株式会社石竹
イシタケ
2019

株式会社石竹

青果物流通総合商社/食料品
業種
商社(食料品)
本社
埼玉

私たちはこんな事業をしています

私たち株式会社石竹は、青果物流通総合商社として、市場流通段階での仲卸業務を担っています。小売店の仕入れを代行し、集荷機能、品質評価、価格形成、デリバリーまでをトータル運用し、青果物の安定供給に力を注いでいます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

青果物の適正価格を維持し、日本の食を支える重要な役割

あなたが野菜を買うとしたら、値段が安いほうがいいと思うことでしょう。しかし値段が安くなるということは、生産農家の収入も下がるということ。ですから“適正価格”を維持することが重要なのです。私たち石竹は、仲卸業として各青果市場から適正価格で仕入れ、適正価格でスーパーなどの小売店に販売する役割を担っています。もちろん市場は生きものですので、需給バランスの変化により、価格は上下します。天候不順で作物の収穫量が落ちたり、暑い夏は調理に時間のかかる根菜類の売れ行きが悪くなったり…。そんな市場環境の変化を読み取り、滞ることなく、売れ残ることなくマーケットを動かしていく。日本の食を支える重要な仕事です。

社風・風土

人が中心の会社。人材育成に注力し、個人も会社も成長していく

産地生産者の高齢化、JAの合併、卸売市場の統廃合、スーパーの統廃合、青果専門店の衰退、そして流通経路の複雑化。青果物流通の世界は、劇的な変化を遂げ、今後、さらに様変わりする可能性もあります。そんな中、着実に成長し、生き残っていくために、私たちは人材育成に力を注いでいます。たとえどんな時代が来ても、そこで戦うのは“人”だからです。入社後、10日間の基礎研修を経て現場に入り、先輩の指導のもと商品知識や業界のルール、そしてセリ人や小売店との交渉の仕方などを実践で学んでいきます。もちろんその他にも、社内外の研修に参加していただき、人間力を磨いてもらいます。石竹というフィールドで、大きく成長しませんか。

仕事内容

自分で価格を決めて、交渉を重ね、取引を成立させていく

仲卸は、青果市場と小売店の間に立ち、商品を流通させる役割ですが、小売店からの注文通りに市場から調達するといった単純な仕事ではありません。青果市場はすべての青果物を売り切りたいですし、小売店は必要なだけ、なるべく低価格で仕入れたいもの。ここのバランスをいかに保ち、整えるかは、あなたにお任せする商品担当の力にかかっています。全国各地の市場から品揃えや価格の情報を集め、小売店に足を運んでは“売れる価格”をキャッチする。セリ人や小売店と交渉を重ね、自ら価格を決めて取引を成立させる。コミュニケーション力やマーケティング力、リサーチ力など、すべての力を発揮して商売をするのが、石竹の商品担当なのです。

会社データ

事業内容 青果物流通総合商社
設立 昭和44年3月
資本金 3000万円
従業員数 158名
売上高 165億円(2013年1月期実績)
代表者 代表取締役社長 石井邦男
事業所 埼玉県さいたま市桜区桜田3-3-1 浦和市場内 
東京都板橋区高島平6-1-5
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)