株式会社高島計器
タカシマケイキ
業種
精密機器
機械
本社
長野

私たちはこんな事業をしています

株式会社高島計器は、1965年に長野県諏訪市で設立後、圧力計や真空計、連成計、温度計、圧力関連機器、圧力計付属品などの製造と販売を行っている会社です。1個からの小ロットでの製造販売はもちろん、特殊品の開発設計や試作も承ります。お客さまからのご要望にできる限りお応えできるよう、フレキシブルな対応を心がけてまいります。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

お客さまからのどんなニーズにもお応えする小回りのよさが魅力

当社が扱っている製品は、アナログ式の圧力計と温度計とそれらにまつわる付属品です。当社の圧力計と温度計は機構と構造がシンプルなので、安価かつ高精度の軽量が可能。また電気などのエネルギーが不要なのでどんな場所でも計測できるのも強みです。こうした利点を活かして、1個からの小ロットでの製造販売や特殊品の開発設計や試作など、さまざまなニーズにお応えできる小回りのよさを売りにしています。働く社員一人ひとりも、どんな要望も叶えてみせるという意識を持っていただき、それぞれの業務にあたっていただきたいと考えています。

技術力・開発力

「東洋のスイス」諏訪地域で培った高い技術力

当社が本社と工場をおく、長野県の諏訪地域は信州屈指の工業地域。明治期には岡谷を中心に製糸業が発達し、戦後は精密機械工業が発展しました。その理由は、諏訪地域の豊富な水と澄んだ空気。精密機械製造に適しており、「東洋のスイス」として名をはせました。現在も全域に電気機械、一般機械などの先端技術による産業が集積しており、当社もこの地域で切磋琢磨し、高い技術力と開発力を培ってきました。お客さまからのオーダーにかなう製品を創るため、日々研究と開発を続け、1個からの小ロットでの製造販売はもちろん、特殊品の開発設計や試作ができる柔軟性が当社の持ち味。今後もより高みを目指して努力してまいります。

会社データ

事業内容 ・圧力計、真空計、連成計、温度計、圧力関連機器、圧力計付属品の製造、販売
・圧力計の校正、点検、修理
設立 1965年11月
資本金 1,200万円
従業員数 29名(2017年11月時点)
売上高 4億4,000万円(2018年度)
代表者 代表者 山田勇樹
事業所 ■本社工場
〒392-0021
長野県諏訪市上川2丁目1606-1
TEL:0266-54-3312
FAX:0266-54-3313
沿革 1965年 株式会社高島計器を資本金100万円で設立
1972年 資本金300万円に増資
1973年 本社工場を岡谷市若宮に新築、移転
1974年 資本金600万円に増資
1976年 機械工場増築、フレーム加工自動機を開発
1977年 UL規格取得
1980年 資本金1,200万円に増資、機械工場および部品倉庫を増築
1992年 長野県上伊那郡箕輪町に箕輪工場を新築
1993年 圧力計JIS表示許可証を取得
2003年 本社工場を長野県諏訪市上川に移転
2008年 圧力計新JIS表示認証を取得
2011年 本社工場に隣接する1,590平方メートルの工場用地を取得
ホームページ http://www.takashimakeiki.co.jp/
2020
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)