東洋計器株式会社
トウヨウケイキ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

東洋計器株式会社

水道メーター・ガスメーター等の開発・製造・販売
  • OpenES
  • 正社員
業種
精密機器
コンピュータ・通信機器・OA機器/ガス/水道/エネルギー
本社
長野
残り採用予定数
5名(更新日:2018/12/05)

私たちはこんな事業をしています

生活には欠かすことのできない、水やガス。それらを計るメーターや集中監視システム等の開発・製造・販売を行っています。
定期的に交換が義務づけられているメーターを扱う「安定需要」をベースに、時代の変化に合わせ、メーターと通信を融合させたシステムの開発や環境ビジネスなど様々な事業を展開しています。
今後は海外事業も拡大していく計画です。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

<< 確かな技術力で安心・安全な社会の仕組みづくり

当社が創業以来取り組んできた事業は、水道メーター・ガスメーターの開発・製造・販売です。水道メーターは8年、ガスメーターは10年で交換が義務づけられており、安定的な需要があります。ガスメーターには、ガス漏れや震度5相当以上の地震などの異常を感知すると、自動的にガスを遮断する仕組みが入っていますが、これは当社が業界に先駆けて開発したものです。さらに近年は、メーターを通信回線で結び、水やガスの使用状況で、安否確認ができる高齢者見守りサービスを開始。社会インフラを支えるメーカーとして、安心・安全な社会の仕組みづくりに貢献しています。

戦略・ビジョン

<< 水道・ガスメーターを通して新たな事業への展開

当社は、安定した需要が見込める業界にありながら、斬新な発想で付加価値性の高い製品・サービスを次々と生み出してきました。キーワードは「メーターと通信の融合」。メーターのハード部分の設計・開発だけにとどまらない、情報通信技術を積極的に取り入れたソフト開発力が強みです。ガスを時間帯別・用途別に分けて計測できる「ハイブリッド・カウンタ」、ガス料金前払い式の「プリペイドガスメーター」など、業界初の商品は枚挙に暇がありません。当社の開発現場では、柔軟なアイディア力や通信環境等へのフォロー力を活かし、若手社員が活躍しています。

戦略・ビジョン

<< 国内外へのチャレンジで、業界のリーディングカンパニーへ

当社の営業は、既存の取引先へのルート営業がメインになりますが、水道メーター・ガスメーターを販売するだけではありません。大手電機メーカーとタッグを組んで、家庭で使うエネルギーをトータルで管理する「HEMS(ヘムス)」を全国に普及させるプロジェクトを推進するなど、新しい取り組みを数多く行っています。海外事業も、東南アジアを中心に積極的に展開しており、2017年にはガスメーター業界で過去最大級となる大型受注をバングラディシュで獲得しました。国内外の拡大戦略を担い、リーディングカンパニーへと成長させていくのが、営業の仕事です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■設計・開発
メーター本体、機構、マイコンソフト、パソコンソフト、電子回路等の設計・開発

■事務
営業事務・生産管理

■営業
官公庁やガス会社様への、計量器・システム商品・太陽光発電システム・HEMS等の営業・販売・提案

★今後はベトナムを中心に東南アジアへの海外事業を拡大していく計画です。語学力を活かしたいという方、大きな活躍のチャンスがあります!

会社データ

事業内容 当社の会社概要については、テレビ松本で以前に放送された番組をご覧ください。
◇テレビ松本
『トップに聞く~地域の活力源』 2013年5月放送
東洋計器株式会社 土田泰秀社長
「今回は水道メーター、ガスメーター、集中監視システムなどの開発・製造・販売を手掛けている東洋計器株式会社の土田泰秀社長にお話をお伺いしました。計量に加え、太陽光など環境分野にも取り組み、社会の発展に貢献しています」
★視聴はこちらのURLからどうぞ(PC・スマホで視聴できます)
  https://goo.gl/DFSf78

■水道メーター、ガスメーターの開発・製造・販売
皆さんが毎日使う“水”や“ガス”。
使うときには、必ず水道メーターやガスメーターが動いています。
メーターがなければ、水もガスも使えないことをご存じでしたか?
私たちは、そんな、生活に無くてはならない製品の開発・製造・販売を一貫して行っている会社です。

■システム商品の開発・販売
水道メーターやガスメーター等の自動検針や保安監視ができる「りんどう」をはじめ、ガス料金・水道料金の電子請求・電子決済システム「eガスチケット」や高齢者の見守りサービスなど、「メーターと通信を融合」した各種システム商品の開発・販売を行っています。

■環境ビジネス事業の拡大
当社は環境ビジネスの推進を図るため、エコ事業部を2008年に発足。
「太陽光+ガス」という環境にやさしい事業を展開することで、地域に貢献したいと考えています。
今後はさらに踏み込み、太陽光発電とITの融合による新たなビジネスモデルを確立して参ります。

■主な取扱製品等
水道メーター、都市ガスメーター、LPガスメーター、積算熱量計、自動検針システム、集中監視システム、電子請求・電子決済システム「eガスチケット」、HEMS、ガス・水道・電気一元管理システム「エコ・ワンシステム」、太陽光発電システム、各種流量計、記録計、緊急通報装置の開発・製造・販売など。
設立 1949(昭和24)年5月4日
資本金 7億7200万円
従業員数 414名 (男性:282名/女性:132名) ※ 2016年8月時点
売上高 181億円(平成30年3月実績)
代表者 代表取締役社長 土田泰秀
事業所 本社/長野県松本市
営業拠点/中央、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、東北、南東北、北関東、埼玉、四国、郡山、関西西、広島、釧路、青森、盛岡、新潟、前橋、長野、松本、金沢、千葉、横浜、栃木、静岡、高松、松山、鹿児島、沖縄
工場/穂高工場
関連会社 (株)ホームネット安心
沿革 1949年  5月 東洋計器株式会社第1期スタート
1956年12月 通商産業省東京通商産業局長より優秀メーカー賞を受ける。
1964年  4月 ガスメーター工場完成(塩尻工場)
1978年10月 穂高工場都市ガスメーター・LPガスメーターの生産開始(穂高工場完成)
1984年10月 プロパンガス用テレメーターシステムを(株)東芝と共同開発
1985年12月 国内初のLPガス用マイコンメーター「セキュリティメーターシステム」を松下電子部品(株)と共同開発・生産開始
1987年  2月 水道用・LPガス用自動送信システム“りんどう”を開発
1987年  9月 LPガス用マイコンメーターを通商産業省・高圧ガス保安協会と共同開発し、マイコンメーター2型を生産開始
1987年10月 超高感度大型水道メーターUW開発・生産開始
1988年  5月 LPガス用双方向電文メーターを開発
1990年  9月 新本社工場、中央研究所完成(松本市和田)
1990年10月 電子式水道メーターをセイコーエプソン(株)と共同開発
1993年  7月 水道用・LPガス用自動送信システム「スーパーりんどう」を開発
1993年  8月 水道用・LPガス用無線通信システム開発
1994年  2月 ISO9001取得(国内計量計測業界初)、国際的品質保証規格の認証をBVQI・JIA-QAセンターの合同審査により取得
1999年  2月 ホームネット(株)と提携し、高齢者用自動通報装置の開発着手
1999年  3月 PHS型りんどう開発
2000年  2月 LPガス用時間帯別・需要帯別分計装置「HyC-5」開発
2004年  4月 東京都水道局からの委託により、携帯型使用水量解析器(水使用実態調査システム)を製品化・発売開始
2005年  5月 「山下喜吉はかり展示室」開設
2005年10月 「HyC-5」機能内蔵ガスメーター「PR型」販売開始
2006年  9月 ガス電子請求・電子決済システム「eガスチケット」を開発、販売開始
2007年 7月 「東洋計器マルチセンター」集中監視サービス管理顧客数5万軒を突破
2008年 2月 経済産業省平成19年度構造改善支援事業として「ユビキタス時代におけるLPガス産業の事業モデルとその評価分析について」を実施し調査報告をまとめる
2008年 6月 太陽光発電システムを販売開始
2009年 2月 ガス・水道・電気一元管理システム「エコ・ワンシステム」を販売開始
2011年11月 積算熱量計を販売開始
2012年 7月 LPガス「ハンディ無線検針システム」を販売開始
2013年 4月 電気・ガス・水道HEMS(ホームエネルギー・マネジメントシステム)を販売開始
2013年 7月 「計量は文明の母である-岩田重雄博士論文集-」刊行
2013年12月 太陽光発電システムの契約実績が累計で5万kW、メガソーラー50基分に到達
2014年 3月  ガス事業における「エネルギー見える化」「テレメと業務ソフト」「通信手段」をワンパックにして提供する新サービス「スマートクラウド Oneパック」を販売開始
2014年11月 東洋計量史資料館を松本市埋橋に新たにオープン。「秤の館」より譲渡いただいた品々を中心に所蔵数1万2千点に及ぶ資料館に
2015年  1月 東京都水道局の調査研究委託を受けて開発を進めてきた「給水圧力確認システム」が完成
2015年 7月 ガスコージェネレーション(熱電併用)と太陽光発電を併用する「コージェネレーション」+「太陽光発電」高機能システムを東京ガスエンジニアリングソリューションズ(株)エンジニアリングカンパニーと共同開発
主要取引銀行 八十二銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、商工中金、三菱東京UFJ銀行、長野銀行、松本信用金庫
認定・認証・許可 「ISO9001」、「ISO14001」、「指定製造事業者」、液化石油ガス法に基づく経済産業省管轄「認定保安機関」、建設業許可、宅地建物取引業許可
「メーターと通信の融合」でガス利用の安心と合理化を推進 昭和58年頃に独自製品の開発に取り組み、
その時に「マイコンで保安。テレメで合理化」というキャッチフレーズを定めました。
その頃は、時代の一歩先を行く発想だったため、
「メーター業界の異端児」と呼ばれたほど。
しかし、今では当たり前と言われるほど普及するまでになりました。

LPガス用のマイコンメーター第一号は、当社が開発。
メーターの中にマイコンを組み入れることによって、ガス漏れなどの危険な状況が発生した場合には、ガスを遮断することで、未然に事故を防ぐことができるようになったのです。
その後、行政と共同して「マイコンII」を一気に全国に普及させ、ガス事故は普及前の十分の一にまで減少しました。

今や、日本は世界で一番安全にガスを使える国になり、当社は「安全」を支えてきたと、胸を張って言えます。

また、マイコン情報を電話や無線の信号に置き換えて、遠隔検針を行う「テレフォンメーター」を開発し、ガス会社や水道局の検針費削減に貢献しています。

こうした「メーターと通信の融合」から生まれた
新しい考えが、「メーターを生活センサーにする」ということでした。
独居老人のお宅でガスの使用が何日も止まったら、
何か異変が起きたのではないかと判断して駆けつける
「高齢者の見守りサービス」を開始しています。
ライフセンサーは、高齢化社会において重要なインフラとなり、
将来的にも大きな社会的な役割を果たすものだと考えています。
エネルギーの効率的な活用法を考えて、事業を展開 日本のエネルギー自給率はわずか20%だと言われています。
つまり、日本は世界で最もエネルギーを効率よく使わなければいけない国の一つだと言えるでしょう。

そこで、当社は水道やガスの使用量を測定するための機器を、開発・製造・販売する事業に加えて、様々なエネルギーを組み合わせて有効に活用するための事業にも積極的に取り組んでいます。

当社では「太陽光発電システム」と「ガス」を組み合わせて活用することが、より経済的で環境負荷が小さいことを実証しました。

現在は、このメリットを全国のガス会社様と協力し広くアピールし、住宅用をはじめ、工場などの産業用太陽光発電システムの販売を行っています。

また、太陽光発電システムに加え蓄電池の普及も進めています。
蓄電池は、災害時に電力の供給が止まった場合でも、太陽光発電によってつくられた電気をためておくことで、電気を使うことができます。他にも電気代が節約できるなど様々なメリットがあります。

さらに、家庭で使うエネルギーをトータルに管理する「HEMS(ヘムス)」の販売にも参入し、シャープ様と協力しながらシステム作りを進めています。

その他にも「コージェネレーション」+「太陽光発電」高機能システムの提案しています。

このシステムは、業務用コージェネ(ガス発電)と太陽光発電システムを組み合わせて発電をおこなうシステムです。極力電力会社から電気を買わずに、「コージェネレーション」+「太陽光発電」によってつくられた電気で施設の電気をまかなうことができるため、停電時にも電力を供給でき、オフィスビル、病院、避難所となる公共施設に導入を進めています。
エネルギー利用の変化と海外需要を見すえ、新しいインフラビジネスの可能性を追求 今後は、海外事業の拡大にも積極的に挑戦していきます。

ベトナムを中心とする東南アジア諸国では、ガスや水道などのライフラインの普及の優先度が高く、今後急速に整備が進むと予想されています。

そうなれば、当然ですが、当社の創業以来の中心事業であるメーターの需要が急増することは間違いありません。そこで、当社はメーターと通信を融合したシステムを海外に販売し、普及させていきたいと考えています。

こうした海外のインフラを整備する事業で活躍したいという方を歓迎します。
グローバルなフィールドで、あなたの力を発揮してください!

連絡先

〒390-1298
長野県松本市和田3967番地10
東洋計器株式会社
リクルート室 小澤  ・ 轟
TEL : 0263-48-1129(採用担当直通)
(受付時間:土日祝を除く 9 : 00~17 : 00)
TEL : 0263-48-1121(代表)
FAX : 0263-48-1130(代表)
E-Mail : harumi-ozawa@toyo-keiki.co.jp
URL:http://www.toyo-keiki.co.jp/
交通機関:JR松本駅より路線バス(山形線)にて臨空工業団地バス停下車、徒歩10分
掲載開始:2018/03/01

東洋計器株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

東洋計器株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)