、期待を超えて遂行すると、お客様にとって私たちは無くてはならない存在となり、同時に私たち自身の心を喜ばすことにつながります。

3.私たちは、個人よりもチームで勝てる組織をつくります
私たちは、一人では決してできない仕事に取り組むために組織であることを選びました。
個人の能力や時間の制約を超え、お互いの尊重と、協調でつながったチームをつくります。
主な取引先 JFEスチール株式会社、JFEメカニカル株式会社、JFE条鋼株式会社、住友重機械工業株式会社、住友重機械ファインテック株式会社、TOTO株式会社、TOTOバスクリエイト株式会社、TOTOハイリビング株式会社、TOTOウォシュレットテクノ株式会社、株式会社フジワラテクノアート、パナソニック株式会社、パナソニック ヘルスケア株式会社、パナソニック補聴器株式会社、水菱プラスチック株式会社、四国計測工業株式会社、三菱化学株式会社、株式会社精和工業所、東プレ株式会社、株式会社リラインス、インシステム協同組合、山佐株式会社、株式会社高津製作所、三菱重工業株式会社、パラマウントベッド株式会社、森田酒造株式会社、三菱電機株式会社、株式会社フレクストロニクス愛知、愛知電機株式会社、ムネカタ株式会社、小糸工業株式会社、オージー技研株式会社、株式会社垣内、山口技商株式会社、萩原工業株式会社、石川工業株式会社、株式会社岡部製作所、中央化成品株式会社、片山工業株式会社、阪神エレクトリック株式会社、株式会社トヨタプロダクションエンジニアリング、安田工業株式会社、株式会社シンテックホズミ、中央化成品株式会社、ユアサシステム機器株式会社、ローム株式会社、川崎医科大学付属病院、川崎医科大学付属川崎病院、川崎医療福祉大学、川崎医療短期大学、(公財)岡山県産業復興財団 (敬称略、順不同)
沿革 1961年 11月 玉島事業所開設
1964年 01月 倉敷事務所開設
    09月 法人(有限会社)に改組
1965年 12月 川鉄設計所開設
       川崎製鉄水島製鉄所内の製鉄設備の設計を担当
1966年 04月 陽画焼付および各種複写業務開始
1970年 07月 株式会社に改組
1971年 05月 倉敷市連島町江長に本社新築
1985年 04月 CAD導入
    10月 倉敷市福田町浦田に本社を新築移転
       マニュアル製作業務を開始
1989年 01月 商品企画、デザイン部設立
    06月 印刷物、ラベル類の企画、制作開始  
1992年 01月 試作部品の設計、製作開始
1994年 09月 版下制作およびイラスト作成作業をデジタル化
1999年 04月 CGプレゼンテーション業務を開始
2000年 01月 ホームページ作成業務を開始
    08月 現在地(倉敷市粒江)に本社を新築移転
       倉敷市福田町浦田にV・C部設立
    12月 実験開発棟新築
2003年 04月 川鉄設計所を水島設計所に改称
2006年 04月 倉敷市粒江にS・I部設立
2006年 05月 水島設計所内装リニューアル
    09月 本社を新築
       V・C部を本社(倉敷市粒江)に移転
       配送センター新設
2011年 11月 KONAN(Thailand)Co.,Ltd. 設立
2012年 04月 PT.KONAN Indonesia 設立
2020
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)