生化学工業株式会社
セイカガクコウギョウ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

生化学工業株式会社

東証一部上場/製薬/医薬品/メーカー
  • 株式公開
  • OpenES
  • 正社員
業種
医薬品
医療機器/化学/その他製造/商社(医薬品)
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

■□ 複合糖質を中心とした医療用医薬品および医療機器等の製造・販売 □■

生化学工業は創薬領域における糖質科学の可能性が高まりつつある中で、
複合糖質とその関連分野に軸足をおいた研究開発を進めています。
クオリティー・オブ・ライフ(QOL)の向上に役立つ独創性の高い医薬品を、
優れた品質と安全性のもと世界に供給することを通して、さらなる企業価値の向上に挑戦します。

当社の魅力はここ!!

企業理念

「学問尊重」(研究開発重視)の理念

生化学工業の経営信条の筆頭には「学問尊重」という言葉が掲げられています。「生化学という新しい学問を基礎研究から育てていくことで新製品を開発し、人類福祉に貢献する」という創設者の想いが60年以上たった今でも私たちの根底に受け継がれているのです。生化学工業は得意分野である糖質科学に研究開発の焦点を合わせて、『グローバル・カテゴリー・ファーマ』として発展することを目指しています。糖質科学のフィールドは、まだ未解明なことが多く、新たな発見に出会えるチャンスが数多く残されている分野。いわば「開拓の余地を残した秘境」です。私たち生化学工業は、持ちうる学問を総動員し、この秘境に挑んでいます。

技術力・開発力

研究開発に最大限に注力・・・44% 27%  88%  数字の意味は?

この3つの数字の意味、気になりませんか?それぞれご説明していきましょう。「44%」・・・当社単体における研究開発要員の比率。社員の約半分が研究開発職で占められています。次に、「27%」・・・売上高のうち研究開発に当てる比率。研究開発重視の姿勢を保ち、研究開発に集中して向き合える環境があります。最後、「88%」・・・企業の安全性・健全性を示す指標である自己資本比率。財務体質が優れ安定した企業基盤を誇っています。これらの数字から分かるように、生化学工業株式会社は「研究開発型企業」として研究開発に最大限の注力をしており、情熱と向上心を持って研究開発業務に没頭したい方へ最高のステージをご用意しています。

社風・風土

この規模だから得られる個人裁量の大きさ。

社員一人ひとりが専門性を持ち、PDCAを繰り返しながら意欲的に研究開発に取り組んでいます。比較的若いうちから責任ある仕事をお任せし、自身で周りの人間を巻き込みながら担当業務を進めていくスタイルです。企業規模としては決して大きくはないですが、その分個々人の努力によってチャンスをつかめる可能性も高い環境であるといっても過言ではありません。また、和やかな雰囲気や先輩によるフォロー、抜群なチームワークを大切にしながら研究に向き合えることも大きな特徴です。様々な経験・個性を持った社員1人1人が問題意識を持ち、年齢やキャリアに関係なく活発に意見交換ができる環境、これこそ当社の魅力です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

・研究職(探索、非臨床)
・臨床開発職
・技術職(生産技術、品質保証、品質管理)
・管理部門職(人事、総務、経理、経営企画)

会社データ

経営理念 生化学工業は創業以来半世紀以上にわたり複合糖質分野における独創的な研究開発に取り組み、
糖質科学の発展と共に歩んできた医薬品メーカーです。
「独創・公正・夢と情熱」を経営綱領として掲げ、学問尊重の理念のもと、
世界の人々の健康で心豊かな生活(クオリティー・オブ・ライフ)の向上に
貢献する独創的な医薬品等の創製に取り組んでいます。
事業内容 ■□ 複合糖質を中心とした医療用医薬品および医療機器等の製造・販売 □■

私たちの事業の特徴として自社内に販売部門を持たず、研究開発と生産に集中するという
製薬企業としてはユニークなビジネスモデルを有しており、
継続的かつスピーディーな新薬開発を実現する体制を構築しています。
設立 1947年6月2日
資本金 38億4000万円
従業員数 687名/連結ベース(2017年3月31日現在)
研究開発 研究開発費比率:売上高の26.5%
研究開発要員数:社員の約3分の1
中央研究所・CMC研究所(東京都東大和市)を中枢拠点として、
国内外の大学や研究機関との共同研究も進めています。
主要製品 ■医療用医薬品(ヒアルロン酸製剤)
<関節機能改善剤>
アルツ関節注25mg、アルツディスポ関節注25mg、SUPARTZ、Gel-One
<眼科手術補助剤>
オペガン0.6、オペガン1.1、オペガンハイ0.4、オペガンハイ0.6、
オペガンハイ0.7、オペガンハイ0.85

■医療機器
<内視鏡用粘膜下注入材>ムコアップ

■医薬品原体
ヒアルロン酸ナトリウム、コンドロイチン硫酸ナトリウム

■エンドトキシン測定用試薬
Pyrochrome(パイロクロム)、エンドスペシー、トキシカラー
売上高 295億8900万円(2017年3月連結実績)
代表者 代表取締役社長 水谷建
売上構成 医薬品事業:81.6%
LAL事業:18.4%
事業所 【本社】東京都千代田区丸の内
【中央研究所・CMC研究所】東京都東大和市
【工場】神奈川県横須賀市、茨城県高萩市
沿革 1947年 故 渋沢敬三氏らの支援により設立
1950年 製薬事業の許可を得て、世界で初めてコンドロイチン硫酸の医薬品としての製造を開始
1957年 複合糖質研究のために「ムコ多糖体研究会」(現在の結合組織学会の前身)を発足
1960年 自社開発による研究用試薬の販売を開始
1981年 エンドトキシン比色定量試薬の販売を開始
1987年 ヒアルロン酸製剤「アルツ」、「オペガン」を発売
1989年 日本証券業協会の店頭市場(現:ジャスダック証券取引所)に株式を登録
1992年 スウェーデンで「アルツ」の販売を開始(世界17ヵ国で承認取得)
    (財)水谷糖質科学振興財団設立
1998年 ISO9001/EN46001認証取得
2001年 米国で「SUPARTZ」(「アルツディスポ」の米国での商標)の販売を開始
2004年 東京証券取引所市場第二部上場
2005年 東京証券取引所市場第一部指定
2007年 生化学バイオビジネス株式会社営業開始(機能化学品関連事業を分社化)
2012年 単回投与の関節機能改善剤「Gel-One」を米国で販売開始(2011年3月承認を取得)
     生化学バイオビジネス株式会社を吸収合併
2013年 東京都東大和市にCMC研究所を開設(中央研究所と同敷地内)
会社の自慢 ■当社のヒアルロン酸製剤である関節機能改善剤「アルツ」および眼科手術補助剤「オペガン」は
両製品ともに国内シェアNO.1

高齢者人口の増加が進むなかで、いずれもクオリティー・オブ・ライフの向上に役立つ製品
として医療現場から広く信頼を得ています。

また海外展開を積極的に推し進めており、海外売上高比率は37.3%と製薬企業の中でも
高い比率を誇っています。

連絡先

生化学工業株式会社
〒100-0005 
東京都千代田区丸の内一丁目6-1
丸の内センタービルディング10F
人事部人事グループ/採用担当
TEL:03-4588-6445
交通機関/JR「東京駅」丸の内北口
東京メトロ東西線「大手町駅」B2b出口直結
掲載開始:2018/03/01
この企業は、以下の特集で紹介されています
薬学部出身社員の働き方特集

生化学工業株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

生化学工業株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)