社会福祉法人 八起会
ハチキカイ
2020

社会福祉法人 八起会

介護/福祉/特別養護老人ホーム/デイサービス/ケアセンター
業種
福祉・介護
コンサルタント・専門コンサルタント/医療関連・医療機関/団体・連合会/その他サービス
本社
滋賀

私たちはこんな事業をしています

第2の「ふるさと」として住み慣れた我が家を創り、生き甲斐を共にする友達を創り、安心して生活ができる地域社会「しあわせの村」を創造しています。
そのために複合化された施設群、施設のグループ化、そしてサービスの総合化を目指しています。

当社の魅力はここ!!

社風・風土

新しい事はどんどん実行!かかわる全ての人を笑顔に。

■ご利用者様や地域の皆様に楽しさ、面白さを提供したい!そんなスタッフの思いから生まれたのが八起会のキャラクター「はちっきー」、今ではSNSスタンプも展開中の人気者です。さらに人工知能を有し会話も楽しめるロボットPALRO(パルロ)も導入。地域の皆様とのふれあいを企画する「経営対策委員会」は地域振興にも貢献しています。■働く側も、より快適に楽しく!そのために、「プロの講師を招いた体幹トレーニング」「雇用形態に関わらず役職につける新人事制度」「連休も取りやすい有給制度はじめ手当・制度の充実」「産休育休中スタッフへの復職支援プログラム」などを導入。介護ビジネスをもっと元気に笑顔にするため、挑戦し続けます。

戦略・ビジョン

利用者様から、愛され・選ばれる法人になるために!

25年後には、日本人の4人に1人が高齢者になると言われている、超高齢化社会の日本。私たちがこの地域で担っている役割は年々大きくなってきています。そんな中、私たちは、「介護は究極のサービス業である」と捉え、いかに利用者様の期待に応えられるサービスを提供出来るか、を毎日考えています。大切な事は、人それぞれに違う相手の期待を少しだけこえるサービスの実現です。「自分の家族や自分自身が介護される立場だったら、八起会を利用したいか」を自らに問い続け、利用者様から愛され、選ばれる法人となるべく、日々挑戦をしています。

施設・職場環境

人を支えたい。温かいマインドの人材を大切に育て、守っていく。

福祉や介護に関する専門知識がなく、資格がない方も私たちは広く歓迎しています。専門知識は入職後に先輩から学べばいいですし、資格も取得すればいいからです。大切にしたいのは、人を支えたいというマインド。そんな想いを胸に仲間となる人材をみんなでしっかりサポートします。働くママも職場全体でサポート。仕事をしながらの子育ての悩みもあるでしょうが、そんな時にも女性上司や先輩ママが話をきちんと聞き、アドバイスし、見守ってくれます。人事評価制度も整備され、「昇格をする」「現場で介護にずっと携わる」「法人運営に関わる」など、あなた次第で様々な仕事・働き方が実現できます。自信を持って新人さんをお迎えできる職場です。

会社データ

事業内容 八起会の施設敷地内への入り口には、「故郷」の歌碑が立っています。
「社会福祉法人 八起会」はこの歌碑の通り、ここを第2の「ふるさと」として住み慣れた我が家を創り、生き甲斐を共にする友達を創り、安心して生活ができる地域社会「しあわせの村」を創造しています。
そのために複合化された施設群、施設のグループ化、そしてサービスの総合化を目指しています。
サービスと各施設 ◆軽費老人ホーム(ケアハウス)/石部ケアハウス
住みやすい環境の中で高齢者が自立した生活を確保できるよう工夫された“ケア付住宅”のことで、旅行・外出も自由。入浴・食事の提供、生活相談・緊急時の対応など住宅機能と福祉機能を兼ね備えた施設です。

◆通所介護(デイサービス)/石部デイサービスセンター・もみじデイサービスセンター・デイサービスセンターにこにこ・みやのもりデイサービスセンター・デイサービスセンターこんぜの郷・こんぜデイサービスセンター・デイサービスセンターあさひがおか
介護の必要な高齢者が、日常生活介護や機能訓練を受けるサービスです。ご家庭から通所して頂き、レクリエーション、食事、入浴といったサービスの提供を通じて社会的孤立感の解消、機能回復・維持、また家族の介護負担軽減を目的としています。
  
◆居宅介護支援事業/八起会居宅介護支援相談所・もみじケアプランセンター ・八起会粟東居宅介護支援事業所・八起会水口居宅介護支援事業所
在宅での介護サービス計画(ケアプラン)の作成と、サービスの継続的な管理や再評価などの一連のケアマネジメント業務を行います。
  
◆介護老人保健施設(ケアセンター)/石部ケアセンター
病状は安定していて入院の必要はないものの療養が必要な要介護者に対して、施設サービス計画に基づいて医学的管理の下で介護及び看護、機能訓練、必要な医療・日常生活上のお世話を致します。

◆通所リハビリテーション(デイケア)/石部デイケア
介護の必要な高齢者が、日常生活介護や機能訓練を医学的管理の下に受けて頂きます。
  
◆短期入所生活(療養)介護(ショートステイ)/石部ケアセンター(短期入所療養介護)・もみじ(短期入所生活介護)・あぼし(短期入所生活介護) ・みやのもり(短期入所生活介護)
家族の方の介護軽減や、急な病気や旅行などによって一時的に介護ができない場合に介護を行う施設です。短期入所期間中、食事、入浴をはじめとした身の回りのお世話やレクリエーション、リハビリテーションを実施し、心身の機能の維持を図ります。
  
◆訪問介護(ホームヘルプ)/八起会ホームヘルプステーション
訪問介護員(ホームヘルパー)が居宅を訪問して、入浴、排泄、食事等の介護や家事、
さらに必要な相談や助言を行います。
  
◆介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)/あぼし・もみじ ・みやのもり
寝たきりや認知症で常時介護を必要とする方に、施設サービス計画に基づいて入浴・排泄・食事など日常生活上のお世話や機能訓練、健康管理、療養上のお世話を行います。

◆認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
認知症で居宅にいて介護を必要とする人に、共同生活を営むべき住居で、入浴、排泄、食事等の
介護、その他日常生活上のお世話、及び機能訓練を行います。

◆通所型サービスA(リハビリ中心型)/八起会みやのもり リハビリステーション
自立支援を推進するための要介護状態となる前の高齢者に、生活機能向上のための機能訓練をリハビリ専門職が行います。

◆在宅介護支援センター(湖南市受託事業)/高齢者支援センターいしべ
地域(生活圏域)における身近な相談窓口として相談業務や地域ネットワークづくりを行います。住民のニーズを行政(包括支援センター等)に伝えるパイプ役です。
設立 平成8年3月4日
資本金 社会福祉法人のため資本金はありません。
従業員数 339名(2017年10月1日現在)
売上高 16億5428万円(2016年度)
代表者 理事長 木村文一
事業所 介護老人保健施設 石部ケアセンター・石部デイケア/滋賀県湖南市丸山4-5-1
軽費老人ホーム 石部ケアハウス・石部デイサービス/滋賀県湖南市丸山4-5-1
介護老人福祉施設 もみじ・もみじデイサービス・もみじケアプランセンター/東近江市永源寺高野町431-2
特別養護老人ホーム あぼし/滋賀県湖南市丸山4-5-1
デイサービスセンター にこにこ/滋賀県湖南市石部西1-3-30
デイサービスセンター こんぜの郷・こんぜデイサービスセンター/滋賀県栗東市御園2025-2
八起会栗東居宅介護支援事業所/滋賀県栗東市御園2028番地 アーバンプログレスA-105
特別養護老人ホームみやのもり・みやのもりデイサービスセンター・高齢者支援センターいしべ・八起会みやのもり リハビリステーション/滋賀県湖南市宮の森1-2-1
グループホームみなくち・デイサービスセンターあさひがおか・八起会水口居宅介護支援事業所/滋賀県甲賀市水口町朝日が丘6-37
沿革 ◆1995(平成7)年.4月
社会福祉法人八起会 開設準備室設立

◆1996(平成8)年.3月
社会福祉法人八起会設立許可

◆1996(平成8)年.11月
軽費老人ホーム 石部ケアハウス開所

◆1997(平成9)年.1月
石部デイサービスセンター開所

◆1999(平成11)年.5月
介護老人保健施設石部ケアセンター(デイケア併設)開所

◆1999(平成11)年.10月
老人居宅介護事業開始(八起会ホームヘルプステーション)

◆2000(平成12)年.4月
居宅介護支援事業開始(八起会居宅介護支援相談所)

◆2001(平成13)年.9月
介護老人福祉施設もみじ・もみじデイサービスセンター開所

◆2001(平成13)年.10月
その他の事業開始(ホームヘルパー2級過程養成研修事業)

◆2004(平成16)年.10月
特別養護老人ホームあぼし開所

◆2008(平成20)年.4月
ホームヘルパー2級課程養成研修事業廃止

◆2008(平成20)年.5月
もみじヘルパーステーション閉所

◆2009(平成21)年.4月
高齢者支援センターいしべ受託

◆2010(平成22)年.6月
介護老人保健施設石部ケアセンター 20床増床

◆2010(平成22)年.6月
認知症対応型デイサービスセンターにこにこ開所

◆2011(平成23)年.7月
八起会栗東居宅介護支援事業所開所

◆2012(平成24)年.4月
特別養護老人ホームみやのもり・みやのもりデイサービスセンター開所

◆2014(平成26)年.4月
認知症対応型デイサービスセンターこんぜの郷開所
八起会栗東居宅介護支援事業所移転

◆2014(平成26)年.6月
八起会水口居宅介護支援事業所開所

◆2014(平成26)年.7月
グループホームみなくち開所
認知症対応型デイサービスセンターあさひがおか開所
こんぜデイサービスセンター開所

◆2016(平成28)年.5月
八起会栗東居宅介護支援事業所移転

◆2017(平成29)年.4月
八起会みやのもり リハビリステーション
主な資格取得者数 ◆医師:4名
◆准看護師・看護師:34名
◆理学療法士:4名
◆作業療法士:2名
◆介護支援専門員:40名
◆社会福祉士:11名
◆介護福祉士:133名
◆ホームヘルパー1級・2級・介護職員初任者研修:115名
◆栄養士・管理栄養士:11名


(常勤・非常勤含む 2017年10月現在)
経営理念 1.社会福祉法人八起会は高齢化社会における地域福祉の一翼を担い、サービスの充実を通して地域福祉および情報発信の拠点となると共に、以って社会の福祉に貢献することを目指す。

2.社会福祉法人八起会職員は、利用者の「尊厳」と「人権」を尊重し、心身ともに「安らか」に過ごせるよう、良質かつ適切なサービスに努めることを目指す。

3.社会福祉法人八起会は、福祉事業を通して社会に奉仕すると共に、ここに働く職員の地位向上を目指す。
入職10年目、白木のその後 全くの未経験からケアワーカーとして勤務し、介護の世界に飛び込んだ白木。

先輩や同期、そしてご利用者様に支えられながら、入職2年目を迎えた頃には相談員としてステップアップしました。
ケアワーカーだった頃はご利用者様と関わる時間が多かったのですが、相談員となってそのご家族と向き合う時間が増えました。
ご利用者様だけではなく、ご利用者様を取り巻く環境やご家族の現状に目を向けられるようになったのは、相談員としての経験があるから。
介護保険など法律の知識も、より深めることができました。

その後、5年目で主任に昇格。介護支援専門員の資格を取得して、7年目には係長となりました。
一つの部署を取りまとめるという立場になり、学んだのは組織運営のノウハウ。
大切なのは、職員みんなが同じ目標を持つこと。職員の想いを聞き、自分の想いを伝える。
職員が働きやすい職場環境を整えること。

立場や役割は違えど、その先にあるのはご利用者様の一日一日を大切にすることです。
職員が働きやすい環境を整えることで、より良いサービスをご利用者様に提供できる。
ご利用者様のご家族に安心して頂ければ、ご利用者様も気を使わずに過ごして頂ける。
ご利用者様に向き合い、サービスすることはご利用者様のその日を大切にすること。
白木は、キャリアアップを通じてそのことを学びました。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)