豊川市役所
トヨカワシヤクショ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
公社・官庁
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

 市の東西にある東名高速道路のインターチェンジや、市内を網羅する国道1号線などの一般道路、JR,名鉄の駅を19も有する鉄道による「利便性の高い幹線道路と鉄道」、温暖な気候を活かした農業や数多くの優良企業による「活力ある産業」、豊川稲荷や国の天然記念物である御油のマツ並木などの「豊かな歴史と文化」、本宮山や豊川、三河湾といった「恵まれた自然環境」を特色とする、東三河の拠点都市です。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

「光・緑・人 輝くとよかわ」を目指します!

昭和18年に誕生し、現在、人口約18万人を擁する「豊川市」。市の東西にある東名高速道路のインターチェンジや、市内を網羅する国道1号線などの一般道路、JR、名鉄の駅を19も有する鉄道による「利便性の高い幹線道路と鉄道」、温暖な気候を活かした農業や数多くの優良企業による「活力ある産業」、豊川稲荷や国の天然記念物である御油のマツ並木などの「豊かな歴史と文化」、本宮山や豊川、三河湾といった「恵まれた自然環境」を特色とする、東三河の拠点都市です。まちの未来像を「光・緑・人 輝くとよかわ」と定め、恵まれた自然と歴史、これまでに築かれた豊かさと住みよさを大切にしながら、市民が希望に向かって進むまちを目指します。

社風・風土

新規採用職員を手厚く育成する“新人サポーターズ制度”!

平成25年3月に策定した「新・豊川市人財育成基本方針」に基づき、積極的に人材育成に取り組んでおり、新規採用職員の人材育成の手法として、平成25年度から”新人サポーターズ制度”を実施しています。  この制度は、職場内で新規採用職員の育成者(サポーター)を定め、仕事を進めるうえで必要な知識や技術を教えたり、様々な相談にのり、ストレスを軽減することなどを通じて、新規採用職員を早期に育成すること、新規採用職員に職場にスムーズに慣れてもらうことを目的にしています。 新しい環境に不安を感じることも多いかと思いますが、頼れる先輩職員とともに仕事に取り組むことができます。

採用方針

公務員試験対策不要!SPIを取り入れた採用試験を実施!

「豊川市役所の採用試験を受けたいけど、公務員試験対策をしていないから難しいかなぁ。」と考えている方もいるのではないでしょうか。 豊川市では、多様な人材を求め、特定の職種において、民間企業等での導入実績が多いSPIを取り入れた採用試験を実施します。 また、教養試験を行う従来の採用試験も引き続き実施します。 自分自身をよりPRできるのはどちらか、自分で選択して受験することができます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

 地方自治法という法律の第1条の2に「地方公共団体は、住民の福祉の増進を図ることを基本として、地域における行政を自主的かつ総合的に実施する役割を広く担うものとする。」とあります。豊川市役所も地方公共団体ですから、法に従って役割を広く担っています。総務、税、福祉、経済、環境、建設、水道、下水、会計、議会、監査、教育と、市民生活に関わるすべての仕事を行っています。

会社データ

豊川市役所 ○企画部(秘書課、人事課、企画政策課、情報システム課、防災対策課)
○総務部(行政課、財政課、契約検査課、財産管理課、市民税課、収納課、資産税課)
○福祉部(福祉課、介護高齢課、保険年金課)
○子ども健康部(子育て支援課、保育課、保健センター)
○市民部(市民課、市民協働国際課、人権交通防犯課、文化振興課、支所)
○産業部(企業立地推進課、農務課、商工観光課)
○環境部(環境課、清掃事業課)
○建設部(道路維持課、道路建設課、公園緑地課、建築課、都市計画課、区画整理課)
○上下水道部(下水管理課、下水整備課、水道業務課、水道整備課)
○消防本部(総務課、予防課、各消防署)
○会計課
○市民病院(庶務課、医事課、経営企画室、医療安全管理センター、地域連携センター)
  ※医療職の職場もあります。
○議会事務局(議事課)
○教育委員会(庶務課、学校教育課、生涯学習課、スポーツ課、学校給食課、中央図書館)
○監査委員事務局
設立 昭和18年6月1日市制施行
代表者 豊川市長 山脇 実
予算規模 予算額総計 
 1,226億8,945万円(平成29年度当初)
(内訳)
 一般会計 578億0,000万円、特別会計 419億4,920万円、企業会計 229億4,025万円
職員数 1,830名(平成29年4月1日現在)
事業所 本庁舎/愛知県豊川市諏訪1丁目1番地
その他/豊川市内各所

【交通アクセス】
○公共交通機関
名古屋鉄道豊川線「諏訪町駅」下車徒歩約15分
豊鉄バス「豊川市役所前」下車徒歩約3分
豊川市コミュニティバス「豊川市役所前」下車徒歩約3分
豊川市コミュニティバス「豊川市役所」下車徒歩すぐ

○自動車
東名高速道路「豊川インターチェンジ」から国道151号線・姫街道を経由して、車で約15分
沿革  古くは三河の国府、国分寺、国分尼寺が置かれるなど、この地方の政治・経済の中心として栄えてきました。近世以降は、東海道の御油・赤坂宿、豊川稲荷の門前町として多くの人に親しまれるまちでした。

 昭和14年からは、東洋一といわれる豊川海軍工廠の建設とともに周辺地域の開発も急速に進み、昭和18年には、豊川町、牛久保町、国府町、八幡村の3町1村が合併して豊川市が誕生しました。

 しかし、昭和20年8月7日、B-29爆撃機の空襲により、2,500人を超える尊い命が奪われ、まちが壊滅状態になるという悲惨な体験をしました。
 戦後、東名高速道路豊川インターチェンジの開設を契機に、市内の幹線道路網が発達し、工廠跡地への企業誘致などにより着実に復興の道を歩み始めました。また、豊川用水の全面通水に伴い農業が盛んになり、スプレー菊、バラや大葉の栽培を中心とした施設園芸が発展しました。
 さらに平成18年から平成22年にかけて、宝飯郡4町(一宮町、音羽町・御津町、小坂井町)と3度の合併を行い、人口18万人の東三河地域の拠点都市となり、現在に至っています。

連絡先

〒442-8601
愛知県豊川市諏訪1-1
豊川市役所
企画部人事課人事係
TEL:0533-89-2122(直通)
掲載開始:2018/03/01

豊川市役所に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

豊川市役所に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)