日本板硝子株式会社
ニホンイタガラス
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

日本板硝子株式会社

建築/自動車/高機能
  • 株式公開
  • 正社員
業種
ガラス・セラミックス
建材・エクステリア/化学/コンピュータ・通信機器・OA機器/半導体・電子部品・その他
本社
東京、大阪
残り採用予定数
5名(更新日:2018/08/09)

私たちはこんな事業をしています

★エントリー受付中★1918年の創業以来、建築用・自動車用・高機能ガラス分野に多彩なガラス関連製品を世の中に提供してきました。いまや世界各地に製造拠点を持ち、その製品は世界100ヵ国以上で販売されている世界最大級のガラスメーカーです。

当社の魅力はここ!!

魅力的な人材

人が輝く会社

住友グループの一員である当社の経営理念は「事業は人なり」です。社員がいかに輝き、自己の能力を発揮して仕事が出来るかを真剣に考えている会社です。特に若手社員には、失敗を恐れず挑戦心を持って仕事に取り組むことを期待しています。このような企業風土のもと、真空ガラス「スペーシア」や瞬間調光ガラス「ウム」などユニークな商品が誕生しました。自ら手を挙げ行動することにより、会社という組織を良い意味で利用して、自己を成長させていけることが出来る、そんな会社です。※くるみん認定取得。ポジティブアクション女性の活躍推進宣言コーナー参加

戦略・ビジョン

ガラス技術で世界に変革を

日本板硝子は1918年の設立以来、私たちの日常生活になくてはならないガラスという素材にこだわり、様々な商品を社会に提供し続けています。2006年には英国のピルキントン社を買収し、世界各地に製造拠点を持ち、130ヵ国以上で販売を行うグローバルな運営体制をスタートさせました。当社グループは建築用及び自動車用ガラス事業でグローバルなトップメーカーの1つです。また高機能ガラス事業では、ディスプレイ用薄板ガラス、情報通信デバイス、ガラス繊維製品等の分野で多くのオンリーワン・ナンバーワン製品を製造販売しています。革新的な高性能ガラス製品の分野でグローバルリーダーを目指し、ガラスの最先端技術に挑戦しています。

技術力・開発力

人にも地球にもうれしいガラスを、続々開発

世界経済や社会全般に広範な影響をもたらす環境問題に対して、ガラス製品を通じて貢献していきます。日本板硝子は、薄膜太陽光発電に使用されている基板ガラスにおいて大きなシェアを占めています。そして世界初の真空ガラス「スペーシア」を始め、住空間を快適にする省エネガラスや自動車に使われる紫外線遮蔽率99%の「スーパーUVカットガラス」など数多くの高機能ガラスを提供しています。また、一見ガラスとは思えないようなガラス繊維など多彩なフィールドでも日本板硝子の製品が活躍しています。写真:(c)Joelle Bozon

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

事務系:営業、生産管理、人事、総務、経理、企画などから海外勤務にいたるまで、事務系社員の活躍の場は多彩に広がっています。
技術系:研究開発、生産技術、エンジニアリング、システム技術、設計、海外など事業領域が多岐に及ぶため活躍の場も大きく広がっています。

会社データ

事業内容 住宅・ビル用ガラス、各種建材商品、自動車・鉄道車両用ガラス、ガラス繊維、オプトロニクス関連商品、エレクトロニクス用ガラス等の製造・販売

革新的な高性能ガラス製品の分野でグローバルリーダーとなることを目指すとともに、省エネ・創エネに貢献し、安全で倫理的な事業活動を行います。
設立 1918年(大正7年)11月22日
資本金 約1,164億円
従業員数 約27,000名
単体約2,000名
(2017年3月31日現在)  
売上高 連結5,808億円
(2017年3月期)
売上高構成(連結) 建築用ガラス事業   40%
自動車用ガラス事業  50%
高機能ガラス事業   10%
(連結、2017年3月期)
代表者 代表執行役社長兼CEO 森 重樹
事業所 ■本社/東京、大阪
■研究所/伊丹
■事業所/千葉、相模原、四日市、津、垂井、京都、舞鶴
■営業拠点/東京、大阪、名古屋、豊田、福岡、札幌、仙台など
■海外製造拠点/欧州・北米・南米・アジアなど
■海外販売拠点/世界100ヵ国以上
関連会社 連結子会社:196社(2017年3月31日現在)
平均年齢 43.9歳
平均勤続年数 19.9年
沿革 1918年 日米板硝子(株)として設立
1931年 日本板硝子(株)と改称
1965年 舞鶴工場にて東洋初のフロート板ガラス生産開始
1971年 マレーシアにマレーシアンシートグラス社設立
1986年 米国ユナイテッドLNグラス社設立
1987年 NSGヨーロッパ社設立
1992年 ガラス磁気ディスクの事業を開始
1995年 ベトナムへフロートガラス工場設立
1995年 蘇州板硝子電子有限公司設立
1997年 天津日板浮法玻璃有限公司設立
2000年 英国ピルキントン社に資本参加
2001年 日本無機株式会社を完全子会社化
      英国ピルキントン社、持分法適用会社となる
2002年 NSGヴェトロテックス社設立し、ガラス長繊維事業を譲渡
2004年 ガラス磁気ディスク事業及びNSGフィリピン社をHOYA株式会社へ譲渡
      日本無機株式会社のバッテリーセパレータ事業を会社分割により継承し、
      垂井事業所を開設
2005年 蘇州美日薄膜電子有限公司を完全子会社化
2006年 英国ピルキントン社を完全子会社化
      蘇州日硝特殊玻璃繊維有限公司の開業(2005年5月設立)
2008年 持分法適用会社株式会社マグをサンゴバン株式会社に譲渡
      委員会設置会社へ移行
2009年 日本無機株式会社をダイキン工業株式会社へ株式譲渡
2011年 国際会計基準(IFRS)を適用

連絡先

人事部 採用担当

〒108-6321 東京都港区三田3-5-27 住友不動産三田ツインビル西館
TEL : 03-5443-9528
E-mail : Nsg-Saiyo@nsg.com
ホームページアドレス : http://www.nsg.co.jp/
掲載開始:2018/03/01
この企業は、以下の特集で紹介されています
女性がイキイキ働ける職場

日本板硝子株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

日本板硝子株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)