鈴鹿農業協同組合
スズカノウギョウキョウドウクミアイ
2019
業種
政府系・系統金融機関
地方銀行/信用金庫・信用組合・労働金庫/生命保険/共済
本社
三重

私たちはこんな事業をしています

JAは、相互扶助の精神のもとに農家の営農と生活を守り高め、
よりよい社会を築くことを目的に組織された協同組合です。

JA鈴鹿は、営農や生活の指導をするほか、生産資材・生活資材の共同購入や農畜産物の共同販売、
貯金の受け入れ、農業生産資金や生活資金の貸し付け、農業生産や生活に必要な共同利用施設の設置、
あるいは万一の場合に備える共済等の事業や活動を行い、ゆめのある地域づくりに貢献します。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

私たちは農家=個人(ヒト)を支える。常に人々の近くにいます。

JAの金融事業で特徴的なのは、利用者が組合員に限られること。これは正式名称「農業協同組合」が示す通り、私たちが農家の営農と生活支援を目的とした組織であるからです。現在は農家に限らず地域の方にも利用いただいていますが、企業ではなく農家という「個人」を支えるため発展してきた点は今も大きな強み。たとえば自動車ローンは、購入だけでなく車検・修理費用も対象としています。なぜなら、ごく普通の庶民にとっては思いがけない修理費だって手痛い出費。そんな時こそ助けてくれる金融機関が必要です。人々の営みを見つめ続けてきたからこそ開発できる金融サービスを、私たちはこれからも大切にしてゆきます。

戦略・ビジョン

ゆめのある地域づくりに貢献します

自然豊かな、JA鈴鹿管内。特産品の伊勢茶、花木やカラーリーフなど花卉、そして米・麦・大豆。さらにトマト、ホウレンソウ、ハクサイ、ナバナなど野菜類は、年間を通じ供給可能です。こうした様々な作物の栽培に関し、専門的なアドバイスを求められるのが指導事業。施肥・防除など最新技術・知識の導入が求められる一方、在来農法などベテラン農家が持つ知恵の共有も、現代農業の発展には欠かせません。でも最も重要なのは知識や技術以上に、生産者の気持ちに寄り添い、共に農業を守り育てる姿勢。ベテラン農家の事業拡大サポートから、新規就農者の資金・農地調達を支援できるのもJAならでは。私たちが築くのは、鈴鹿の豊かな農業と食生活です。

事業・商品の特徴

モノではなく、あなた自身が商品。そういう営業姿勢です。

営業と聞いてまず思い浮かぶのは、何か「モノ」を売る仕事かもしれません。けれど、私たちの営業はカタチある商品ではありません。確かに、金融はお金というモノを扱う仕事です。でも同じ1万円であっても、それは炎天下の畑で収穫したトマトの売上かもしれないし、夢のマイホームを手に入れるための積立かもしれない。たとえ通貨としての価値は同じでも、それが持つ意味は人によって異ります。お金の後ろにはすべて人の思いがあるのです。その思いに寄り添い、一つとして同じもののない「その人の人生」のパートナーとなる。私たちの事業において商品は何か強いて言えば、パートナーとして認められるかどうか、見定められるあなた自身なのです。

会社データ

主な事業内容 ●指導事業
水田戦略作物の生産振興に取り組むとともに、新規就農者や規模拡大に取り組む
意欲的な生産者に対する経営支援を行うとともに、
農業者の経営安定に向けた総合支援策を実施し地域農業の維持発展に努めます。

●農業経営事業
学校給食の地元産農産物の使用率向上に向けて、主要品目を生産するとともに、
振興作物として位置づけた白ネギや加工用白菜、カボチャの生産を行います。
また、新規就農希望者へ栽培技術の習得支援を行い、担い手の育成・確保に取り組みます。
 
●販売事業
組合員が生産した農畜産物を一括して集荷、販売します。
農家の収入安定化に貢献するとともに、
市場に対し高品質で安定した商品の供給も担っています。

●購買事業
営農に必要な生産資材から、食料品など組合員の日常生活に必要な生活資材まで、
共同購入により、できるだけ良い品を、より安く、安定して提供します。

●開発事業
遊休地の活用などを通じ、組合員の資産形成を支援するとともに、
活気ある地域づくりにも貢献している事業です。
 
●利用事業
個人では所有できない大規模な施設を、共同で設置・利用する事業です。
農家が収穫した後の米麦を共同で乾燥調整するカントリーエレベーターや水稲育苗施設、
葬祭ホール、温泉施設、農産物加工施設などがあります。

●信用事業
「JAバンク」の愛称で親しまれる、金融機関業務を行う事業です。
既取引先や新規取引先への訪問活動により、安定的な顧客基盤の形成に取り組むとともに、
相談機能の充実を図っています。
JAバンクとは全国に民間最大級の店舗網を展開しているJAバンク会員で構成するグループの名称です。
JAバンクはグループ全体のネットワークと総合力で、地域の皆さまに、より身近で便利、そして安心なメインバンクとなることを目指しています。

●共済事業
いわゆる「保険商品」を提供する事業です。
生命共済・医療共済・建物更生共済・自動車共済など、
「JA共済」を中心に、安心して暮らすために必要な共済や保険を幅広く提案しています。
JA共済は、相互扶助(助け合い)の事業理念に基づき、JAとJA共済連が一体となって、
組合員・利用者の皆さまの生活を取り巻くさまざまなリスクに備える、
「ひと・いえ・くるまの総合保障」を提供しています。
設立 1989年4月1日

◎2018年度は、記念行事や記念商品など「(合併)30周年記念のイベント」を計画しています。
出資金 16億3,736万円
従業員数 441名(正職員/368名、臨時職員/73名)
※うち男性職員220名女性職員221名
事業実績 2017年3月末実績
組合員数/24,899人(うち法人・団体130)
貯金残高/3,958億円
貸出金残高/523億円
販売品取扱高/56億円
購買品供給高/37億円 
代表者 代表理事 組合長 谷口俊二
事業所 ●本店
三重県鈴鹿市地子町1268

〇支店・出張所
鈴鹿市内及び亀山市内に31支店・4出張所

●その他施設
・土壌診断施設
・水稲育苗施設
・野菜集出荷場
・植木事業所
・ファーマーズマーケット果菜彩/3店舗
・カントリーエレベーター、ライスセンター/4施設
・食彩工房味夢~みらい~(農産物加工施設)
・整備センター(農業機械・自動車 修理、車検、販売)
・西部営農・資材センター
・配送センター
・虹のホール鈴鹿(葬祭ホール)
・鈴鹿さつき温泉
・ローンセンター
・資産情報センター(不動産等)
・事故サービスセンター(自動車共済)          
                               他
JA鈴鹿とは JA鈴鹿は1989年(平成元年)4月1日に、鈴鹿市と亀山市の7JAが合併して誕生しました。
「JAバンク」や「JA共済」などの金融サービスの他、肥料などの生産資材や農産物の出荷、共同利用施設の運営など「農」を中心とした事業展開を行います。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)