大分みらい信用金庫
オオイタミライシンヨウキンコ
2019
業種
信用金庫・信用組合・労働金庫
本社
大分

私たちはこんな事業をしています

信用金庫法に基づく金融業務全般

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

【変えていくべきもの、変えてはならないもの】

みらいしんきんでは全職員が経営と向き合う「参画(さんかく)経営」が伝統となっており、近年では若手職員によるプロジェクト活動「みらいブランドプロジェクト」によって、みらいブランド=“しんきんかん”という答えを導き出しました。さらに、地元大学と連携して「地域イノベーション研究会」を発足。大学の研究成果と当金庫が持つ地場産業のデータを活用することで、イノベーションが地域社会に与える影響や活性化策を議論し、地域社会へ貢献することを目指しています。お客様のニーズを汲み取り、時代に沿った施策を行う…その全ては「地域のお客様に心から喜んで頂く」ため。常に行動と挑戦を続け、地域(大分)の未来を創っていきます!

魅力的な人材

【MIRAIならではの研修が充実!キャリアアップを徹底サポート】

『信用金庫というと、なんだかお堅いイメージがあって…』『専門の知識は持っていない…』と不安になる方も多いのですが、みらいしんきんでは採用にあたり、知識やスキルは問いません。なぜなら「確実に成長できる」研修が充実しているから!他金融機関と比べても、当金庫の研修は実に多彩。新人研修はもちろんのこと、信用金庫協会や大分県産業創造機構など、外部への派遣研修等も行っています。また、約70コースの通信教育制度もご用意。キャリアアップを徹底サポートします。自己啓発の場として『みらい大学』も開講中。のびのびと、自分らしく成長して欲しい…自分のスキルが日々磨かれていく、そんな喜びが待っています!

社風・風土

【女性が活躍!働きやすい職場環境が整っています】

平成26年度より、女性職員4名からなる『ライフサポートチーム』を新設しました。個人のお客さまのさまざまなニーズやご相談によりきめ細かくお応えできるよう、各支店の窓口係との同行サポートを通じ、お客さま一人ひとりのライフプランにあった『年金』や『預かり資産』等のご提案活動を行っています。また、女性が働き易い職場環境も整っており、産休・育休の取得率は100%となっています。その他、休日・休暇については、土・日曜、祝祭日、年末年始4日間に加え、長期連続休暇(9日間)、有給休暇(最高20日間)、慶弔休暇、特別休暇、介護休業、リフレッシュ休暇等があります。

会社データ

事業内容 信用金庫法に基づく金融業務全般
設立 1922年4月12日
出資金 14億25百万円(2017年3月末現在)
預金量 3,743億円(2017年3月末実績)
貸出金 1,912億円(2017年3月末実績)
自己資本比率 13.88%(2017年3月末実績)
役職員数 439名(2017年3月末現在)
平均年齢 41.0歳(2017年3月末現在)
代表者 理事長 関 啓二
本社所在地 〒874-8639 大分県別府市駅前本町1-31
事業所 【店舗数33店舗】
別府市/12店舗 大分市/11店舗 中津市/5店舗 宇佐市/1店舗 豊後高田市/1店舗
由布市/2店舗 日出町/1店舗
子会社 (株)べっしん綜合サービス
経営理念 「この地域(まち)に根ざし、未来(あす)を拓く」

信用金庫は、地域の人々が相互扶助の精神で設立した地域社会や地域の人々のための金融機関です。地域の発展に貢献し、豊かな生活づくりに奉仕することが私たちの使命です。
みらい宣言 信用金庫だから、地域の人々の希望と信頼にお応えします。
信用金庫だから、チャレンジする起業家を応援します。
信用金庫だから、世界に学び、地域の明日を担います。
信用金庫だから、誇り高くいきいきした職場をつくります。
信用金庫だから、地域と共に生き続けます。
事業の特色 業務そのものは銀行と変わりませんが、株式会社組織(利潤追求)の銀行とはそもそも生い立ちが違い、地域社会への利益還元が最優先されます。
銀行が綜合病院なら、信用金庫は言わばホームドクターのようなもの。いつもそばにいるかかりつけのお医者さんのように、地域の企業や家庭の健康状態をしっかり把握して、正しい判断を下します。
ビジョン 信用金庫は、相互扶助、非営利の協同組織金融機関です。
信用金庫には1.「中小企業の健全な発展」2.「豊かな国民生活の実現」3.「地域社会繁栄への奉仕」という3つのビジョンがあります。このビジョンを当金庫では経営理念である「この地域(まち)に根ざし、未来(あす)を拓く」という言葉に込めています。
この理念を実現するための経営の方針として、全職員参加の「参画経営」を目指しています。また、それを実践していく手法として「絆の強化」「お客さま目線」「スピード」を徹底するよう努力しています。
そして、お客さまに「ふれあい満足」「お役立ち満足」「安心満足」の3つの満足が提供でき、同時に職員は「お客さまから感謝され、生きがいを感じられる金庫」「お互いに頑張ったことを認め合える金庫」「家族や友人に誇れる金庫」創りを目指しています。
シンボルマーク 大正11年に創業した大分みらい信用金庫(みらいしんきん)のシンボルマークは、MIRAIの「M」をモチーフに、お客様と取引先、職員が共に手をとり深く結びつくさまと、大分の豊かな自然を組み合わせてシンボライズしています。右上に伸びたフォルムは地域の発展性とみらいしんきんの先進性を意味し、地域に暮らす人々や、地域で活動している企業との密接な関係を通して大分のみらいを考え、共に生きる「大分みらい信用金庫」の理念を表現しています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)