社会福祉法人純晴会
ジュンセイカイ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

社会福祉法人純晴会

浮州園(高齢者総合福祉施設)
  • 正社員
業種
福祉・介護
医療関連・医療機関/その他サービス
本社
岡山
残り採用予定数
5名(更新日:2018/08/09)

私たちはこんな事業をしています

<新卒定着率90%■説明会予約受付中!!>
私達は、福祉・介護サービスを多角的に提供している高齢者総合福祉施設です。
特別養護老人ホームをはじめ、デイサービス、グループホームのほか、
居宅介護支援事業所、地域包括支援センターという役割も担っています。

社会福祉法人として活動を開始して20年。
今後とも、地域の方々が安心して利用できる施設を目指します。

当社の魅力はここ!!

企業理念

<新卒定着率約90%達成>働き方、待遇面の充実を図っています

説明会予約受付中★特別養護老人ホームからショートステイ、デイサービス、グループホームなど、多岐にわたる福祉・介護サービスを展開する私たちが目指しているのは、「自分の両親、そして自分自身も利用したいと思える施設」。そのためには、職員の定着率を高めることでサービスの質を上げることが大切だと考えています。安心して働ける職場環境の整備のため、たとえば、最大1年6カ月まで取得可能な育児休暇や、時短勤務などライフスタイルの変化に応じた働き方の制度を導入。明確な人事評価や年3回の賞与など、待遇面も充実させてきた結果新卒の定着率は約90%を達成。各スタッフがそれぞれに活躍できる制度の充実などを図っています。

施設・職場環境

職員が自由にアイデアを出し、個室の演出やイベント企画を推進

設立から20年目を迎え、およそ300名の方々にご利用いただく高齢者総合福祉施設へと成長し、ご利用者さまお一人おひとりの嗜好に合わせて個室を演出するなど、満足して過ごしていただけるサービスに力を入れています。なかには、ものづくりのアトリエのようなおしゃれなインテリアも。職員配置に余裕を持たせ、各人がご利用者さまとしっかり向き合うなかで夢の実現を一緒に考えるスタイルです。日々の暮らしを楽しむイベントにも積極的に取り組み、季節ごとに、また、ご家族さまや地域の方々にも参加いただきながら、さまざまな催しを企画。イベントは職員全員がアイデアを出し合って実施。新卒1年目でも、どんどん提案できる環境です。

戦略・ビジョン

地域に密着し、より信頼される安心の拠点をつくっていきたい

福祉・介護サービスは今後、ますます社会で求められる分野ですが、同時に、在宅ケアが推進される流れのなか、いかに地域に密着した施設であるかが問われてくると考えます。私たちが、入居型からデイサービスまで、多様な形態のサービスを提供しているのはそのためです。設立当初からコンプライアンスの遵守を徹底するとともに、ご利用者さまの声やご要望にしっかり耳を傾け、細かな改善を推進。満足度を高めることで、信頼を積み重ねてきました。お世話をするというのではなく、ご利用者さま、地域の方々、そして職員が一体となって、安心の拠点をつくっていきたい。それが私たちの願いですし、ともに地域で暮らす私たちの務めだと思っています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

「利用して良かった」と思っていただける施設づくりとサービスの向上を、一緒に担ってくれる方を求めています!

■介護職員
入浴・食事・排泄介助をはじめとする生活支援とともに、利用者さまに寄り添いメンタル面のサポートも行います。

■生活相談員(社会福祉士)
公的制度の利用手続き、ケアマネージャーとの連絡調整などを担い、施設と利用者さま・ご家族さまの架け橋として
快適で安心できる生活をサポートします。

会社データ

事業内容 特別養護老人ホーム(従来型:定員50名/ユニット型:定員60名)
ショートステイ(定員22名)
デイサービス(1単位:定員60名/2単位:定員70名)
グループホーム(定員18名)
ケアハウス(定員15名)
居宅介護支援事業所
地域包括支援センター(倉敷市委託事業)
設立 平成10年11月
資本金 社会福祉法人のため無し
従業員数 170名(2017年12月現在)
売上高(総事業費) 10億円(2016年12月)
代表者 理事長 岡本康晴
過去5年間の新卒入職者内訳 5年間の新卒入職者数:15名
うち福祉系大学卒:9名
福祉系以外大学卒:6名

※福祉系学生以外の大卒者:40%
1日(日勤)の仕事の流れ 9:00~10:00:申し送り後、日勤業務開始(夜勤との交代を行います)
        入浴介助やトイレのお手伝いなど、ご利用者に合わせて様々な介助を行う

10:00~11:00:ご利用者さんのおやつタイム♪
        余暇活動なども行います!

12:00~13:00:お昼ごはんの介助

※職員も順番にお昼ご飯を食べます。一緒になった同僚といろいろ話すこともできます。

13:00~15:00:余暇活動やクラブ活動のお手伝い
         イベントなどがある時には、職員が主体となって盛り上げます★
         合間に、入浴・トイレ介助なども行います

15:00~16:00:ご利用者さんのおやつタイム
         職員は、次の勤務帯の職員への申し送りをしています

17:00~18:00:お疲れ様でした!!

※あくまで、日勤の一例です。
勤務帯やその日の状況に応じて変動します。
先輩にインタビュー!!在職10年目のYさん Q:Yさんにとって、仕事のやりがいや学びを実感するのはどんな時ですか?

A:ご利用者さんの笑顔ですね。
入所された方が、浮州園を利用することで、元気になられたり、できることが増えたり。
ご利用者さんやご家族から
「いつもありがとう。よくしてもらっています。」
と笑顔で言葉をかけてもらったときは、本当にこの仕事をやっていて良かった。と感じます。

介護職は、人の最期に携わる仕事です。最期の場面に立ち会うこともあります。
その方にあったサービスを自分は提供しているつもりでも、
「もっとこうすれば良かった。」「このサービスが本当にあっていたのか」と後になって
考えてしまうことも正直あります。
ですが、その経験があるからこそ、相手の気持ちを汲み取り、どうすればもっと良くなるのか考える改善につながります。
一人一人の生活に密着した仕事なので、大変なことも多いのは事実ですが、その分やりがいや喜びも多い、貴重な仕事だと思います。

Q:入職後、寄り添ってくれる人はいましたか?指導方法はどうでしたか?

A:年齢が近い先輩も多く、仕事の終わりにご飯に誘ってくれたりとても気にかけてくれました。
仕事以外の時でも、仕事の悩みを聞いてくれたり、アドバイスなどもくれるので、誰にも相談できずに、不安になるということはなかったです。
指導方法については、人の命にかかわる仕事をしているので、正直厳しいことを言われることは
ありました。ですが、ちゃんとその後に、「なぜそういわれたのか。」「注意して行っていたのか。」
など、ちゃんと「なぜ」の意味を解説しながらわかりやすくフィードバックしてくれるので
先輩の言っていることに違和感はなく、納得できました。

Q:Yさんはお子さんが3人いらっしゃいますが、出産後、働き方はどう変わりましたか?

A:出産前は、ローテーンション勤務に入っていたので、日勤帯はもちろん、夜勤も行っていました。
でも、子供を出産して復帰するとなると、保育園の送迎がありますよね。
ローテーション勤務で夜勤などをしていると子供の送迎は難しくなります。
ですが復帰後、勤務時間を日勤帯のみに変更してもらえ、子供との時間も十分に取れています。
残業などもあまりないので、もしかしたら普通の会社に勤めているお母さんたちよりも、
時間通りにお迎えに行けているかもしれません。(もしかしたらですけど。)

また、子供は急に発熱したり、発熱しなくても急に体調が悪くなって、保育園から
「お迎えに来てください」と急に連絡が来たりするんですけど、そんな時でも他の職員さんが、
「現場の事はいいから、早く迎えに行ってあげて!」「休んで、ゆっくり看病してあげて。」
など、優しい言葉をかけてもらえます。
子供が病気の時は、親も辛いです。そんな中、気遣う言葉をかけてもらえるので、
とても気持ちが楽になれます。

Q:最後に学生の方へメッセージをお願いします。

A:私は福祉系の学生だったので、浮州園以外の実習先も行きまし、見学も行きました。
その中で、ダントツで雰囲気が良かったのは浮州園でした。
雰囲気が温かく明るいと感じました。また、ご家族の面会もとても多いです。

どこで働くかを考えるとき、大切なのは自分がどう働きたいか。
私は、温かく明るい”社会福祉法人純晴会 浮州園”が大好きです。
ぜひ、皆さんも自分がどう働きたいかを考え、たくさんの会社を見てみてください。
その中で、私たちと働くご縁があればすごくうれしいです!
お待ちしております。



■Yさんのキャリアステップ
1年目:特別養護老人ホームに配属
    先輩社員の指導を受けながら、仕事を覚える。
    半年くらいたつと、だんだん仕事が楽しくなってきて、
    ご利用者さんやご家族の方から嬉しい言葉をいただけるように!

3年目:初めて新人職員の教育担当に抜擢!
    自分が教えてもらったことを思い出しながら、どう伝えればわかりやすく伝わるか。
    試行錯誤しながら、育成について考える。

4年目:部署異動。ここでも新人教育担当を任される。

5年目:介護チーフの下、ミーティングを任せられるようになる。
   ※プライベートでは、5年間付き合っていた相手と結婚★

6年目:第1子出産のため、産休・育休に。

7年目:産休・育休を終えて、復帰★ローテーション勤務から、日勤のみの勤務へ転換してもらう

その後にも、子供を2人出産し、現在では3人の母!
先輩にインタビュー!!在職10年目のKさん Q:Kさんはなぜ、浮州園を選んだのですか?

A:一番は、人の温かさですかね。就活中って誰もが同じだと思うんですけど、緊張しているんですよね。どんな会社なのかな~とかどんな人がいるのかな。少しでもよく見せたいな。とか。不安もたくさんありますし。でも、浮州園の説明会に参加したときは、職員が本当に明るくて優しかったんです。
緊張をほぐそうとしてくれたり、アドバイスをくれたり。そんな職員を見て、「自分もこんな人になりたい」と思いましたし、明るくいつでも相談できる環境って素敵だと思いました。自分もここで働きたい。と思ったんです。
ボランティアで施設のイベントに参加したとき、”利用者のために楽しく盛り上げよう”という姿勢を見て、さらにその思いは強くなりました。

Q:仕事の続けやすさ・働きやすさはどうですか?

A:初めはとても不安が多かったです。それは、きっとどんな仕事をしていても同じだと思います。特に、介護は人の生死にかかわる仕事です。その責任はとても大きい。
でも、自分を気にかけてくれる先輩がたくさんいて、同期とも助け合いながら、
その不安な日々を乗り切ることが出来ました。
やはり、周りに自分を気にかけてくれ、助けてくれる先輩、同期がいるのはありがたいですね。
だから、私は続けやすいし、働きやすい職場だと思います。

Q:Kさんにとって、仕事のやりがいや学びを実感するのはどんな時ですか?

A:自分や他の職員、みんなで企画したイベントが成功したときですね。
損得勘定なしで、人を笑顔にできる仕事。それが、介護職だと思うんです。本当の意味で人に寄り添って、人のために尽くすことができる。
自分たちが考えたものが成功して、ご利用者さんだけではなく、ご家族の人たちも笑顔になってくれる。そんな仕事ってあまりないと思います。

自分のキャリア軸で考えると新入職員の教育担当になった時もすごく嬉しかったですね。
新入職員を育成し、彼らが育ってくれることがもちろん一番うれしいのです。でも、人に教えるって、思った以上に難しいんです。ちゃんと、「なぜ○○をするのか」まで考えて、伝えないといけませんし、相手に意味を納得してもらわなければいけません。
”新人育成”を通して自分自身、学ぶことも多いですし、逆に新入職員から教わることも多いです。

Q:職場のコミュニケーションや指導方法はどうですか?

A:上でも少し触れましたが、浮州園では、ご利用者さんに喜んでもらうためにイベントをよく開催しています。イベントを成功させるために、職員同士で積極的にコミュニケーションをとり、準備や練習を積極的にしています。
その中で、プライベートの話をしたり、相談に乗ってもらったりとオンオフ共に職員間のコミュニケーションはすごく活発です。

また、尊敬できる先輩もすごく多いです。尊敬できる・目標とする先輩の下で働きその中で自分自身のキャリアの方向性や目標を定めることができます。その目標に向かって仕事を頑張ることができるので、とても自分には合っていると思います。

Q:最後に学生の方にメッセージをお願いします。

A:私は、就職活動時にはあまり多くの施設見学などはしませんでした。もっとたくさんの施設を見学をしていれば、色々比較できて、今の仕事にも生かせたのかなとも思ったりします。
また、見学・説明会だけではわからないこともあるので、どんどん質問もしてほしいですし、
余力があればボランティアなどもいいかもしれません。
その中で、浮州園との出会いがあれば幸いです!
大変だとは思いますが、皆さんにお会い出来るのを楽しみにしております!


■Kさんのキャリアステップ
1年目:従来型特別養護老人ホームに配属
    先輩社員の指導を受けながら、仕事を覚える。
    
    ユニット型特別養護老人ホームに異動し、増床による新規オープンに
    携わる

2年目:敬老祝賀会の担当を任せられる。大きなイベントの司会を務めることで、
    自信がつき、その他のイベントにも参加・計画・準備に積極的に携わるように!

3年目:初めて新人職員の教育担当に抜擢!
    自分の考えた目標が1年間の部署の目標となる

4年目:部署異動。ここでも新人教育担当を任される。

5年目:部署の書類管理や環境整備など重要なセクションを任せられるように

プライベート:同期とも頻繁に食事に行ったり、先輩や同僚ともスノーボードなどを
        楽しんでいます。プライベートと仕事のバランスが取れて充実して働き中♪

連絡先

〒710-0034 岡山県倉敷市粒江2500-1
Tel 086-429-3311
E-mail saiyou@ukisuen.com
採用担当:難波・日笠
掲載開始:2018/03/01

社会福祉法人純晴会 に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

社会福祉法人純晴会 に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)