竹中エンジニアリング株式会社
タケナカエンジニアリング
2020

竹中エンジニアリング株式会社

竹中センサーグループ
業種
総合電機(電気・電子機器)
機械/精密機器/コンピュータ・通信機器・OA機器/安全・セキュリティ産業
本社
京都

私たちはこんな事業をしています

◆拡大・成長市場の「セキュリティ業界」でトップを走りつづけるセンサメーカー◆
45年に亘り【人々の生命・財産・快適】を守る製品づくりを続けている当社。
例えば一般住宅や銀行、工場等の企業、学校や美術館、医療・福祉施設や駅、空港等の公共施設…
多様化し続ける安心・安全のニーズに応えるため、2000以上もの商品を開発しています。
圧倒的な商品数とMade in Japanの性能を武器に、世の中の安心・安全を守ります!

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

セキュリティ市場が景気に左右されることなく拡大し続ける理由

創業からこれまで、私たちはセキュリティに特化し、時代に即したセンサーシステムを世に送り出し続けてきました。その間、景気の浮き沈みを経験してきたわけですが、私たち防犯の世界は景気に左右されにくいということも経験してきました。景気が良ければ高価なものを手にしたり、大金が動いたりします。逆に景気が低迷すれば犯罪が増えます。ですから、景気に左右されることなくセキュリティの世界は市場も技術も進化し続けてきたのです。年々泥棒の手口も巧妙かつ大胆なものになっているので、それに対応すべく、私たちのセンサーや情報機器システムはより高度化しており、まだまだ広角的に新しい世界を切り開いていけるチャンスがあります。

施設・職場環境

いかに泥棒の裏をかいた防犯設計を提案できるかが営業の醍醐味

「泥棒の気持ちになって、防犯設計をつくってみろ!」。初めて営業同行をした新人は、2000アイテムもあるセキュリティ機器を組み合わせて、独自で防犯システムを構築する訓練をしていきます。いきなり先輩たちのように洗練された防犯設計はもちろんできないですが、防犯設計に正解がないことも事実。現場を見て、どうすれば安心を買っていただけるか、座学では学べないものを場数を踏むことで感覚的に覚えていく。そうして経験を重ねることで、一人前の営業として育成していきます。まずは、製品を触って、理解して、現場に足を運び、自分の感覚を構築していく。そうしてセキュリティ設計のプロに成長していってもらいたいと思っています。

仕事内容

センサーシステムの可能性は、広がり続けています

技術開発がメインである当社の強みは、豊富な製品群で、時代に即したあらゆるニーズに応えることができるということ。これまでも、日々取り組んでいる研究開発やシステム提案の中で、信頼や実績を積み重ね、品質への高い定評を得てくることができました。例えば、高齢社会のニーズである、徘徊時の事故防止に対して、センサーシステムのノウハウを使って、ヘルスケア機器を提案。他にも、節電ニーズのある、工場や倉庫に対して、照明制御用センサーを提案しています。この様に、変わりゆく時代のニーズにマッチする「人々の生命・財産・快適を守る」センサーや、情報機器システムの活躍範囲は今後もますます広がり続けていると言えるでしょう。

会社データ

事業内容 ■セキュリティ・情報機器と
その周辺機器の研究開発、製造、販売業務

・セキュリティ用システム機器
・ヘルスケア用システム機器
・温度監視用システム機器
・保安用システム機器
・自動ドア・シャッター制御用システム機器
・車両・道路・交通・駐車場用システム機器
・環境用システム機器
・その他情報・制御用システム機器

※侵入者をセンサですばやく検知する赤外線センサーや、
炎を早期発見する炎センサー、
侵入者を音や光、霧で威嚇する警報ホーンやフラッシュライト、
防犯・火災をいち早く知らせる通報システムなど、
「検知」「威嚇」「通報」のセキュリティはもちろん、
住宅や医療・福祉施設で、トイレや浴室での体調不良を知らせる
呼び出しセンサーや、お年寄りの徘徊を知らせるヘルスケア機器まで。
商品アイテム数2000を誇りながら、次々に新製品を開発し続ける
セキュリティシステムのリーディングカンパニーです。

■TAKEX
 竹中センサーグループ

・竹中グループセンター株式会社
・竹中電子工業株式会社
・竹中オプトニック株式会社
・竹中システム機器株式会社
・株式会社セキュリティハウス・センター
・TAKEX AMERICA ,INC.
・TAKEX EUROPE ,LTD.
設立 創業 1959年5月(昭和34年)
設立 1972年1月(昭和47年)

1959年、日本で先駆けてトランジスタ式光電子センサー・光電子カウンターを
開発製品化して以来、センサーに特化して事業展開を進める
竹中センサーグループの一員として、1972年に設立。
資本金 7500万円(単体)
4億2100万円(グループ合計)
従業員数 211名(単体)
460名(グループ合計)
売上高 102億円(単体:2017年12月期)
192億円(グループ合計:2017年12月期)
代表者 代表取締役 会長 竹中 新策
代表取締役 社長 穂積 正彦
事業所 ■本社
 京都市山科区東野五条通外環西入83-1

■札幌営業所
 札幌市中央区南二条東2-9

■仙台営業所
 仙台市青葉区二日町16-1

■郡山営業所
 福島県郡山市富田町字坦ノ腰58-1

■高崎営業所
 高崎市鶴見町1-1

■さいたま営業所
 さいたま市大宮区桜木町2-389

■千葉営業所
 千葉市中央区栄町35-14

■東京営業所
 東京都文京区本郷1-11-14

■立川営業所
 立川市柴崎町3-18-30

■横浜営業所
 横浜市港北区新横浜3-24-5

■長野営業所
 長野市鶴賀七瀬548-1

■静岡営業所
 静岡市葵区栄町3-1

■名古屋営業所
 名古屋市中区錦1-10-9

■金沢営業所
 金沢市本町2-7-1

■京都営業所
 京都市山科区東野五条通外環西入83-1

■大阪営業所
 大阪市北区天神西町5-17

■神戸営業所
 神戸市中央区八幡通3-2-11

■広島営業所
 広島市中区八丁堀12-22

■高松営業所
 高松市寿町1-1-8

■福岡営業所
 福岡市博多区博多駅東1-1-33

■熊本営業所
 熊本市神水1-8-8

■海外拠点
 ロンドン、メルボルン、カリフォルニア
先輩社員(営業系)インタビュー 出身大学での専攻:立命館大学 産業社会学部 現代社会学科

【私が入社を決めた理由!】
最終製品を製造しているメーカーのため、
自社製品の形がしっかりとあり、街中で見かけると誇れるのではと思いました。
さらにその誇れる製品が「セキュリティ」という人々を毎日守る役割を担っていることから、
社会貢献できる仕事だと感じたので入社を決めました。

【こんな時にやりがいを感じます】
2000種類を超える豊富な商品量と性能の高さ。
さらにその中からお客様のニーズに合わせて製品を提案する
「営業力」が当社の魅力だと思います。
いくつもの製品を組み合わせて提案するので、その可能性はお客様の数だけあります。
そんな中でお客様のお役に立てた時は、やりがいを感じます!

【ある1日のスケジュール】
8:30  出社、メールチェック

9:00  お客様訪問

12:00 昼食

13:00 お客様訪問、現場同行

17:30 帰社、お客様からご依頼頂いたたシステムの設計・提案書作成など

19:00 退社

先輩社員(技術・開発系)インタビュー 出身大学での専攻:同志社大学大学院 情報工学専攻

【私が入社を決めた理由!】
技術を通して”人の心に寄り添う”仕事がしたいと考え入社を決めました。
近年、多分野でセンサーは使われており、
中でも当社のセンサーは安心・安全という人の心に近い分野に携わるものだと感じました。

【こんな時にやりがいを感じます】
私は、設計した機器の評価やノイズ対策を担当しています。
お客様の安心・安全を守るセンサーがノイズによって誤作動を起こしたら大変なことになります。
私の仕事は、時間がかかることもあり、根気のいる作業ですが、
確かな製品をお客様にお届けする大切な過程な一つであり、やりがいを感じます。
将来はトータルを考えた設計ができるようなエンジニアになるのが夢です。

【ある1日のスケジュール】
8:30  出社、メールチェック

9:00  朝礼、ミーティング

9:30  担当者と評価試験の段取り確認

11:45 試験結果の報告

12:00 昼食

13:00 評価試験

17:45 評価試験途中経過報告

19:00 最終報告、退社
先輩社員(技術・開発系)インタビュー 出身大学での専攻:大阪電気通信大学 電子機械工学科

【私が理由を決めた理由!】
多くの人が安心して生活を送るための製品を設計したいと思い当社に入社を決めました。
また、風通しの良い組織なので、上司や先輩との距離が近く、
自分の意見が言いやすい、さらにわからないことがあればいつでも聞ける環境にあり、
非常に心強く感じています。

【こんな時にやりがいを感じます】
私は、3D&2DCADを使用して樹脂成型品の構造設計を行っています。
製品ごとに使う人の目線に立った工夫が必要になります。
以前設計した製品が今も当社の赤外線センサーの主力製品として売れ続けているので、
嬉しく思いやりがいを感じています。
土日祝日の休日は、趣味の自転車で遠出したり、
レースに出たりとオフを満喫できています。

【ある1日のスケジュール】
8:30  出社

9:00  朝礼

9:15  メールチェック

9:30  各テーマの設計者と問題確認、対策方法確認および資料作成

11:00 CADを用いた社内打合せ

12:00 昼食

13:00 資料作成

17:30 メールチェック

18:00 退社
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)