株式会社中山製鋼所
ナカヤマセイコウジョ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社中山製鋼所

鉄鋼メーカー【東証一部上場】
  • 株式公開
  • OpenES
  • 正社員
業種
鉄鋼
プラント・エンジニアリング/不動産/金属製品/その他製造
本社
大阪
残り採用予定数
3名(更新日:2019/09/02)

私たちはこんな事業をしています

<技術力と人が自慢の鉄鋼メーカーです>

大阪市の中心地からほど近い都市型の鉄鋼メーカー。
今年創業100周年を迎えた、東証一部上場企業です。

技術力へのこだわりと長年にわたる蓄積で、業界内でも注目を集めるオリジナル製品を開発。
近年、は盤石な経営基盤を構築するため、エンジニアリング事業にも進出しております。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

独自の製品を生み出す、高い技術力。

中山製鋼所は大阪の大正区に本拠を構える鉄鋼メーカー。創業は1919年と、1世紀近くの歴史を持つ老舗企業です。鉄鋼業界には珍しい都市型企業として、また中堅でありながら卓越した技術力で独自製品を生み出す企業として、鉄鋼業界の中で定評があります。特に技術力に関しては、2001年に微細粒熱延鋼板、通称NFG(NAKAYAMA FINE=微細な GRAIN=粒子)の開発に成功。NFGは日本刀を製造する過程にヒントを得て工業化に成功したもので、その高い技術力に対しては、大河内記念技術賞や、フランス鉄鋼協会「ベストワン賞」を受賞しています。長年にわたって培ってきた技術力は、他社にはない中山製鋼所が持つ強い武器となっています。

仕事内容

多様な人材が集まり、チームを形成しています。

当社では、技術職、事務職ともにさまざまな職種があります。技術職であれば、機電系や材料系出身の社員が、生産現場の効率化やコスト削減に取り組んでいたり、学生時代にプログラミング未経験の方でも、先輩社員の指導の下、社内システムの開発や運用に関わったりしています。また事務職であれば、法人営業の担当として提案業務や生産部門との納期調整を任され、購買担当なら原材料の市況を読みながら、国内外から資材調達を行ったりしています。一人ひとりの社員の個性が際立っているのが中山製鋼所の特徴のひとつ。文理問わず、それぞれが自分の得意分野を活かしながら、ひとつのチームとして日本のモノづくりの上流工程を担っています。

社風・風土

相談しやすい、任せてもらえる風土は中山製鋼所の伝統。

若手社員に社風について質問したとき、みんな口を揃えて挙げるのが「話をしやすい」という雰囲気について。ある若手社員は「業務の中で、気づいた改善点は会議でも、日々の会話の中でも、どんどん提案していきます。年が離れている上司でも、”若手の意見に耳を傾けてくれる。聞いてくれる”という安心感があるので、些細な事でも伝えてみようと思える」と語っています。また、別の魅力として挙げられるのが「若手に任せてもらえる」という点。業務を一通り覚えた2年目ともなると、責任ある仕事もひとりで任せてもらえることは珍しくありません。こうした風土は長い時間をかけて根ざしている、いわば伝統のようなものなのです。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

中山製鋼所では、コイルや鋼板、線材といった鉄鋼製品の製造販売を行っています。
社会にとって有用な付加価値の高い製品を製造、開発し、お客さまに安定的に提供していきます。

  事務系:営業、経理、工程管理、購買、総務人事 等
  技術系:製造技術開発、操業管理、設備保全、品質保証 等

会社データ

事業内容 鉄鋼事業、エンジニアリング事業、不動産事業
創業 1919年8月
資本金 200億4,477万円
従業員数 526名(2019年1月時点)
売上高 1,089億1,200万円(2017年度)
代表者 代表取締役社長 箱守 一昭
事業所 【本社・船町工場】
〒551-8551 大阪市大正区船町一丁目1番66号

【東京支店】
〒103-0027 東京都中央区日本橋二丁目16番11号 日本橋セントラルスクエア 5階
【名古屋営業所】
〒450-0002 名古屋市中村区名駅3-22-8 大東海ビル8階
【エンジニアリング事業・九州営業所】
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1丁目14番25号 新幹線ビル2号館7階
沿革 1919年 大正8年 9月創業者中山悦治翁が操業開始
1923年 大正12年 12月 (株)中山悦治商店を設立
1925年 大正14年 12月 東京支店設置(日本橋区)
1929年 昭和4年 1月 現船町工場において大阪市唯一の薄板工場を新設
1934年 昭和9年 6月 (株)中山悦治商店を(株)中山製鋼所と商号改称
1940年 昭和15年 9月 (株)大阪鋳造所を買収
1941年 昭和16年 9月 中山重工業(株)を合併
1960年 昭和35年 10月 名古屋製鋼所竣工
2000年 平成12年 4月 中山名古屋共同発電(株)名古屋発電所運転開始
2001年 平成13年 12月 NFG(微細粒熱延鋼板)の開発に成功、世界初の工業生産開始
2005年 平成17年 4月 新日本製鐵との棒線製造新会社 (株)NS棒線を設立
2016年 平成28年 10月 株式併合

連絡先

株式会社中山製鋼所
大阪府大阪市大正区船町1-1-66
TEL:06-6555-3028

人事部 谷屋(タニヤ)
掲載開始:2019/03/01

株式会社中山製鋼所に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社中山製鋼所に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)