株式会社どうとんぼり神座
ドウトンボリカムクラ
2019

株式会社どうとんぼり神座

KAMUKURA DiNiNG【食品/レストラン/フード】
業種
商社(食料品)
外食・レストラン・フードサービス/その他専門店・小売/その他サービス/食品
本社
奈良、大阪

私たちはこんな事業をしています

ラーメンレストラン「どうとんぼり神座」「KAMUKURA DiNiNG」「ギョウザキッチン」「チャーハンキッチン」「神座飲茶楼」をチェーン展開しています。
大阪・道頓堀に4坪9席の1号店を出店して以来、郊外型・カフェスタイル・アミューズメント施設との複合型・駅前型・フードコート型・サービスエリア型などさまざまなスタイルの出店を実現してきました。
今後は海外進出も視野に入れながら、さらなる出店を計画しています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

道がないならつくればいい。あなたの経営者へのMICHI.を。

経営者になる。漠然と、そう思っている方もいるのではないでしょうか。どうとんぼり神座・理想実業にくれば、その漠然としたものがより具体的になることでしょう。「ラーメンは儲かる」と一般に言われますが、ではそれがなぜ儲かるのか。数あるラーメン店の中から、どうして多くのお客様が神座を選んで下さるのか。そして、どうしてお客様は何度も私たちのお店に足を運んで下さるのか。どうとんぼり神座が1日2万食を売り、1店舗あたりの年商2億円を記録するほどの成功を収めた秘密を知れば、きっとあなたの経営者への道はひらけます。「道がないならつくればいい」と新たなチャレンジをしてきた私たちのもとで、経営者感覚を磨いて下さい。

事業優位性

連日、出店オファーが寄せられる。人材が育てばペースは上がる。

ラーメン店のイメージを覆す、スタイリッシュな店内。レストランテイストという新しいスタイルと、社長の布施が1年半かけて開発した秘伝のスープが口コミで広がり、現在では常に行列ができるお店として関東・関西で広く認知されてきつつある、どうとんぼり神座。お客様はもちろんのこと、その集客力にはショッピングモールや駅ナカの商業施設を運営する企業や海外からも注目が集まり、出店オファーも、連日のように寄せられる状態。しかしながら布施は「人材が育たぬうちは、無理な出店はしない」「儲かる条件でなければ出店しない」と、オファーを断ることもしばしばです。つまり人材が育てば、出店ペースを上げられるということでもあります。

社風・風土

みんな幸せになってほしいから設けた神座パートナーシップ制度

「どうとんぼり神座・理想実業で働く人はみんな家族。みんなに幸せになってもらいたい」とは、社長の布施が口ぐせのように語る言葉です。そんな布施が社員の幸せを願って設けたのが、独自の独立制度「神座パートナーシップ制度」。新規出店時に1株300万円からの「店舗株」を購入し、1店舗あたり3名以上の参加でシステムは成立。参加者には、年間純利益の30分の1が配当されます。単独で独立するより低リスクで、経営者感覚が磨けるこの制度は、「経営者感覚のある人材はどこでも通用する。そんな人材に育ってほしい」という布施の親心がこもったシステムと言えるでしょう。弊社なら、市場価値の高いビジネスパーソンを目指せます。

会社データ

事業内容 外食事業の世界展開。
『どうとんぼり神座(かむくら)』『KAMKURADiNiNG』『神座飲茶楼』『チャーハンキッチン』『餃子キッチン』
の直営展開。国内は東名阪を中心にドミナントでの全国展開、海外は香港、韓国に会社設立済み。目標は2040年に700店舗1000億円。
設立 1992年3月3日
資本金 3000万円
従業員数 正社員250名(その他693名/2017年3月現在)
売上高 70億円(2017年度実績)
代表者 代表取締役 布施正人

昭和24年鹿児島生まれ。首都圏のある有名ホテルでフレンチ担当シェフとして修行後に25歳で独立。人気洋食店を2店舗経営するオーナーシェフとなるが、さらに大きなスケールのビジネスを仕掛けたいという思いから、4坪9席の「神座1号店」を大阪はミナミ道頓堀にて開店。いきなり行列のできる有力店として注目される。独自の経営術と育成手法、利益構造を持つビジネススキームが業界全体からも話題を呼び、現在は経営者向けビジネスセミナーでも講演をこなす。社員の子供たちの名前さえ記憶する優しさは「皆が家族同然」と言い切るだけに、自然のことだと言う。
事業所 ■本部
奈良県北葛城郡広陵町安部453-7
■本社
大阪府大阪市西区北堀江2-4-14ミッドスクエア北堀江5F


■店舗
◎大阪
◎京都
◎奈良
◎兵庫
◎和歌山
◎愛知
◎東京
◎神奈川
◎千葉
→店舗情報http://www.kamukura.co.jp/shop.php
ズバリ、これが神座のポイント! 1)店長とは呼ばない、「プロデューサー」はまさに店舗経営の実権全てを掌握する
当社のプロデューサーは担当店舗の言わば最高経営責任者。売上や収益性などの数値管理は当然ながら、効率的なオペレーションが出来ているか?地域に対する広告宣伝を含めた営業戦略が正しく機能しているか?部下となる正社員、アルバイトなど身内も同然のメンバーの育成から心のケアまで店舗運営に関るあらゆる分野に意思決定と責任を持ちます。※意外とスーツ姿で勤務するプロデューサーが多いのも当社の特徴です。

2)道は用意しています、キャリアデザインはあなた自身が考えて行動するだけです
主任、マネージャー、プロデューサー職を経て直営店のSVを目指すのもいい。また、本部管理部門で現場の後方支援を“現場経験者だから理解できる”ことから実行することも可能。もちろん、現場を極めるならば経営参画制度をおおいに活用して、自らの手で店の経営権の一部、または全部を掌握していくことも出来ます(少し先の将来ですが)。一流の経営者を育てたい、これが当社社長の楽しみでもあるのです。

3)家族だからこそ、誰も欠かせない大事な一人ひとり。
社員は夢を共有する仲間であり、当社に集う大事な家族でもあります。もちろん、社員の家族も社員を支えてくれる大事な存在ですから、大切にします(だから子供さんの名前を社長も覚えてしまうのです!)。創業以来、継続して実施しているイベント「社員旅行」ではご家族も皆、招待して家族ぐるみの付き合いをしています。だからこそ結束も強くなるというもの。独身寮では、若い社員が集まって鍋パーティーをしたり、そこに社長が突然に飛び入り参加したりと、上司部下の関係だけでは語れない絆が生まれるのも当然といえます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)