株式会社インボディ・ジャパン
インボディ・ジャパン
2019

株式会社インボディ・ジャパン

体成分分析装置InBody
業種
医療機器
医療関連・医療機関
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

私たちは、体を構成する水分、タンパク質、ミネラル、体脂肪などをわずか数十秒で測定できる高精度体成分分析装置「InBody(インボディ)」の製造・販売を行っています。

栄養状態に問題はないか、むくみは出ていないか、体はバランスよく発達しているか。
そうした体の状態や、将来の疾病リスクの可能性を突き止め、予防につなげられる機器として、国内外の医療機関などで活用され、全世界で圧倒的なシェアを誇っています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

世界70カ国以上で販売。世界で圧倒的なシェアをもつ「InBody」。

私たちは、日本、アメリカ、韓国、中国、インド、マレーシアに主な拠点をもつグローバル企業です。当社が扱う高精度体成分分析装置「InBody」は、海外で数多くの医療機器認証や多数の特許を取得しており、世界70カ国以上で販売されています。その高い精度と再現性が各国の研究者などに認められ、医療、栄養、運動などさまざまな分野における研究機器として、また、疾病リスクを判断する検診機器として活用が進み、全世界で圧倒的なシェアを占めるまでになりました。10年後、20年後にもそのシェアをさらに拡大していくため日々、活動を続けています。

事業・商品の特徴

各医療分野で健康評価の必需品として認知される製品。

「InBody」は、体水分、タンパク質、ミネラル、体脂肪など、体の構成成分をわずか数十秒で測定できる高精度体成分分析装置です。日本国内においては、病院、クリニック、保健センターなどの医療施設を中心に、大学・高校などの教育施設、国・企業の研究施設や運動施設、介護施設、薬局など、体成分分析を必要とする多くの施設で導入されており、その市場はさらに広がっています。また、国内の医療分野では栄養、老年、消化器、循環器、リハビリなどの医学会で、この製品を使った研究発表が年間300回以上行われるなど、健康評価のための有効なアイテムとして認知されています。

会社データ

事業内容 医療機器の製造販売
設立 2000年6月
資本金 5000万円
従業員数 50名(日本法人)
売上高 833,769千円(2015年12月期)
代表者 代表取締役社長 山之内 大蔵
事業所 ■東京本社
東京都江東区亀戸1-28-6 タニビル

■大阪営業所
大阪府吹田市江坂町1-23-43 ファサード江坂ビル3F

■広島営業所
広島県広島市東区光町1-12-20 もみじ広島光町ビル4F

■仙台営業所
宮城県仙台市青葉区中央2-7-30 角川ビル314

■福岡営業所
福岡県福岡市博多区博多駅前南1-8-31九州ビル4F
関連会社 株式会社インボディ中部
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)