株式会社池田理化
イケダリカ
2019
業種
商社(医療機器)
商社(医薬品)/その他商社/医療機器
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

【科学技術の発展を支援する事業を通して社会に貢献します】
この企業理念のもと、大学や官公庁、民間企業の研究機関に機器をご提供する理化学機器商社です。
★わかりやすくいうと、小学校の時に理科の実験で使っていた器具のすごくハイテクなものを扱っている会社です。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

いつも研究者の一番近くで、研究をサポートしている会社です。

池田理化は、研究者の一番近いところで最新の技術情報をもとに最適な研究環境の提供を専門とする理化学機器の専門商社です。大学の研究室や官公庁・民間企業の研究機関等へお伺いして、各種装置や試薬等の提供をしています。当社の最大の強みは豊富な製品数と商社としてのノウハウ。国内外1000以上のお客様のあらゆるニーズにお応えしています。医療・食品・工学等の分野において、常に研究者の一番近くで研究をサポートし、未来の社会を支えるライフサイエンスの発展の一翼を担っているのです。創業86年を通して築き上げてきたお客様からの大きな信頼は当社の誇りです。

仕事内容

[ ルートセールス ] 研究開発の最前線へ

理化学機器を扱うため理系の仕事領域と思われがちですが、文系出身者も大歓迎!実際、当社の社員の約4割は文系出身者です。営業の仕事は、研究者の方々が必要としている各種装置や試薬などをご提供すること。社有車でお客様を訪問し、商談や納品を行います。お客様はその分野の専門家で製品のこともよくご存知なので、製品知識以上に「お客様のニーズ」を先読みできるコミュニケーションスキルも大切です。まずは入社後の製品・ビジネス研修で基礎を学び、業務内容や取扱製品への理解を深めることから始めますのでご安心ください。

会社データ

事業内容 ライフサイエンス関連機器および試薬、分析機器、光学機器、汎用実験研究器具および消耗品、実験設備の設計製作、汎用理化学機器、農学関連機器の設計製作、販売
人の命や健康に関わる医薬品開発や、遺伝子治療などの医療技術、DNA導入技術による食料増産、環境保全技術などの基礎研究は、人類最大の課題です。
池田理化は、そんな研究に取り組む研究者にその目的に合った世界の最先端機器や最新の技術情報を供給し、それらの機器類が最高のパフォーマンスで稼動するよう、性能を引き出すお手伝いが出来る体制を整え、トータルコーディネーターとして欠くことの出来ない重要な仕事を担っています。
設立 1947年7月
資本金 5040万円
従業員数 358名(男238名/女120名) ※2018年1月現在

※平均年齢 全体36.9歳 男38.5歳 女33.7歳
売上高 418億円(2015年3月期)
404億円(2016年3月期)
406億円(2017年3月期)
代表者 代表取締役社長 高橋 秀雄
本社所在地 東京都千代田区鍛冶町1-8-6
事業所 八王子、小金井、鶴見、横浜、藤沢、平塚、三島、藤枝、名古屋、大阪、岩国、千葉、つくば、埼玉、宇都宮、仙台、札幌
つくばテクニカルセンター、湘南テクニカルセンター
売上構成 2017年3月期
ライフサイエンス関連機器  45%
分析器機       15%
汎用理化学機器 15%
研究用試薬     10%
研究用消耗品   10%
その他           5%
業績推移 (百万円、配当は1株あたり円)
決算期    売上高    経常利益     配当
2015.3          41,841       596               15
2016.3          40,390       297               15
2017.3          40,670                 422               15
財務比率 (百万円)            2015.3   2016.3   2017.3
一人当たり売上高        122    115    116
流動比率            136.1    134.9      136.1
固定比率              52.3    51.9           51.0
自己資本比率            36.3    35.7    36.2
主要取引先 ■仕入先
アズワン(株) GEヘルスケア・ジャパン(株) ベックマン・コールター(株) オリンパス(株) アジレントテクノロジー(株) パナソニックヘルスケア(株) 住友ベークライト(株) タカラバイオ(株) バイオ・ラッドラボラトリーズ(株) メルク(株)  (株)日立ハイテクノロジーズ サーモフィッシャーサイエンティフィック(株)他
■販売先
農林水産省、厚生労働省、文部科学省、経済産業省、環境省などの国公立研究機関
国公立大学、私立大学および大学院の研究機関
製薬、臨床検査、食品、化粧品、石油、化学、電子、新素材などの主要民間企業の研究所
主要販売商品名 DNA増幅装置、DNAシーケンサー、イメージアナライザー、フローサイトメーター、電気泳動装置、HPLC、顕微鏡、他
社会貢献 ■サポートした研究者の成果で社会貢献を実感
病気の解明、新薬の開発、自然環境の保全、食文化の発展・・・
直接目には見えないですが、多くのお客様の研究成果によって我々の生活が発展することで社会貢献していることを実感します。
■小学生のための理科教室
自治体と連携して、本社において理科教室を開催しています。1人でも多くの子どもたちに科学に興味を持ってもらうため、また未来の研究者を育てたいという願いから生まれた活動です。
■池田理化賞(研究費助成制度)
再生医療の周辺基盤研究および応用研究に携わる若手研究者を支援しています。
戦略・ビジョン 「明日への科学の奉仕者」をモットーに創業して86年、数多くの研究機関の研究を支援するために、お客様一人ひとりの立場に立って最適なソリューションを提供できるよう日々努力してきました。

その結果、お陰さまで業界トップクラスの企業にまで成長することができました。特に1980年代よりめざましく成長するライフサイエンス分野に事業を特化したことにより、今日では「バイオの池田理化」として多くのお客様の信頼とご愛顧をいただくようになりました。

2012年、京都大学の山中伸弥教授がiPS細胞の樹立でノーベル生理学・医学賞を受賞されました。これを契機に再生医療の実用化と産業化は、政府のイノベーション戦略の大きな柱となってきており、地球環境分野とともに21世紀のわが国の科学技術発展を牽引する、極めて注目度の高い分野になってきています。

当社もこの成長分野を新事業領域として積極的に取り込み、当社の強みを生かした事業展開を進めていきます。既に2012年より研究サポートエリアを拡大するために仙台支店、名古屋支店、札幌支店を開設。国内18拠点充実したネットワークを有することになり、さらに多くの研究者をサポートできる体制が実現することになります。
沿革 1947年07月 設立
1985年06月 優良申告法人として神田税務署長より表彰を受ける
1994年12月 最新技術情報発信基地
         つくばテクニカルセンター開設
2002年05月 横浜市鶴見区に横浜サイエンスプラザ開設
2004年07月 平塚市中原に湘南テクニカルセンター開設
2005年06月 ISO 14001認証取得
2006年04月 東京大学農学部に寄附講座を開設
2010年05月 優良申告法人として神田税務署長より6回目の表彰をされる
2011年06月  創業80周年
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)