株式会社山田製作所
ヤマダセイサクショ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • OpenES
  • 正社員
業種
輸送機器
自動車/その他製造/総合電機(電気・電子機器)/重電・産業用電気機器
本社
群馬
リクナビ限定情報

私たちはこんな事業をしています

(1)四輪車用各種機能部品の開発・製造
オイルポンプ・ウォーターポンプ・サーモケース・インテークマニホールド・ステアリングコラム
インターミディエイトシャフト・トルクセンサー・ドリブンプーリー・AT部品 等
(2)二輪車用各種機能部品の開発・製造
オイルポンプ・ウォーターポンプ・スピードメーターギヤボックス・スクーター用無段変速機 等
(3)汎用部品・その他
マニュアルギアボックス・流量測定装置 等

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

地球環境へ貢献できる商品と価値を提供しYAMADAブランドを世界へ

YAMADAは1946年の創業以来、四輪車、二輪車のエンジン用オイルポンプ、ウォーターポンプを中心に各種ポンプ製品ステアリング関連製品、トランスミッション関連製品など、「走る、曲がる、止まる」といった重要な機能部品を提供しています。70年以上にわたる企業活動において、変わらぬ使命は「世界一級品」のものづくり。今後もお客様との信頼の絆をさらに深め、地球環境保全など多様化するニーズに応えるべく、先進技術力を活かした次世代製品の開発、独自の生産技術による製造など、開発・製造・納入まで一貫したものづくりをグローバルに展開していきます。

技術力・開発力

スピーディーな量産立上げを実現する開発体制

YAMADAの研究開発を担う開発本部では、新技術の探求から量産製品の設計・テスト評価までを担っており、長年にわたり蓄積された開発ノウハウ・シミュレーション解析技術を反映した製品設計と、エンジン実機試験装置をはじめとした各種試験装置を活用し、スピーディーかつ完成度の高い開発を実現しています。開発プロジェクトの推進にあたっては、開発・営業・購買・エンジニアリング・製造部門が密接に連携することで、効率的な量産立上げを実現するとともに、他部門との活発なコミュニケーションによる、担当者の知見を広げる教育の場としても機能しています。

待遇・制度

社員のスキルと教養を高める教育制度

世界一級品の提供を目指すYAMADA。そのためには高い専門性を駆使し、自責で捉え、自ら考え、自ら行動する人材が不可欠です。そこで、「目的別」「選択型」「専門性」「階層別」「キャリア開発」の5つの研修の柱を用意し、多岐にわたり一流の人材を育てる取り組みを実践しています。「階層別」の中でも入社後すぐに受ける「新入社員研修」は特に力を注いでいます。カリキュラムは入社~1年3ヶ月間の長期に及び用意されており、社会人、また技術者としての基礎力を確実につけられる内容となっています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【技術系職種】
製品に関する将来技術の構築を主業務とする研究部門、製品の設計及び量産化までの開発を担当する開発部門、設備・金型の設計を担当する設計部門、その他生産技術、品質管理等の部門。

【事務系職種】
長期的な将来像を描き経営戦略を立案する経営企画部門や、会社が必要とする物品を全世界から調達する購買部門 等。

会社データ

事業内容 (1)四輪車用各種機能部品の開発・製造
オイルポンプ・ウォーターポンプ・サーモケース・インテークマニホールド・ステアリングコラム
インターミディエイトシャフト・トルクセンサー・ドリブンプーリー・AT部品 等

(2)二輪車用各種機能部品の開発・製造
オイルポンプ・ウォーターポンプ・スピードメーターギヤボックス・スクーター用無段変速機 等

(3)汎用機能部品・流量測定装置の開発・製造
マニュアルギアボックス・ソニックノズル・ラミナーフローメーター 等
設立 1946年2月26日
資本金 20億円
従業員数 (単独/連結)
1,627人/4,230人
売上高 (決算期/単独/連結)
2018年3月/423億円/956億円
売上高推移 (決算期/単独/連結)
2017年3月/437億円/980億円
2016年3月/443億円/962億円
2015年3月/471億円/916億円
代表者 代表取締役社長  岸本 一也
事業所 桐生事業部、エンジニアリング事業部=群馬県桐生市
伊勢崎本社、伊勢崎事業部=群馬県伊勢崎市
出張所=浜松・鈴鹿・熊本
本社所在地 〒379-2206
群馬県伊勢崎市香林町2-1296
関連会社 ■YNA(米国オハイオ州)
■YSC(タイ)
■YTC(中国四川省)
■YRC(中国四川省)
主要取引先 本田技研工業、スバル、マツダ、いすゞ自動車、スズキ、三菱自動車工業、ユタカ技研、
ケーヒン、日産自動車、ショーワ 他 国内外約50社
平均年齢 40.4歳
沿革 1946年 群馬県桐生市に(有)山田製作所として設立
            ドリルチャック・スクロールチャックの製造開始
1958年 本田技研工業(株)との取引開始に伴い、二輪車用機能部品を製造開始
1961年 本社及び本社工場(現・桐生事業部)を現在地に新設
1966年 四輪車用エンジン部品を製造開始
1979年 有限会社から株式会社へ組織変更
1980年 工機工場(現・エンジニアリング事業部)を新設
1981年 二輪部品の専門工場として、熊本県菊池郡旭志村に熊本工場(現・熊本事業部)を新設
1984年 ポンプ系部品の専門工場として、群馬県佐波郡赤堀町に香林工場(現・伊勢崎事業部)を新設
1988年 米国オハイオ州に子会社「YOTEC, INC」(現・YAMADA NORTH AMERICA INC.)を設立
1994年 タイに合弁会社「YAMADA SOMBOON CO.,LTD.」を設立
1995年 中国四川省に合弁会社「成都天興山田車用部品有限公司」を設立
1996年 英国に子会社「YAMADA EUROPE CO.,LTD.」を設立
1999年 ISO9001の認証を国内全社で取得
2000年 ISO14001の認証を国内全工場で取得
2001年 株式会社ヤマダテクニカルサービス設立
2002年 ゼロ・エミッション達成
2004年 技術研究所棟竣工
2006年 中国四川省に「山田車用部品研究開発(成都)有限公司」設立
2009年 ISO/TS16949の認証を国内全工場で取得
2011年 伊勢崎本社棟竣工
2015年 国内生産拠点再編により熊本事業部を閉鎖
      本田技研工業(株)との業務連絡強化のために熊本出張所を開設
2016年 「YAMADA EUROPE CO.,LTD.」を清算
地域貢献 YAMADAは地域に貢献するコミュニケーション活動に取り組んでいます。従業員と家族、地域の方々と楽しい時間を共有するYAMADAフェスティバルや桐生八木節祭りへの参加など、地域に根ざした様々な活動を推進。車椅子清掃ボランティアや福祉車両の寄付等、ボランティア活動にも熱心に参加しています。

連絡先

〒379-2206 
群馬県伊勢崎市香林町2丁目1296
伊勢崎本社
TEL:0270-40-9254
E-mail:jinji@yamada-s.co.jp
URL:http://www.yamada-s.co.jp/
採用窓口:総務部 総務人事課 石島/矢島
リクナビ限定情報
掲載開始:2019/03/01

株式会社山田製作所に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社山田製作所に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)