株式会社ニチダイ
ニチダイ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社ニチダイ

≪東証JASDAQ上場≫
  • 株式公開
  • OpenES
  • 正社員
業種
機械
自動車/精密機器/重電・産業用電気機器/金属製品
本社
京都

私たちはこんな事業をしています

鍛造ってご存知ですか?
鍛造とは、金属に力を加えることにより、目的の形に成形する加工方法です。

鍛造技術は、車の生産に必要不可欠な技術であり、
当社は国内トップクラスのシェアを誇る、精密鍛造金型メーカーです。

金型を主とした『ネットシェイプ事業』が中核ですが、その他にも『アッセンブリ事業』や、
世界トップクラスのシェアの『フィルタ事業』があり、
当社の技術が世界中のものづくりを支えています!

当社の魅力はここ!!

事業優位性

世界中の自動車を支えるニチダイの“鍛造技術”

当社がメインで手がけているのは自動車部品づくりに欠かせない冷間鍛造金型。非常にニッチな業界ではありますが、国内トップクラスのシェアを誇っているニッチトップ企業です!国内外の自動車メーカーや部品メーカーに冷間鍛造金型や鍛造品を届けており、複雑なカタチの部品でも少ない工程で成形できる当社のネットシェイプ鍛造技術は、まさに他社の追随を許さない技術です。また、当社では鍛造に関するトータルソリューションの提供を掲げており、金型だけを製作する金型メーカーとは異なり、創業当初より、金型の設計・開発段階からかかわってきました。さらに、研究開発、部品の量産代行まで、お客様の幅広いニーズに応えています。

技術力・開発力

出来ないをブレークスルーしていく開発力

金属の成形方法には、鍛造以外に鋳造や、切削などの方法もありますが、鍛造の優れた点は工程が少なくローコストで成形が可能であること。さらに「叩く」ことで金属の結晶を整え、強度も高めることができるのです。従来では複雑な形状の成形は難しかったのですが、当社が開発した技術によりネットシェイプ化してきた成形品も数多くあります。現在も『中空工法』や『厚板増肉技術』の開発を進めており、自動車の軽量化・低燃費化につながる中空長軸部品や、ローター部品などの技術開発を推進しています。これらは次世代自動車や小型発電機の開発につながる技術。常に最先端の技術開発に取り組み、新時代を切り拓くのがニチダイです!

社風・風土

社員同士の一体感、協調性

社員同士の仲が良いことも当社の魅力のひとつ!ボウリング大会や納涼会など、社内イベントでの交流はもちろん、硬式野球部が全国大会に出場した際には、会社を臨時休業にし、全社一丸となって応援に駆けつけるなど、非常に仲の良い人間関係があります。工場見学等で会社にお越しいただく機会があれば、雰囲気を感じていただければと思います。仕事は一人で行えるものばかりではなく、チームワークを発揮しなければいけない局面も多々あります。当社では、創業以来、社員同士の一体感や協調性を大切にし、事業を行っています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

「技術開発・設計職」…
自動車部品メーカーを中心としたお客様の工法・設備に合わせた、
精密鍛造金型の開発・設計・解析業務(CADを用いた設計や、CAE解析等)、
また生産技術・工法の開発にも携わっていただきます。

将来的には、海外の取引先への技術支援やお客様との共同開発など、
幅広い活躍をしていただけます。
また、学会への出席など、最先端技術を追求できます。

※詳しくは先輩社員ページをご覧ください。

会社データ

事業内容 ■ネットシェイプ事業…
 精密鍛造金型の開発・製造・販売
 精密鍛造品の開発・製造・販売

■アッセンブリ事業…
 精密部品の組立及び開発・製造・販売

■フィルタ事業…
 各種ろ過装置及び金属ろ過材料の開発・製造・販売
 各種焼結金属の開発・製造・販売
設立 1967年5月1日(創業/1959年5月5日)
資本金 14億2,992万円(2017年3月31日現在)
従業員数 663名(連結) 376名(単独) 
※2017年3月31日現在
売上高 141億4,700万円(連結) 
※2017年3月期
代表者 代表取締役社長 古屋元伸
本社所在地 〒610-0341 京都府京田辺市薪北町田13
事業所 本社・京田辺工場/京都府京田辺市
宇治田原工場/京都府綴喜郡宇治田原町
営業所/熊谷、浜松、名古屋、京都、岡山、熊本
関連会社 ニチダイフィルタ(株)
THAI SINTERED MESH CO., LTD.
NICHIDAI(THAILAND)LTD.
NICHIDAI ASIA CO., LTD.
NICHIDAI U.S.A. CORPORATION
当社の3つの事業領域 【ネットシェイプ事業】
常温・プレス加工のみで部品成形を行うネットシェイプ鍛造に用いられる
「精密鍛造金型」の開発・製造に取り組んでいます。
ネットシェイプ鍛造とは、削らず熱を加えず複雑形状の部品を
成形できる理想の加工法。
切削による仕上げ後加工なしで高精度の最終製品形状を成形できるのです。
今まで、切削や鋳造、溶接などでしか作れなかった複雑な形状の製品を
ネットシェイプ鍛造に工法置換することによって、
省資源、省エネルギー、高強度、生産性向上を実現することに成功しました。
この技術は主にエンジン、トランスミッション、駆動系などの自動車部品の
生産に使用され、当社はこの分野でトップクラスの技術力を持っています。
長年培ってきた技術とノウハウで、あらゆる成形品のネットシェイプ化を
目指しています!

【アッセンブリ事業】
独自の技術により、環境規制強化に対応した
ガソリン車やディーゼルエンジン車に搭載されている、
精密部品(ターボチャージャー部品等)の組立などを行っています。
組立を行うだけではなく、新素材、新工法にも積極的にチャレンジし、
新たな技術の確立を進めています。

【フィルタ事業】
独自技術によりステンレスの金網を拡散接合(焼結)させた
積層焼結金網フィルターの製造・販売を行っています。
飲料をはじめとして食品産業から化学品業界、そして航空宇宙産業に
至るまで、お客様の多様なニーズに対して「一品一様」のものづくりを展開。
耐熱・耐圧・耐薬品に優れた当社のフィルターは、H2Aロケットの部品開発を
はじめ、様々な業界から開発以来をいただいており、現在は、世界トップクラスの
シェアと供給力を誇る事業となっています。
【3Eカンパニー】を目指します。 ニチダイが目指すのは、
「他社ではできない製品と、他社の追随を許さない高い技術力」を追求する
オンリーワン企業です。

その為に当社は、
【3E(エクセレント・エキサイティング・エクスパンド)カンパニー】を目指しています。
「エクセレントカンパニー」…技術で勝ち残り、スペシャリティとオリジナリティを持つ企業。
「エキサイティングカンパニー」…社員が互いに尊重し合い成長と自己実現を果たす企業。
「エクスパンドカンパニー」…パイオニア精神を持って社会ニーズを追求する企業。
創業以来の当社のスピリッツ ニチダイの創業からのスピリッツ
V・・・「vitality(活気・生命力)」
S・・・「speciality(専門性・技術)」
O・・・「originality(独創性・創意)」
P・・・「passion(情熱)」
このVSOPスピリッツにより、
当社は目まぐるしく変わる時代のニーズに柔軟に応え、
揺らがぬ方向性でグローバル化を実現。
冷間鍛造金型というニッチな部分ではありますが、
トップメーカーの地位を確立してきました。
育成・教育体制 「OJT教育」
実際の業務において、常にベテランと若手がコンビになって仕事にあたり、
密接な距離感で、よりきめ細かい指導や技術の継承を促します。

「博士号の取得支援」
技術者育成のサポート体制の一つ。
働きながら大学院で学び、博士号を取得できるような支援を行っています。
現在までに2名の実績があります!

「国際学会への出席」
ICTPという“塑性加工の国際会議”が3年に一度開かれていて、
当社の社長と技術者が出席しています。
(前回はイギリスのケンブリッジで開催されました)
実は、この学会で表彰される“精密鍛造国際学術賞”は
当社の基金により設立されているんです!
同賞は、精密鍛造及びネットシェイプ加工に関する研究発展への貢献者を
たたえることを目的として設立され、今日まで続いています。

「顧問を招いての講座・勉強会・検証会の開催」
社外から2名の顧問を招いて、定期的に講座や勉強会を開いています。
技術やノウハウの向上を目的として開催されており、当社の技術力向上に
一役も二役もかっている制度です。

「タイ工場への研修制度」
将来的な話になりますが…
常日頃から世界を意識することを大切にしていく為に、
タイ工場への一定期間の常駐研修制度を整えました。
海外で過ごすことによって、海外を意識するとともに、
自分が日本人であることを意識してほしいと思います。
そうして個人のスキルを高めて定着させることは、
当社の大きな強みにもなるんです。
沿革 1959年5月 大阪市北区にて田中合金製作所として創業

1967年4月 大阪府寝屋川市に新工場完成、移転

1967年5月 資本金400万円にて株式会社ニチダイ設立

1971年4月 京都府綴喜郡田辺町薪(現本社所在地)に新工場完成・本社・工場移転

1988年7月 京都府綴喜郡宇治田原町禅定寺に宇治田原工場完成

1994年2月 米国事務所開設

1998年8月 金型工場・技術部門宇治田原工場へ全面移転

2000年3月 JASDAQ上場(資本金:8億997万円)

2004年4月 フィルタ事業部門を分社し、ニチダイフィルタ株式会社を設立

2004年9月 VGターボチャージャー部品生産開始

2007年2月 タイに合弁会社THAI SINTERED MESH CO., LTD.を設立

2008年4月 タイ子会社NICHIDAI (THAILAND) LTD. を設立

2008年7月 タイ子会社NICHIDAI ASIA CO., LTD.を設立

2009年4月 米国子会社NICHIDAI U.S.A. CORPORATIONを設立

2012年12月 タイ子会社NICHIDAI (THAILAND) LTD. においてスクロール鍛造品生産開始

2013年7月 タイ子会社NICHIDAI (THAILAND) LTD. において金型生産開始

2015年1月 アッセンブリ事業の国内拠点を宇治田原工場から京田辺工場に移転。

2016年     研究開発力の強化を図るため、宇治田原工場に複動5軸鍛造プレスを導入
当社で役立つ知識・技術 塑性加工、3DCAD、CAD、CAD/CAM、NC、NC加工機、材料力学、材料工学、ディーゼルエンジン、トランスミッション、自動車、トルク、マシニングセンタ、設計、歯車、トライボロジー、摩耗
機械工学、機械設計、機構、強度、強度解析、金属、製図、弾性、振動工学、情報工学
機械工学、電気電子工学、C言語、制御
平均年齢 37.7歳(2016年12月1日時点)
平均勤続年数 13年8カ月(2016年12月1日時点)

連絡先

〒610-0341 
京都府京田辺市薪北町田13
総務部 採用担当/新田
採用HP:http://www.nichidai.jp/recruit/fresh/index.html
TEL:0774-62-3481
掲載開始:2018/03/01

株式会社ニチダイ に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社ニチダイ に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)