みのるグループ(みのる産業株式会社・みのる化成株式会社)
ミノルグループ(ミノルサンギョウ・ミノルカセイ)
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

みのるグループ(みのる産業株式会社・みのる化成株式会社)

農業機械メーカー/プラスチック成形加工メーカー
  • グループ募集
  • OpenES
  • 正社員
業種
機械
農林/機械設計/化学/自動車
本社
岡山

私たちはこんな事業をしています

みのるグループは、農業機械メーカーの『みのる産業』、プラスチック製品設計・成形加工メーカーの『みのる化成』の他にも、緑化事業、ホテル、ゴルフ関連事業と多岐にわたる事業を展開しています。各分野でプロフェッショナルとして、お客様の多様で高度なニーズに対応できるよう、日々新たな挑戦をしています。今年度は、営業職、研究開発職に加え、社内情報システム開発職を募集いたします。

当社の魅力はここ!!

企業理念

農業機械・プラスチック成形で妥協を許さない「創造への挑戦」

1945年、米づくりが盛んだった岡山の地で農機具の修理工場としてスタートしたみのる産業株式会社は、開発から生産、営業までをトータルに提供する農業機械メーカーへと成長しました。みのる産業がつくる農業機械のためのプラスチック部品を手掛けるところからはじまったみのる化成株式会社は、現在では国内外のあらゆる分野のプラスチック製品の技術・製品を提供するようになりました。私たちは、創業者から引き継がれてきた『創造への挑戦』を経営理念に掲げています。自社開発、自社生産、自社販売という地に足の着いたポリシーで、日本の農業、ひいては日本の生活をリードする企業を目指します。

事業・商品の特徴

みのる産業■先の時代を見据えた多種多様な製品とサービスを展開

独自技術のポット成苗田植機は北海道で60%のシェアを誇り、近年ではGPSを搭載し自動直進運転を実現した機種も発売し好評を得ています。大手と一線を画す形で『1台しか売れない機械でも』と世に送り出した製品も多数あります。また、農業就業者の高齢化にも対応すべくAIを備えた農業ロボット開発にも注力し、日本の農業の未来を切り開いて参ります。『環境宣言』として、減農薬を実現する静電噴口の開発、無農薬での米作りを目指す兵庫県豊岡市でのチャレンジ事業、エクセルソイルによる壁面緑化などの諸事業を展開。

事業・商品の特徴

みのる化成■プラスチック成形でイノベーションを起こし続ける

みのる化成のプラスチック成形技術は、大手メーカーに新技術提案も行うほど年々進化を遂げています。最近は、世界最大級(3.3m)のプラスチック成形設備を活用した新たな製品開発が期待されている他、地球環境に配慮したバイオマスプラスチックの研究など最先端の技術開発にも積極的に取り組んでいます。これらを可能にしているのは、設計から金型製作・樹脂成形・加工にいたるまで、一貫した生産体制を自社完結できるからこそ。お客様からの多様で高度なニーズに対し、成形のプロとして応え続けています。今後も、みのる化成にしかできない技術、商品を創り出すべく、プラスチック成形で“イノベーション”を起こし続けます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■みのる産業【農機メーカー/シイタケ生産】
・研究開発/農業機械の設計・開発
・社内情報システム開発/生産現場のIoT化を推進
・シイタケ事業/シイタケ栽培の研究および生産管理
・営業部門/販売店や農家の方の声を聴き、行動する
■みのる化成【樹脂製品の企画・開発・製造・販売】
・技術開発/新製品のプロジェクトリーダー
・工場管理/ものづくりのスケジュールと品質を守る
・営業部門/新たな事業開拓に取り組む

会社データ

募集会社 ・みのる産業株式会社
・みのる化成株式会社
事業内容 <みのる産業株式会社> 
以下の製品の研究・開発・設計・製造・販売

◎農業機械関係
 田植機、不耕起直播機、播種機、防除ロボット、散粒機、玉葱移植機、野菜定植機、その他
◎家電製品関係
 餅搗機、精米機、全自動玄米プロセッサー、その他
◎園芸関係器材
 家庭用種まきキット、その他
◎ゴルフ関係機
 ゴルフ練習場専用打球機
◎環境関連資材
 壁面屋外緑化基盤材、その他
◎太陽光売電事業
◎ゴルフ事業
◎農業生産品
 生しいたけ、乾燥しいたけ

★みのるの生しいたけ
 2008年7月から本格稼動した「しいたけ事業」は、順調に栽培規模を拡大し、兵庫を中心とした関西方面への出荷を増やしています。2012年11月に豊岡市環境経済事業として認定を受け、さらに2013年8月兵庫推奨ブランドを取得しました。また、2016年より岡山県でも新工場を整備し、生産を開始しています。


<みのる化成株式会社>
あらゆるプラスチック製品の企画・開発・設計・製造・販売

☆日本でも最大級の大型ブロー成型機を保有。 3.3mまでの超大型製品の製造が可能です。自由自在に設計できることから、新製品開発に無限の可能性を秘めています。

◎中空成形・射出成型
・スポイラー、空調ダクト、バンパーなどの自動車部品
・チャイルドシート
・農業機械用部品
・仮設トイレ
・プレジャーボート
・炊飯器など家電部品
・カラープリンター用リボンカセット
・食品容器
設立 <みのる産業株式会社>
1945年10月 創業
1949年 7月 株式会社に改組

<みのる化成株式会社>
1961年11月 創業
1966年1月 株式会社に改組
資本金 <みのる産業株式会社>
7200万円

<みのる化成株式会社>
4500万円
従業員数 <みのる産業株式会社>
440名

<みのる化成株式会社>
406名
売上高 <みのる産業株式会社>
76億円(2018年9月期)

<みのる化成株式会社>
110.8億円(2018年12月期)
代表者 <みのる産業株式会社>
代表取締役社長 生本 純一

<みのる化成株式会社>
代表取締役社長 生本 尚久
事業所 <みのる産業株式会社>

■本社・工場
 岡山県赤磐市下市447
■倉敷工場
 岡山県倉敷市茶屋町早沖1825-11
■東京支店
 埼玉県さいたま市見沼区南中野210
■長野営業所
 長野県長野市豊野町浅野582-4
■九州支店
 福岡県筑紫野市大字永岡1020-1
■北海道工場
 北海道三笠市岡山214-6
■岡山工場(シイタケ事業部) 
 岡山県赤磐市山口2087-1
■但東工場(シイタケ事業部)
 兵庫県豊岡市但東町出合5-5
■エクセルソイル事業部 本社・工場
 岡山県赤磐市下市447
■エクセルソイル事業部 東京オフィス
 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-21-8


<みのる化成株式会社>

□本社・岡山工場
 岡山県赤磐市下市388-1
□北海道工場
 北海道三笠市岡山三笠工場団地
□クリーンパックス工場
 岡山県赤磐市正崎816-1
□くろがね工場
 岡山県岡山市東区鉄105
□牟佐工場
 岡山県岡山市北区牟佐503
□豊橋工場
 愛知県豊橋市大岩町字久保田48-5
□ミノルタイランドMinoru(Thailand)Co.,Ltd.  
 300/50 Moo 1, Tambol Tasit,
 Amphur Pluakdaeng,
 Rayong 21140 Thailand
□長沙実化成塑料有限公司(中国)
 CHANGSHA MINORU KASEI CO.,LTD
 NO.316 Fengshu Rd.,
 Changsha Economic& Technical
 Development Zone, 410000 China.
□中山実化成塑料有限公司(中国)
 ZHONG SHAN MINORUKASEI CO.,LTD
 No.3 Industrial Tan Zhou.
 Zhong Shan, 528400 China.
□みひろ化成株式会社
 島根県鹿足郡吉賀町蔵木271-1
□實化成香港有限公司(香港)
 Minoru Kasei Hong Kong co.,ltd.
 FLAT/RM 705 7/F GOLDEN DRAGON CENTRE
 NO.38-40 CAMERON ROAD TSIM SHA TSUI Hong Kong.
沿革(みのる産業) <みのる産業株式会社>

1945年10月
前会長生本實が、個人経営で農機具の製造を開始

1949年 7月
業務拡張に伴い、みのる産業株式会社を設立

1961年11月
みのる化成株式会社を設立し、プラスチック製品の製造販売を行う

1964年1月
東京営業所開所

1966年 6月
株式会社みのるガーデンセンターを設立し、庭園の設計、施工、ホテルの盛花及び花店を開く

1973年7月
みのる開発株式会社を設立 ゴルフ練習場とショートコースを併設

1974年 3月
みのる工業株式会社を設立 機械部品の製造およびプラスチック成型を行う

1976年12月
農機研究所を開設 研究開発の強化充実を図る

1977年4月
岡山市横井上に、みのる開発株式会社笹ケ瀬ゴルフセンターを開設

1981年3月
九州支店を開設

1982年1月
北海道支店を開設

1983年6月
岡山市柳町の西川緑道公園沿いに、みのるガーデンビル建設

1984年1月
金型工場を建設 CAD、CAMを導入し金型の製造販売を行う

1985年4月
植物工学研究所開設 組織培養技術を利用した花卉類の研究と生産を始めた

1987年11月
前会長生本實、発明功労により勲四等旭日小綬章授与

1988年8月
ゴルフ場建設運営のために、みのる観光開発株式会社を設立

1988年10月
みのる開発株式会社を株式会社みのるゴルフセンターに社名変更を行う  

1989年3月
育苗センターを開設  

1989年8月
北海道みのる販売株式会社設立

1990年1月
みのるゴルフ妹尾を開設

1990年7月
みのるゴルフ水島を開設

1992年7月
みのる観光開発株式会社が運営する「後楽ゴルフ倶楽部」オープン

1992年8月
北海道工場を建設

1995年6月
研究作業場を建設

1996年8月
みのるホテル事業株式会社を設立

1997年8月
みのる工業株式会社をみのる化工株式会社に社名変更する

1998年11月
みのるホテル事業株式会社が運営する「後楽ホテル」を岡山市平和町西川緑道公園沿いにオー
プン

1999年11月
創業者 前会長生本實のグループ社葬を行う

2002年4月
みのる観光開発株式会社「後楽ゴルフ倶楽部」を吸収合併

2003年1月
本社(岡山県下市事業所)lSO14001認証取得

2003年4月
みのるゴルフ一宮を開設

2004年1月
固化培土工場施設整備 生産を開始

2005年12月
本社 ISO9001認証取得

2007年10月
エクセルソイル事業部組織化

2008年10月
シイタケ事業部組織化

2009年6月
中国のディーゼルエンジン大手企業と技術提携契約を締結

2012年4月
「有機稲作成苗の会」の普及、および推進

2013年9月
エクセルソイル事業部「第12回屋上・壁面・特殊緑化技術コンクール」にて、最高位である国土交通大臣賞を受賞

2013年12月
「コウノトリ育むお米」で知られる豊岡市と業務提携し、無農薬栽培技術の実証に取り組む

2015年11月
みのるグループ創業70周年記念式典・祝賀会を開催

2016年 6月
シイタケ事業部 岡山工場を建設

2017年 5月
徳島県、徳島大学、石井町と、次世代型農業の研究や実証を進める内容の協定を締結

2018年 3月
高度環境制御型大規模ミニトマトハウス「みのるファーム」が完成、次世代型農業の実証研究の場としても活用
沿革(みのる化成) <みのる化成株式会社>

1961年11月
日建化工株式会社(大阪市西区立売堀北通り)を買収、商号を日建缶工株式会社と改称し、ニッカケース(塩ビのケース)の製造販売を開始。

1963年12月
工場を現在地に移転。

1964年11月
本社を兵庫県西宮市に移転。

1966年1月
みのる産業株式会社化成部と合併し、商号をみのる化成株式会社と改称。

1975年7月
北海道工場を三笠市岡山三笠工業団地に建設、操業を開始。

1979年2月
岡山県赤磐郡山陽町正崎に食品容器工場を移転。

1981年4月
岡山市鉄に大型ブロー工場を建設、操業を開始。
(日本最大級のブロー成形機IPB2000を設備)

1987年11月
創業者(前会長)生本實、発明功労により勲四等に叙せられ旭日小綬賞章を授与される。

1988年8月
岡山市牟佐に射出成形機を集約操業を開始。

1990年6月
ABS樹脂のブロー成形スポイラーを世界で初めて製品化。

1992年9月
ガスインジェクション成形技術を導入。

1994年10月
食品容器工場をクリーンルーム化。(クラス100,000)
新鋭設備を導入してクリーンパックス工場と改称。

1998年12月
Satellite社(米国)との間で日本に於ける簡易トイレ生産及び
販売に関わるAgreementを締結。

1999年6月
マツダ様品質保証優良認定会社認定証を取得。

1999年11月
みのるグループ創業者(前会長)生本實のグループ社葬を行う。

2000年8月
ISO9001の認証取得。 マツダ様フルサービスサプライヤー決定。

2003年1月
ISO14001の認証取得。

2003年12月
カルマン社指導によるTPS導入スタート。

2005年3月
赤磐地域4町合併により赤磐市市制施行。

2005年10月
みひろ化成株式会社設立。(出資比率50%)

2006年12月
みひろ化成株式会社の建物・設備を一新し合理化ラインでの操業開始。

2007年5月
本社を現在地に移転。

2007年12月
愛知県豊橋市において豊橋工場の操業を開始。

2009年6月
三誠精密有限公司(香港)と技術提携。 関連会社の中山三誠有限公司と中山日誠有限公司にて弊社製品の生産開始。

2009年11月
實化成香港有限公司設立。

2010年1月
Minoru Thailand設立。

2010年2月
中国技術提携会社「中山日誠精密有限公司」に資本参加、合弁事業を開始する。

2011年11月
中山日誠精密有限公司を完全独資化。

2012年2月
長沙実化成塑料有限公司設立。

2012年3月
中山日誠精密有限公司を中山実化成塑料有限公司へ社名変更。

2012年6月
長沙実化成塑料有限公司 量産スタート。
本社所在地 <みのる産業株式会社>
〒709-0892 岡山県赤磐市下市447
 【電話】086-955-1122

<みのる化成株式会社>
〒709-0892 岡山県赤磐市下市388-1
 【電話】086-955-3434
主要取引先 <みのる産業株式会社>
・日本ニューホランド株式会社
・株式会社クボタ
・山陽薬品株式会社
・株式会社モチヅキ
・島内産業株式会社
・株式会社やまびこ
・株式会社丸山製作所
・タイガー魔法瓶株式会社
・日立コンシューマ・マーケティング株式会社リビングサプライ社
・イワタニアグリグリーン株式会社
・出光興産株式会社
この他に、主力400社の代理店・特約店を通じ全国に販売

<みのる化成株式会社>
・マツダ株式会社
・三菱自動車工業株式会社
・アイシン精機株式会社
・アップリカチルドレンズプロダクツ株式会社
・株式会社クボタ
・タイガー魔法瓶株式会社
・株式会社ノーリツ
・サンデン株式会社
・株式会社モルテンメディカル
・オージー技研株式会社
・コクヨファニチャー株式会社
経営理念【社訓】 [心]誠実信頼の精神
[頭]独創と科学的頭脳
[体]明朗で品位ある言動
経営理念【三意】 [創意]
常識から創意は生まれない、常にベストを求めて挑戦することが創意の原点である。「創意なければ進歩なし。進歩なければ発展なし」

[熱意]
熱意は全ての行動の原動力である。「熱意なければ成功なし  成功なければ人生なし」

[誠意]
誠意とは誠心(まことごころ)であり、これは個人・企業問わず全ての社会の原点である。「誠は真の力なり。誠無ければ人にあらず」
経営理念【社憲】 [1]我々は常に正道に立って社務を運営する。会社の真の発展は社業を通じて、社会の進展に寄与するものでなければならない。

[2]我々は顧客に最大の利益を提供しつつ、社業の繁栄を図る。企業は顧客のために存在する。

[3]我々は時運を洞察して、社業を推進する。 時流に棹(さお)させばその効果は早く、かつ大きい。

[4]我々は誠実と堅実を会社経営の本領とする。創業の功は成り易く、守成の功は成り難い。

[5]我々は燃える闘志と飽くない研究心を以って自己の任務に邁進する。先手と創意が、会社繁栄の道を拓く。

[6]我々は絶えず知識、技倆(ぎりょう)の練磨と人間完成の修練を続け、会社発展の原動力となる。事業は人なり。

[7]我々は組織を重んじ、規律に従う。各部署互いに緊密な連絡を保ち、相協調して社務の円滑な運行を期する。

[8]我々は家族的情誼(じょうぎ)に基づいて、明朗健全な会社を建設する。経営者と社員は共に会社の根幹である。「互いに相扶(たす)け、和の心」を以って一致協力する。

[9]我々は会社と生涯を共にする愛社精神を以って常に会社中心の行動をする。 会社の一員としての誇りと責任を持つところに愛社精神が生まれる。

[10]経営者の選択は会社の興廃を左右する。会社はこの社憲に最も忠実である者の中から経営者を推挙する。

会社顧客社員三位一体の繁栄を冀って(こいねがって)この社憲を制定し永く経営の規範とする。
経営理念【綱領】 [研究綱領]
一に独創。二に独創。我々は創意工夫に全智全能を傾注する。

[生産綱領]
我々は良い製品を造る。出来るだけ安く造りたいが、やむを得なければ高くついてもよい。良い製品を造ることが信条である。

[販売綱領]
我々は誠実信頼を売る。出来れば収益を収めたいが、やむを得なければ損をしてもよい。あくまで誠実信頼を第一主義とする。
経営理念【クレド】 私たちは『いい会社』を創ることに使命と責任を果たします。

『いい会社』とは…

全従業員の物心両面の成長と幸福を追求する会社
永続的に社会の進歩発展に貢献する会社
代役のない、誰から見ても選ばれる会社
事業を通じて公明正大に利益を追求する会社
グループ会社(みのるグループ) みのる産業(株)
みのる化成(株)
(株)みのるガーデンセンター
(株)みのるゴルフセンター
後楽ゴルフ倶楽部
後楽ホテル
北海道みのる販売(株)

連絡先

みのる産業株式会社
 〒709-0892
 岡山県赤磐市下市447
 【電話】086-955-1122
採用担当:岩藤
掲載開始:2019/03/01

みのるグループ(みのる産業株式会社・みのる化成株式会社)に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

みのるグループ(みのる産業株式会社・みのる化成株式会社)に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)