熊本県海水養殖漁業協同組合
クマモトケンカイスイヨウショクギョギョウキョウドウクミアイ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • 正社員
業種
水産
食品/商社(食料品)
本社
熊本

私たちはこんな事業をしています

専門漁協ならではの養殖に特化したノウハウで所属組合員へ餌飼料等の供給や生産魚の加工・出荷まで一貫した生産管理を実践。養魚生産に関わる書類や履歴のデータ化を徹底し、消費者に安心・安全そして美味しい魚をお届けするとともに、若い世代に魚を好きになってもらうよう「魚捌き方教室や食育授業」にも注力し、食料や食生活の大切さを伝えています。また、グローバル化を目指しアジア諸国を中心に輸出を開始。

当社の魅力はここ!!

企業理念

組合員に信頼され期待に応える組織としての活動をめざす

私たち熊本県海水養殖漁業協同組合は、熊本・天草において計画生産ができる養殖漁業の推進と安全・安心、そして美味しく食べられるお魚を、自信をもって消費者にお届けするために日々活動をおこなっています。組合員の方々の生産漁家経営安定をめざしながら、情報の分析とその解明を組合員と力を合わせ知力を尽しながら、信頼される組合として【浜の活力再生プラン】の実現に向けて取り組んでいます。「漁業収入の向上」から「コスト削減」さらには「新規就業者・後継者の確保・育成」まで、私たちの取り組むべきことは幅広く、多くの組合員の方々の期待に応えられる組合として、これからも積極的に活動をおこなっていきます。

戦略・ビジョン

「天草ブランドの養殖魚」の美味しさと食の大切さを全国に広める

当組合の取組みは養殖業の推進はもちろんのこと、積極的な水産物・加工物の販売から、組合員への情報の提供、食育活動など幅広くおこなっています。天草の養殖業を支えるために地域特性を生かした配合飼料の開発や、種苗導入から成魚育成までの生産体制の維持、また熊本・天草のブランド魚の販路拡大など、全国に天草の魚を安定供給するために試行錯誤しながら日々取り組んでいます。さらに食への安全性について関心が高まるなか、安心して美味しく食べられる「国産品」や「地域の味」が期待されています。私たちは食育を通じて「天草ブランドの養殖魚」の美味しさを各地に広め、食料や食生活を大切にしようとする心も育てています。

仕事内容

地域への貢献と漁業の発展をめざし自分の力を発揮できる仕事

私たちの仕事は熊本・天草の養殖業を支え組合員の皆さんと一緒になって、安全でおいしい「天草ブランドの養殖魚」を全国にお届けすることです。養殖魚の品質の向上やブランド化への取組み、加工品などの共同開発などをおこなうことで、消費を拡大しさらには海外市場への輸出など、これからさらに発展していくことをめざしています。最初は分からないことも多いかもしれませんが、地域に貢献したいという気持ちと美味しい魚を届けたいと言う思いがあれば、仕事の幅は広く自分自身も成長できる環境があります。皆さんの若い感性と活発な意見を持ってさらに多くの結果を出せる組織となるよう、一緒に天草の漁業の発展をめざしていきましょう。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

 総合職(営業、事務、加工作業等)
水産加工品などの営業活動および納品・集金・顧客管理 。購買業務・販売業務・加工業務に伴うパソコンによる事務作業及び加工での製造作業、営業対応等の様々な業務を経験し、海面魚類養殖漁業及び漁協全般に係る知識を身につけていただきます。

会社データ

事業内容 所属組合員(天草全域の魚類養殖漁業者)へ餌・飼料・資材・稚魚等の販売。生産魚の加工、全国販売など

1. 購買事業
 イワシやサバ等の養殖用の餌や飼料メーカーから配合飼料を購入し、組合員に販売供給しています。

2. 販売事業
 組合員の育成したマダイ、ブリ、シマアジ、カンパチ、トラフグ等養殖魚を活きたまま活魚車や活魚船で日本全国の市場等に販売しており、海外輸出では韓国にマダイ活魚を年間約250t出荷しています。

3. 加工事業
 HACCP認定を取得し、国際的に認められた衛生基準を満たした水産加工場でブリ・マダイを中心にフィレー(三枚おろし)等の真空パック加工をしています。主に日本全国の量販店及び飲食店向けに販売していますが、近年では加工事業でも海外輸出が増えており、香港・台湾・ベトナム・シンガポール・マレーシア・マカオ・カナダ・ニューヨークに輸出しています。

4. 指導事業
 熊本県・天草市の水産研究センターや他県の漁協と赤潮監視体制を構築し、赤潮プランクトンの顕鏡結果等の情報提供している。また、魚食普及活動として小学生から大人まで、魚捌き教室や料理教室を行ったり、各種イベントへの出店や子供向けに魚料理のレシピの載った折り紙の配布等、様々な取り組みをしています。
設立 2007年(平成19年)11月
資本金 出資金 2,460万円
従業員数 正職員21名 常雇用パート11名 合計33名
売上高 2016年度(平成28年度) 売上高3,836百万円(購買事業990百万円・販売事業1,520百万円・加工事業1,318百万円・指導事業8百万円)
代表者 代表理事組合長 深川 英穂
事業所 【組合所在地 牛深本所】
〒863-1901 熊本県天草市牛深町3465番地
【栖本事業所】
〒861-6303 熊本県天草市栖本町馬場3357-3
【後浜冷凍冷蔵庫】
〒863-1901 熊本県天草市牛深町3471-1

沿革
2007年(平成19年)新漁協【熊本県海水養殖漁業協同組合】発足。県下魚類養殖漁業の次の展開を期す。マグロ養殖の取り組みが本格化。
2008年(平成20年) ハマチ(ブリ)養殖開始80周年、創始者野網和三郎生誕100年記念式典(香川県東かがわ市引田町)に列席。熊本県海水養殖漁協の組合事業開始。
2009年(平成21年) (社)全海水/トラフグ養殖部会の1尾1円運動による成果、国産養殖トラフグの周知キャンペーンに参画。熊本県養殖漁協、存立期限を満了し、1970年(昭和45年)来の役目を終え、幕を閉じる。
2010年(平成22年) 漁業生産における魚類養殖漁業の役割紹介を兼ねた魚食普及活動を県内各地で行い、小中学生を対象にした魚捌き実習が好評を得る。組合ブランド配合飼料『ASP(天草スペシャル)』発売。
2011年(平成23年) 牛深地先(印度瀬)に赤潮対策実証試験筏を設置。3・11東日本大震災復興支援義援活動。香港・シンガポール輸出商談会に参加。
2012年(平成24年) EP育成魚による組合ブランド魚『天草ぶり太鼓判』に取組み開始。
2013年(平成25年) 第33回全国豊かな海づくり大会~くまもと~開催。熊本・水俣・天草の3会場で放流行事。
2014年(平成26年) レトルト商品「天草ぶり・漁師の兜煮」と「天草ぶり・中骨と真子の煮付け」の缶詰を発売。
2015年(平成27年) 「天草ぶり」が地域団体商標登録される。
2016年(平成28年) 「第41回全国海水養殖シンポジウム」本県3度目の開催なる。(2月)
レトルト商品「天草ぶり・フィッシュヘッドカレー」と「天草さくら鯛あら炊き」を発売(4月)
4月14日、16日 熊本地震。復興に全力。
熊本県養殖漁協が清算結了。1970年(昭和45年)来の歴史に幕。(6月)
ホームページ http://marukuma.or.jp

連絡先

熊本県海水養殖漁業協同組合
住所:〒863-1901 熊本県天草市牛深町3465番地
TEL / 0969-72-1221
FAX / 0969-72-1222
採用担当
掲載開始:2018/03/01

熊本県海水養殖漁業協同組合に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

熊本県海水養殖漁業協同組合に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)