宮城車体株式会社
ミヤギシャタイ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

宮城車体株式会社

自動車 / 特装車専門整備工場
  • OpenES
  • 正社員
業種
メンテナンス・清掃事業
自動車/機械/専門店(自動車関連)/陸運(貨物)
本社
宮城

私たちはこんな事業をしています

私たち宮城車体は第二次大戦後すぐの1949年
トラックの修理からスタートし、
現在ではトラック以外にも
ダンプカー、クレーン車、ゴミ収集車
高所作業車、レッカー車、コンクリートミキサー車、などの
特装車(はたらくくるま)の整備や修理、法定検査業務、福祉車両への改造、
特装車用の部品の販売などを手掛けています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

安全を最優先にし、社会に貢献できる特装整備会社を目指します

当社は、現在の生活に欠かせない「はたらくくるま」の整備、修理、法定点検などを行う会社です。整備や修理の不備で不幸な事故が起こらぬよう、安全教育に力をいれており、安全を守ることを何よりも優先させる事で、お客様の事業や社会に貢献したいと考えています。特に当社は人々の生活を支えるゴミ収集車やタンクローリーなどの特種車両を扱っているため、間接的にですが、私たちの地域社会を安全でかつ豊かにするお手伝いをさせて頂いています。また、日々変化する業界に関係する法令を遵守し、自動車整備業の発展に役立つ企業であり、安心してお任せ頂ける、日本一の特装車整備会社を目指して日々研鑽しています。

事業優位性

大手特装メーカー数社の指定代理店、技術力が高く評価

当社は大手特装メーカー数社の指定代理店となっている為、特種車両を中心とした整備、修理、改造、法定点検などを得意としております。特装車を専門にしている整備工場は少ない事もあり、業界内での知名度はかなりあります。多様な機種を扱うので、常に高度な知識と技術力が必要。車検整備では、指定自動車整備事業者として、その整備技術や能力、検査体制、管理体制など高く評価されています。また災害時には、これらの技術力を活かし、国の多様な機能が搭載されている災害支援車両のバックアップを行う事もあります。危険度が高い仕事の為、社員全員で安全活動に取り組んでおり、無災害記録2100日を達成しております。

仕事内容

特装車に関する技術を身につけ、長く活躍できる環境です

始めに社内研修にて業界と特装車の基礎から学び、その後技術社員は、現場で実際に作業を行いながら、技術を身に付け仕事を覚えていきます。もちろん、各特装メーカーによる机上研修やベテラン社員による指導がありますので、ご安心ください。営業社員はすでに取引のある自動車ディーラーや自動車修理会社などのお客様から修理の依頼に対して、お客様のニーズに合ったサービスの提案と提供をします。作業完了後には、請求書作成までします。部品営業については、特装車の部品の受発注、発送・配達、商品管理、請求書作成などもお任せします。いずれの職種もゆくゆくは必要な資格を取得していただきます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◆技術社員  特装車の修理、メンテナンス、法定点検、 鈑金塗装や車検整備なども行います。 
◆営業職   自動車ディーラーや、自動車修理会社などから依頼を受けた車両を技術社員へと橋渡しをします。
       作業完了後、請求書作成まで行います。飛び込み営業はありません。
◆部品営業  特装部品の販売業務。主に電話とFAXでの受発注の為、飛び込み営業はありません。検品、配送、在庫管理等を行います。

会社データ

事業内容 1. 特定自動車整備事業
2. 特装車両 製造、整備、検査事業
3. 自動車ボディー、製作、改造事業
4. 福祉車両の改造事業
5. 自動車フレーム 修正事業
6. 特装車部品、ボディー材料 販売
設立 1949年
資本金 1000万円
従業員数 38名(2018年6月時点)
売上高 4億8千万円(2017年度実績)
代表者 代表取締役 佐藤 真路子
事業所 【本社】    宮城県仙台市宮城野区扇町4-3-40
【古川工場】  宮城県大崎市荒谷新芋川133-1  
沿革 1949年 仙台市勾当台(県庁付近)で創業

1960年~1967年 
整備業として確立 車検場の移設に伴い大梶に移転
大型工場、フレーム修理機を導入

1968年~1972年 
現在地に組合集団化事業により工場移転
特装車メーカーの各社の指定工場に認定
新型フレーム修正機、アルミ工場増設

1973年~1980年
盛岡工場建設
大型タイヤ再生会社を設立する
大梶工場、第二工場売却、タイヤ会社清算
古川工場建設

1981年~1988年
会社を整理し再出発を計る 会社体制の改革
現在の土地、建物を取得する

1989年~1991年
大型フレーム修正、鈑金工場新設
塗装工場の改造
通産省集団化補完事業に認定される

1992年~1997年
車検工場、食堂 建設(H棟) 予備車検場、事務所棟、部品庫、機械加工場 建設
売上管理PCシステム シャックス導入

1998年~2003年
バブル不況、ディーラー再編
労働災害が多発し、労基局特別指導

2004年~2007年
工場合理化の効果が出る
中央労働災害防止協会から無災害記録「努力賞」を授与
安全衛生推進モデル工場として表彰

2011年3月 東日本大震災で工場棟被害を受ける

2013年1月 新工場 K棟建設
        中央労働災害防止協会より、無災害記録2,100日達成し「銅賞」を授与される
ホームページ http://www.miyasya.co.jp/index.html
免許・許可資格 特定自主検査業務   (宮 77号)
計量証明       (第 43号)
自重計証明        (第 87号)
自動車分解整備事業    (仙陸認  3-6439号)
           (東北整指   3-796号)
特殊整備工場     (仙優特 13号)
古物商          (第221030001375号)

連絡先

宮城車体株式会社
〒983-0034
宮城県仙台市宮城野区扇町4-3-40
採用担当  菅野 橋田
TEL:022-236-8181
E-mail:syatai@miyasya.co.jp
掲載開始:2019/03/01

宮城車体株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

宮城車体株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)