エムエムエスマンションマネージメントサービス株式会社
エムエムエスマンションマネージメントサービス
2019

エムエムエスマンションマネージメントサービス株式会社

不動産総合管理業/分譲マンション受託事業
業種
不動産
コンサルタント・専門コンサルタント/住宅/建築設計
本社
北海道、東京

私たちはこんな事業をしています

●不動産総合管理●
分譲マンションの管理を主体に、賃貸マンション、ビル、公共施設など様々な不動産を管理しています。

日々の生活を安全、快適に過ごしていただくために、お客様のニーズにお応えし、あらゆるサポートをしています。
・建物・設備の日常の維持、管理
・管理組合の運営支援

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

たくさんの人々の暮らしを見守り、頼りにされる存在。

マンションやビル、公共施設…。これらの建物を皆さんが日々快適に利用できるのは、私たちのような不動産を管理する仕事があるからです。私たちMMSは、不動産総合管理会社。設備の修繕や管理組合の運営サポートなど、建物を維持するための様々なサービスを提供したり、入居後のライフサポートを行っています。そんな当社の特徴は、デベロッパーなどの親会社を持たない独立系企業であること。親会社の方針に左右されることがないので、幅広い種類の建物に対して、低コストで質の高いサービスをご提供することができるのです。おかげさまで、北海道内のマンション管理シェアNo.1。実に道内の約4割の分譲マンションを当社が管理しています。

事業優位性

私たちは、“住まいのコンサルタント”です。

不動産管理というと、建物に常駐する仕事をイメージする方もいるかもしれませんが、それだけではありません。複数の物件を担当し、生活の中で起こる様々な問題に対して、解決策を提案する。それが、私たちの仕事です。たとえば、共用部の電気料金を削減したい、災害への備えを強化したい…。そういったお客様の声に耳を傾け、建築、設備、法務、財務の知識を駆使してサポートする。私たちの仕事は、いわば“住まいのコンサルタント”と言えるのです。しかも当社には、若手にも責任ある仕事を任せる風土があります。若手のうちから多くの物件に携わり、お客様と向き合っていく。そんな実務を通じて「成長」できる環境が、当社にはあります。

会社データ

事業内容 不動産総合管理、大規模修繕工事の企画立案・設計・施工監理、オフィス・店舗ビル経営、保険代理業、その他(入居者向け物販、広報誌発行等)

■ 「生活総合関連企業」をキーワードに、主に分譲マンションを総合的に管理しています。そして居住者の方々に、日々の生活を安全・快適に過ごしていただくため、あらゆるサポートをしています。

事業の特色 本業である総合受託管理の幅も、賃貸マンションやオフィスビル、公共施設などさまざまな分野へと広がっています。
また、管理業に加え、総合ライフサポートとして、入居者の生活に役立つ商品やサービスの販売、年4回の広報誌発行による情報発信など付加価値サービスの提供も行っています。
さらに、2001年12月、新たに札幌本社ビルを取得し、ビル経営業にも参入しています。
当社では2017年3月の時点で856組合54,548戸の物件を管理しており、ここに住まう人々の「快適なマンションライフ」を実現していくために、さまざまな事業に取り組んでおります。

また、直属の上司や社長との距離が近く、同じフロアで直接学ぶことが出来ます。基本のマンション管理以外にも、それぞれの個性・適性を活かして行う仕事もあり、誰でも活躍できる環境があります。


■「独立系管理会社」
当社は、この業界にありがちな大手デベロッパーの関連企業ではなく「独立系管理会社」として設立した企業です。昨年で30周年を迎え、独自のノウハウとシステムにより、質の高い管理委託をリーズナブルに引き受け、お客様に安心・安全で快適な暮らしを提供しています。

■「自前主義」
当社では、清掃や管理業務を下請け業者に丸投げせず、自前で人員を養成し、教育を行うとともに、マンション管理に欠かせない点検業務や物品販売をグループ会社で行うことでお客様に確実なサービス品質をご提供しています。

■「付加価値サービス」
当社では、マンション入居者の方々の生活を、より多彩なものにする為の様々なサービスを提供しています。そのうちの一つが、広報誌smile21の発行。マンション管理会社ならではの情報が満載のsmile21を年4回、マンション入居者へ無料配布しています。

■「全国展開」  
2003年11月に東京の拠点として虎ノ門に本社を設けて以来、全国展開を進めています。2016年には広島にも新たに支店を設置し、複合施設の管理を開始するなど新たな動きもございます。北海道に根差した管理を行うとともに全国展開も進めてまいります。

■北海道の観光のシンボル「札幌市時計台」を管理
2014年4月から4年間、国の重要文化財である「札幌市時計台」の指定管理者に選定され、管理を開始しました。これまでに培ったマンション管理のノウハウを活かし、館内外照明のLED化による電力節減の提案や、年越しコンサートの開催、クラーク坐像の設置等、を行ってまいりました。その実績が認められ、2018年4月から5年間、引き続き管理を担うこととなりました。これからも新たな「札幌市時計台」の可能性を見出していきます。
設立 1986年12月
資本金 2000万円
代表者 代表取締役社長 堂守貴志
従業員数 1,262名(グループ会社社員、パート・嘱託社員含む)
事業所 本社/札幌・東京
支店/小樽・旭川・苫小牧・函館・道東・秋田・東北・新潟・広島
事業所/帯広・空知・岩見沢・北見・江別・千歳・福岡
売上高 売上高

39億円(2013年3月期)
47億円(2014年3月期)
46億円(2015年3月期)
43億円(2016年3月期)
42億円(2017年3月期)

経常利益 

3億6400万円(2013年3月期)
3億4500万円(2014年3月期)
3億5800万円(2015年3月期)
3億5500万円(2016年3月期)
3億9800万円(2017年3月期)

●分譲マンション管理数は856組合約54000戸(2017年3月期)。この実績は北海道トップクラス、全国第20位。独立系だけを抽出すれば全国第3位に位置しています。

関連会社 北海道メディカルサービス、防災設備サービス、北海道サービス、クローバー・マネジメント、NIPPOファシリティーズ
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)