武藤工業株式会社
ムトウコウギョウ
2019

武藤工業株式会社

業務用インクジェットプリンタ/3Dプリンタ/メーカー
業種
精密機器
機械/印刷関連/コンピュータ・通信機器・OA機器
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

『業務用インクジェットプリンタ』事業を中心に、『設計・計測機器』『3Dプリンタ』事業を展開するグローバル企業です!
1953年に誕生した日本初の設計製図機器『ドラフター』からスタートした武藤のモノづくりDNAは世界中のプロフェッショナル達を支えています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

ものづくりで社会を支えます!社会に貢献するMUTOH

「常に革新し 挑戦を続ける」という企業理念のもと、創業当初から培ってきた技術力を生かして市場のニーズに合わせた製品開発を常に行っています。主力製品である業務用インクジェットプリンタは、看板広告・プラスチック・衣類など様々な媒体に印刷でき、多方面で活躍しています。その他、建築業界・医療業界・小売業界等多くの現場での利用が注目されている3Dプリンタを2006年からいち早く導入。拡大し続ける市場のリーディングカンパニーとして活躍しています。                  創業から一貫した「ものづくりをささえるMUTOH」としてこれからも挑戦を続けてまいります。

仕事内容

諏訪から世界へ!革新的技術力のMUTOH

武藤工業は、長野県下諏訪に開発・製造拠点を構えています。機械系、電気・電子系、ファームウェア、要素開発等の技術者たちが「お客様に最高の価値を提供する」という精神で、製品作りに取り組んでいます。プリンタ本体だけでなく、インクなどの周辺製品、関連技術に至るまでユーザー視点に立った   「現場主義」で製品の品質向上を目指し、日々研究・開発を行っています。MUTOHの独自技術により、広告分野だけでなく、テキスタイルまで使用領域を拡大した業務用インクジェットプリンタは「Made in Japan」の冠を得て、世界中に供給されています。

仕事内容

世界中のユーザーへ高い品質と技術力を提供

MUTOHは、国内にとどまらず、アメリカ、ドイツ、ベルギー、シンガポールなど海外に7拠点構えています。MUTOHの海外進出は、1967年、アメリカでの販売を強化する目的でムトーアメリカを設立したことからスタートしています。新規の取引先の開拓など地域に根差した営業活動を行っており、その地道な営業活動が成果となって、米国最大の展示会で5年連続で業界団体より賞を受賞するなど海外でもMUTOHブランドは高い評価を得ています。MUTOH製品の活躍の場は日本だけでなく、世界中に広がっています!

会社データ

経営理念 MUTOHホールディングスグループ基本方針
『常に革新し 挑戦を続け 社会に貢献する』
に加え、
『お客様に最適の提案と最高の価値を提供する』
の企業理念の下、これからも顧客満足度の高い製品・サービスを積極的に提供してまいります。
事業内容 業務用インクジェットプリンタ事業
・業務用インクジェットプリンタ及びプロッタ
・カッティングプロッタ
・イメージスキャナー
・大判インクジェットプリンタ関連のサプライ品及び保守メンテナンスサービス

3Dプリンタ事業
・3Dプリンタ及び3Dスキャナ
・3Dプリンタ関連のサプライ品及び保守メンテナンスサービス

設計・計測機器事業
・CADソリューション
・設計製図機器
・計測・制御機器
・設計・計測機器関連のサプライ品及び保守メンテナンスサービス
設立 1952年3月5日       
※2007年4月2日より、MUTOHホールディングス株式会社と
武藤工業株式会社(新設会社)へ分割
資本金 3億5千万円
従業員数 287名(2017年3月末正社員数)
売上高 122億(2017年3月期)
代表者 代表取締役社長 早川信正
事業所 本社/東京都世田谷区池尻3-1-3
工場/長野県諏訪郡下諏訪町
営業所/札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡
MUTOHグループ沿革 ■1952年3月 株式会社武藤目盛彫刻を設立
■1953年4月 国内初のアーム式(ベルトプーリー機械)設計製図機械「ドラフター」の                    開発、製造・販売を開始
■1959年4月 社名を武藤工業株式会社に変更
■1962年5月 自動製図機ヌメリコン(現在のプロッタの原型)を開発、製造・販売を開始
■1967年4月 米国への販売拡張を強化するために合弁会社コンサルアンドムトー社
       (現ムトーアメリカ社)を設立
■1983年6月 東京証券取引市場第二部に上場
■1985年3月 東京証券取引市場第一部に上場
■1990年9月 ヨーロッパへの販売を拡大するためにムトーベルギー社を設立
■1992年5月 高性能CADソフトウェア「M-DrafWiseman」を開発、製造・販売を開始
■1999年6月 屋外専用大型フルカラー・インクジェットプリンタ「ラミレス」を
       開発、製造・販売を開始
■2000年4月 CAD用フルカラーインクジェットプロッタ「FALCON Color RJ-850C」を発売
    10月 CAD用フルカラーインクジェットプロッタ「DrafStation RJ-301シリーズ」を発売
■2001年11月 屋外用大判フルカラーインクジェットプリンタ「ラミレスII/ラミレルグランデ」を発売
■2007年4月 商号をMUTOHホールディングス株式会社に変更し、
       新設分割により武藤工業株式会社を設立
■2008年9月 スカンジナビア・バルト3国に販売拠点を持つSE Group S.Aをムトーヨーロッパ社              (現ムトーベルギー社)/ムトードイツ社を通じて買収
■2009年10月 ムトーシンガポール社(MUTOH SINGAPORE PTE. LTD.)、
         ムトーオーストラリア社(MUTOH AUSTRALIA PTY. LTD.)設立
■2010年3月 ムトーヨーロッパ社(MUTOH EUROPE nv)の商号を
       ムトーベルギー社(MUTOH BELGIUM nv)に変更
■2013年10月 マルチパーパスインク「MPインク」(植物由来成分を50%配合し、
        様々な素材への印刷が可能)、大判フルカラーインクジェットプリンタ「VJ-1608HS」           (MPインク対応、測色機「SPECTROVUE VM-10」を標準装備)を発売
■2014年4月 UVインクジェットプリンタ、デスクトップ機「VJ-426UF」と大型機「VJ-1626UH」、
       アパレル業界向け型紙カッティングプロッタ「VC-A1000」を発売
■2014年5月 3D Systems社製プロフェッショナル3Dプリンタ「ProJet1200
       (ローコストUV硬化樹脂タイプ)」、「ProJet4500(フルカラープラスティックタイプ)」、        「ProJet5500X(マルチマテリアルタイプ)の取り扱い開始
■2016年10月 株式会社ムトーエンジニアリングの3Dプリンタ 事業、設計製図機器販売、
        計測・制御機器販売、CADソリューション、環境対応製品の事業を
        武藤工業株式会社に事業譲渡
■2017年10月 アメリカ最大の展示会The SGIA(Specialty Graphic Imaging Association)EXPO
       において、VJシリーズが6年連続で”PRODUCT OF THE YEAR”を受賞
関連企業 ■株式会社ムトーエンタープライズ
■ムトーアイテックス株式会社
■株式会社ムトーフィギュアワールド
■ムトーアメリカ
■ムトーベルギー
■ムトードイツ
■ムトーノースヨーロッパ
■ムトーシンガポール
■ムトーオーストラリア
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)