東洋シール工業株式会社
トウヨウシールコウギョウ
2019
業種
タイヤ・ゴム製品
機械/自動車
本社
奈良

私たちはこんな事業をしています

自動車から電子電気機器、一般産業用機器、精密機器、事務機器までさまざまな分野で使われる、ベアリング(転がり軸受)。当社は、このベアリングに不可欠なゴム製シールを開発、生産、販売する専門メーカーです。1953年には量産化に成功し、さまざまな機器のコンパクト化に貢献。国内に2カ所の工場を設けるほか、海外にも3カ所の工場と2カ所の営業所を持ち、グローバル企業としての取り組みも積極的に行っています。
  

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

ベアリング用ゴムシールで国内トップクラスのシェア

私たちは、ベアリング用ゴムシールを開発、生産、販売する専門メーカーです。「ベアリング」は回転するあらゆる機械に使用されている部品で、車1台には約120個のベアリングが使われていると言われています。そのベアリングに装着され、耐久性に貢献しているのが、ゴムシール。当社はゴムシールの量産化を国内で初めて成功させ、業界でトップクラスのシェアを誇っています。とはいえゴムシール開発は、今でも世界レベルで競争が続いている世界。ゴムシールに要求される性能はますます高度化し、多様化しています。当社は日本を代表するベアリング用ゴムシールメーカーとして、日々技術の研究開発と研鑽に努めています。

戦略・ビジョン

グローバル展開を本格的に強化

ベアリング用ゴムシールは耐熱性・耐寒性・耐薬品性などに優れた製品です。自動車をはじめ、電子電気機器、一般産業機器、精密機器、事務機器など幅広い分野で不可欠な部品となっています。中でも売上の7割を占めるのが、自動車産業。近年、大手自動車メーカーの製造拠点や資材調達拠点は海外が中心ですが、そのような現状を踏まえて当社でも海外ネットワークを強化。インドネシア、ポーランド、中国に工場を構えるとともに、アメリカとイギリスに営業所を開設しています。ベアリング用ゴムシールの開発は今も現在進行形で、世界レベルで技術を競い合っています。グローバル展開を図る中で、さらなる技術革新に努めていきます。

仕事内容

チャレンジ精神あふれる若手社員が活躍中

自動車をはじめ、各種機器のコンパクト化、高性能化、高速化に伴い、ゴムシールへの要求は年々高度化しています。そんな中、活躍するのが柔軟な発想とアイデアで勝負する若手社員です。製品開発は、次世代のゴムシールを開発する仕事。これからは高性能かつ環境に配慮した製品が求められています。設備開発と生産技術が手がけるのはゴムシールを製造する設備機器の開発。さらなる効率化、省力化、低コスト化が求められています。そして、全体の製造工程を管理する製造管理。安全かつ安定的な企業活動に欠かせない重要なポストです。入社後は希望や選考に応じて各部署に配属。それぞれの道のスペシャリストを目指していただきます。

会社データ

事業内容 ベアリング用ゴム部品の開発・生産・販売
設立 昭和2年4月
資本金 3,600万円
従業員数 532名(平成28年12月現在)
売上高 46億円(平成28年3月実績)
代表者 西岡 秀起
事業所 <国内>
・本社工場
 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺南3-8-1
・葛城工場
 奈良県北葛城郡上牧町大字上牧1500番地
<海外>
・インドネシア工場
 PT.TOYO SEAL INDONESIA
・ポーランド工場
 TOYO SEAL POLAND Sp.zo.o
・中国工場
 東洋精密機械(蘇州)有限公司
ホームページ http://www.toyoseal.com/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)