オーシャン貿易株式会社
オーシャンボウエキ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
商社(食料品)
その他商社/農林
本社
京都

私たちはこんな事業をしています

【自然に学び、世界を駆ける】
◆生鮮品に特化した貿易商社として、世界各国と幅広い事業を展開しています。

◆商品を仕入れて販売するだけではなく、産地の生産者と共に開発に取り組み、時には自ら荒地を耕して農場を建設するなど
日本の市場に合った商品の輸入実現に向けてたゆまぬ努力を続けています。

◆また日本食材の輸出、海外での生産、海外子会社による現地での事業展開、三国間貿易などを行っています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

日本の心を大切に、世界中に幸せを届けたい。

私たちの仕事の全ては「三方よし」が原点です。「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」のポリシーに基づき、「貿易」を媒介にして、自分たちが心から惚れ込んだ商材で世界中の人たちに幸せを届ける仕事であると考えています。「三方よし」を追求するあまり、生産国の農家との連携による自家生産事業も開始。食材本来の美味しさを最大限に引き出す減農薬栽培や、先端農業技術を有する日本人スタッフによる常駐指導など、現地の技術水準向上にも貢献しています。北米、南米、欧州、アジア、オセアニア、アフリカなどビジネスパートナーは世界中に広がっており、その数なんと30ヵ国以上。私たちの活躍フィールドは、世界に広がっています。

事業・商品の特徴

ある時はスーツで世界を駆け巡り、ある時は農場で汗を流す。

日本のオフィス街でパソコンに向かっていたかと思えば、翌日には花咲き誇る赤道直下の高地へ。白夜の北極海から、南米のパタゴニアへ。ベトナムで学校給食室を作る日もあれば、シンガポールでマグロの解体ショーを催すこともある。日付変更線をまたぎ、真逆の季節の中に飛び込み、文化や言語を越えてビジネスを進められるのは、貿易商社である私たちならではダイナミックなやりがいです。商品を輸入して販売するだけでなく、産地の生産者と共に開発に取り組み、日本の市場に合った商品に育て上げる。そうやって築いてきた産地との強固な信頼関係とノウハウが、オーシャン貿易の強みの一つです。

採用方針

知識ではなく、知恵を持った方。

オーシャン貿易で活躍出来る人材に必要なのは、英会話力や貿易に関する知識だけではありません。何事にも幅広く興味・好奇心を持ち、真剣に物事に取り組める方。リーダーシップがあり、仲間を引っ張っていける方。新しいビジネスの構築に興味がある方。常に感謝の気持ちを忘れない方。そして誰かに積め込まれた知識ではなく、経験によって身に付いた知恵を持った方こそが活躍出来るステージがあります。本気の人材が集まれば、何でも出来る。もっと出来る!しかも仕事だけではなく、遊びにも真剣に取り組む方。それが私たちの求める人材です。私たちと共に、世界で必要とされる人材になりませんか。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」の三方よしのポリシーに基づき、まだ誰も挑戦していないことに挑戦する仕事です。

【営業】
◎国内営業
◎海外営業
◎国内外展示会への出展、商談 など

【営業事務】
◎営業の事務サポート、取引先への電話営業 など

【総務・経理・人事】
◎本社での総務、経理、人事等の管理業務 など

【開発】
◎農産物生産管理及び開発業務

会社データ

事業内容 ◆水産物・青果物・生花物・果樹苗・一般苗木・種子・自動車雑貨などの輸入卸販売
◆水産物の輸出
ほか
設立 1973年1月12日
資本金 3500万円 (2015年7月31日現在)
従業員数 60名
売上高 230億円(2017年12月期)
221億円(2016年12月期)
190億円(2015年12月期)
173億円(2014年12月期)
156億円(2013年12月期)
代表者 代表取締役社長 米田 多智夫
事業所 ◆本社/
〒604-8134 京都市中京区六角通烏丸東入堂之前町254 WEST18 4F

◆東京営業所/
〒104-0061 東京都中央区銀座8-18-4 THE FORME GINZA 4F

◆東京センター/
〒136-0082 東京都江東区新木場1-2-8

◆研究農場
〒520-2276 滋賀県大津市里4-2-15

◆JVAT(Japan Vietnam Agritech Farm Co.,Ltd.)
・ベトナム(ダラット、ホーチミン、ハノイ)
・マレーシア(クアラルンプール)
取引相手国 ◆アジア/
インド、インドネシア、韓国、シンガポール、スリランカ、タイ、台湾、中国、フィリピン、ベトナム、マレーシア
◆オセアニア/
オーストラリア、ニュージーランド
◆北米/
アメリカ、カナダ
◆中南米/
エクアドル、コロンビア、チリ、パナマ共和国、ブラジル
◆欧州/
イタリア、オランダ、スペイン、スコットランド、デンマーク、ドイツ、トルコ、ノルウェー、ベルギー、ポーランド
◆アフリカ/
ケニア、南アフリカ、モザンビーク
貿易商社が取り組む【農産物生産事業】 商品を輸入して販売するのが、一般的な貿易商社です。
しかしオーシャン貿易株式会社では、現地と提携して農産物生産事業にも取り組んでいます。

その1つが、【ベトナムの菊栽培プロジェクト】。
日本国内では安定したニーズがあるにも関わらず、生産者の高齢化・後継者不足で厳しい生産状況に追い込まれています。立ち上がった私たちはベトナム・ホーチミン市から北東へ300kmという高原都市・ダラット高原に、約13haの広大な自社農場を設立しました。その菊の品質は、厳しい眼を持つ国内花き市場からも注目を集めています。
生サーモンの週間取扱量は、寿司ネタにしてなんと「700万貫分」! 当社のメイン商品は、ノルウェーのオーロラの下で育てられたオーロラサーモン。
冬は4℃、夏でも12℃以上にはならない冷たい海水で、通常のノルウェーサーモンよりもゆっくりじわじわと成長させた逸品です。

このオーロラサーモンの風味や美味しさを保つために、私たちは物流の技術開発にも関わりました。ノルウェーから一度も冷凍せず、しかも養殖場から日本まで72時間かかるところを、たった36時間で到着させるという日本独自の直行便で輸送しています。

生サーモンの週間取扱量は、寿司ネタにしてなんと「700万貫分」!

養殖に関する研究開発、物流の新技術開発から新規市場開拓まで、さらには食文化の創造に向けて縦横無尽に動く、私たちならではの仕事です。

連絡先

オーシャン貿易株式会社
本社/〒604-8134 京都市中京区六角通烏丸東入堂之前町254 WEST18 4F
電話番号/075-255-3300(代表)
採用担当/総合管理部 岡田・佐藤
掲載開始:2018/03/01

オーシャン貿易株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

オーシャン貿易株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)