エバークリーン株式会社
エバークリーン
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

エバークリーン株式会社

【環境ビジネス/リサイクル/産業廃棄物処理/資源循環】
  • OpenES
  • 正社員
業種
石油・石炭
商社(化学製品)/コンサルタント・専門コンサルタント/メンテナンス・清掃事業/その他サービス
本社
東京
残り採用予定数
10名(更新日:2018/06/01)

私たちはこんな事業をしています

★★産業廃棄物業界の革命企業!環境ビジネスを展開!★★

昨日のごみを明日の資源に…
そんな思いを胸に、当社は廃棄物のリサイクルを主として行っております。

未来に向けた環境保全活動を持続させるため、主力製品である
再生重油を土台にして新たなステージに進むことが
必要不可欠です。
環境保全のため共に歩む気持ちのある方をお待ちしております。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

技術とノウハウを世界へ発信!地球全体の環境改善に貢献します。

産業廃棄物の排出事業者責任が徹底されてきたことで、処理委託先となる認可事業者への注目は高まる一方です。また、平成12年の「循環型社会形成推進基本法」の施行も追い風となって、環境ビジネス、リサイクル業界の成長は加速を続けています。激動の業界において、次々と新たな取り組みを打ち出すのが社長加藤栄作。「当社は、「確かな信頼性、積極的な環境活動、高い技術力」という3つの安心を掲げ、 全社員が真摯に業務に取り組んでいます。さらなる成長の可能性を秘めたわが社は、必ずやより一層社会から必要とされる存在になっていくと確信しています。事業を拡大して、地球全体の環境改善にも貢献していきたいですね」

企業理念

未来の地球のために、未来の私たちのために・・・

当社は1973年の創業以来、「絶対に環境によくないことはしない」という理念のもと、環境ビジネスに取り組んできました。リーディングカンパニーとして、顧客先への廃棄物の適正処理の徹底と廃棄物処理に対する正しい理解を促すとともに、廃棄物処理業者の社会的地位向上に向けて、全従業員への挨拶・美化・身だしなみ・時間厳守の基本の徹底や、自らが率先して環境経営に取り組み、業界のイメージアップにも努めています。「私たちの育ったこの素晴らしい地球を、本来の姿で次世代にしっかりと残していくために、地球を想う「思いやりの心」を、すべての従業員の心に育むこと、そして、この想いを世界中に広げていくこと」を目指しています。

技術力・開発力

独自の技術で、様々な廃棄物のリサイクル方法の確立に成功!

独自の技術と回収網を駆使して、これまで困難とされている廃棄物のリサイクルシステムの更なる確立を目指しております。例えば、回収されることなく放流されていたロングライフクーラント液(LLC)からエチレングリコールを回収するマテリアルリサイクルシステムの事業化に成功しました(2008年資源循環技術・システム表彰受賞)。廃棄物となった資源を再び市場に還流する技術開発力は、高い評価を得ています。また、PCBの分析業務の事業も順調に拡大しており、今後も次世代を見越して環境への優しさを追求するべく、新たな技術開発に向けて積極的なチャレンジを続けます!

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

☆☆【総合職】当社の基幹を担う管理職候補生☆☆

成長市場であり競争の場でもあります環境ビジネス分野の中で、
会社組織の基幹部分を担う人財として、総合職という形で各種の業務を行っていただきます。
その中で、ジョブローテーション等を積極的に取り入れ、広く知識を身につけキャリアアップをしていただき、
将来的には当社の基幹を担う管理職・幹部社員へと成長を遂げていただきます。

会社データ

事業内容 当社では廃棄物を回収し自社工場でリサイクル後、製品として販売しています。
また、新たな廃棄物のリサイクル方法の研究開発も行っております。

☆主要事業☆
◆産業廃棄物処理業
当社では東北地方から関東甲信越、東海地方の一部の本州地域において、
皆さんご存じの主要な自動車メーカー・販社や整備工場、各種製造工場、諸官庁から産業廃棄物(廃潤滑油・金属くず他)を全て自社にて回収を行っており、その回収した廃棄物を当社所有のプラントにてプラントにてリサイクルを行っております。

◆リサイクル製品の販売
当社自社工場にて廃棄物をリサイクルし製品として販売を行っております、
主要製品である再生重油は燃料として各種製造業へ販売し、再生エチレングリコールは原料としてメーカーへ販売しリサイクル品として生まれ変わります。
回収網だけでなく、販売先の拡大にも力を入れ、安定的な売上確保にもつなげております。

☆その他の事業☆
◆一般廃棄物処理業
野田市より委託され産業廃棄物だけでなく一般廃棄物の収集運搬・処理も行っております。

◆機密文書の出張抹消サービス
機密漏えい防止と紙資源のリサイクルの観点から、
抹消機器搭載車で直接お客様のところへ出向き、重要文書の抹消作業を行ないます。

◆研究開発
当社の事業拡大の一端を担う分野でもあるため、新たな廃棄物のリサイクル方法の
研究開発を行なっております。
既存のリサイクル製品の更なる付加価値を目指し、日夜研究に励んでおります。


産業廃棄物は日々発生し、また、今後も発生し続けるものです。
つまり、産業廃棄物を回収・リサイクルするという当社の仕事はなくなることがありません。
回収品目の増加やリサイクル製品の開発など将来的な変化にも十分対応できるよう、
成長しております。
安定性と将来性その二つを両立することで当社はこれまで事業を拡大できたと自負しております。
設立 1978年4月12日 (1973年5月創業)
資本金 8000万円
従業員数 219名(2018年1月末)
売上高 27億5866万円(2016年3月期実績)
代表者 代表取締役 社長 加藤 栄作
社長メッセージ 2015年後半からの原油価格の歴史的な大暴落という困難を乗り切り、業績の回復とともに、
当社が再び地球環境の保全という大きな目標に向かって前進していくために、
改めて当社の基幹となる人財の更なる確保が不可欠と判断いたしました。
逆境を乗り越え新施設の稼働や安全へのより一層の取り組み等、立て直しを図る中で
会社とともに成長し、一段と太く強い会社の構築を目指し、ともに歩む気持ちのある方を
お待ちしております。

説明会や選考過程において、皆さんとお会いできることを楽しみにしております。
ぜひ説明会・選考にお越しください。
事業所 本社:東京都千代田区丸の内

北関東カンパニー・CSセンター:千葉県野田市

南関東カンパニー:神奈川県平塚市

東北カンパニー:岩手県北上市
取得許認可 産業廃棄物処分業(千葉県・神奈川県、岩手県)

特別管理産業廃棄物処分業(岩手県)

産業廃棄物収集運搬業
(東北、関東、甲信越、東海の一部 の都府県)

特別管理産業廃棄物収集運搬業
(東北、関東、甲信越、東海の一部 の都府県)

一般廃棄物処理業(野田市 処分・収集運搬)

破砕業許可(千葉県)

廃棄物再生事業者登録  etc.
主要取引先 ◆自動車関連会社(ディーラー・整備工場・カーショップ等)

◆重機・農機関連会社(ディーラー・整備工場・カーショップ等)

◆ガソリンスタンド

◆自治体・警察・消防・自衛隊 等 諸官庁

◆独立行政法人・郵便・JA 等 準公的機関

◆JR・私鉄各社・バス・タクシー等 各種運輸・運送系列会社

◆その他 各種製造工場 他  
主要取引銀行 ◆千葉銀行
◆三菱UFJ銀行
沿革 1973年05月 千葉県野田市に関東汚泥処理センターを設立
1976年03月 ロータリーキルン式焼却炉を設置
1978年04月 資本金1,000万円をもって、
      株式会社関東汚泥処理センターを設立
1978年09月 千葉県より法人に対する汚泥、廃油の中間処理の許可を受ける
1978年12月 千葉県産業廃棄物処理業協会が設立され理事に就任
1979年05月 汚泥焼却処理工場を増設
1980年04月 再生重油の精製販売業務部門を開設
1981年03月 再生重油の精製設備及び工場拡大
1983年12月 全国産業廃棄物連合会特別会員
1984年12月 業務拡大にともない、社名を関東オイル株式会社と改称
1989年04月 汚泥脱水施設を設置
1991年10月 再生重油精製新工場、落成
1994年03月 新工場に付帯する水処理施設完成
1995年11月 廃油の蒸留施設を設置
1996年05月 神奈川支店開設
1998年08月 神奈川支店
              流動床式焼却炉及び付帯する水処理施設、
              再生重油の精製設備を設置
1998年08月 神奈川県より法人に対する汚泥、廃油の中間処理の許可を受ける
1998年10月 業務拡大にともない社名を関東環境サービス株式会社と改称
1998年10月 再生油販売部門を関東オイル株式会社として設立
1998年10月 関東エバークリーン株式会社設立
1999年11月 野田本社 流動床式焼却炉を設置
2000年02月 神奈川支店 廃油の蒸留施設を設置
2001年06月 関東エバークリーン圧縮施設、混合施設、
      圧縮洗浄施設、蒸留施設を設置する
2001年11月 エバークリーンプロジェクト発足
2002年06月 神奈川支店 汚泥脱水施設を設置
2003年07月 業務拡大にともない社名を
      「関東環境サービス株式会社」より
      「エバークリーン株式会社」と改称
2004年03月 東京本部開設
2005年04月 合併により、東京本部を本社、本社を千葉支店、
      「関東エバークリーン(株)」を
      「エバークリーン(株)千葉リサイクルセンター」に改称
2005年10月 関東オイル(株)より再生油販売業務をエバークリーン(株)に移行
2006年07月 千葉県より廃棄物再生事業者として登録認定
2008年07月 東北支店開設
2009年04月 本社・千葉支店を同一拠点に移転
2009年04月 千葉リサイクルセンターを千葉支店に統合
2009年11月 R&Dセンター開設
2009年11月 R&Dセンター 環境計量証明事業開始
2010年03月 環境配慮の観点より焼却施設の全面操業停止
2010年04月 千葉県野田市より
      一般廃棄物処理業(収集・運搬)の許可を受ける
2011年 5月 関西支店開設
2013年 4月 本社を東京都千代田区へ移転
2013年11月 事業再構築による一部拠点及び一部事業の見直し関西支店閉鎖
2015年 6月 千葉支店工場 全面再開
2016年9月  CSセンター開設
2016年11月 南関東カンパニー ISO14001:2015取得
2017年7月  北関東カンパニー ISO14001:2015取得
2017年11月 東北カンパニー ISO14001:2015取得
2017年12月 本社・CSセンター ISO14001:2015取得

連絡先

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 エバークリーン株式会社
  
  〒100-0005
   東京都千代田区丸の内二丁目3番2号 郵船ビル
   TEL:03-6256-0460
   管理チーム 新卒採用担当
  e-mail:ec@everclean.jp
  
  URL:http://www.everclean.jp/

  自社HPでは、当社のビジネスについて
  さらに詳しく紹介しております。
  
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
掲載開始:2018/03/01

エバークリーン株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

エバークリーン株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)