有限会社石上ファーム
イシガミファーム
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

有限会社石上ファーム

石上ファームの”まごころ豚”
  • OpenES
  • 正社員
業種
農林
食品
本社
茨城

私たちはこんな事業をしています

◆既卒者も積極採用中/説明会随時受付中◆

当社は『日本一おいしいポーク生産場』を目指し、徹底した生産管理体制で
健康豚を全国にお届けする養豚企業。

国内でも有数の育種を手掛ける生産体制と、近代的設備による清潔な農場で
国内畜産をリードしています。

会社データ欄に当社の「まごころ豚へのこだわり」や各種取り組み等を記載していますので、ぜひご覧下さい

◆new!! 2019年1月より年間休日日数を増加

当社の魅力はここ!!

企業理念

テーマは、生産性よりも味!まごころを込めた豚肉づくり

畜産業に最も求められる事とは何でしょうか?―それは安全という信頼。当社はこの信頼に応えるために”まごころ”を第一に養豚事業を展開しています。のびのびと健康な豚を育てるための農場設計、最先端のバイオ技術を活かした環境にやさしい生産システムの構築等、生産性より味にこだわり、一頭一頭手間ひまを惜しまず、まごころを込めた生産を行っています。そこで生まれたのが自社ブランドの”まごころ豚”。まごころ豚は東京食肉市場で銘柄豚枝肉共進会・最優秀賞を獲得、業界で高い評価を頂き、当社は全11の牧場を有する国産豚肉生産拠点として大きく成長してきました。今後目指すは『日本一おいしいポーク生産場』―当社の挑戦は続きます。

事業・商品の特徴

こだわりは健康豚!インテグレーション生産体制で徹底管理

当社の一番の強みは、育種(交配種育成)から繁殖(子豚生産)、肥育まで生産を自社で一貫して行うインテグレーション生産体制。特に育種は、設備設計や育成の手間など効率が悪いため国内ファームでの実施は少数です。しかし、当社ではあえて育種を行うことで、品質の高さや安全性を維持し品質向上に繋げています。その他にも、豚の疾病管理リスクをシャットアウトする「オールイン・オールアウト方式」の導入やバイオ技術を活かした「バイテク肥育」、徹底したトレーサビリティの実施など、国内でも有数の生産体制を敷いています。生産過程のすべてのステージでまごころを込めて育むことで、みなさまから愛される健康豚を生み出しています。

仕事内容

必要なのはチャレンジ精神!まずは飛び込んできてください!

まず皆さんには、種付けした母豚の管理から子豚の分娩、育成までの約7ヶ月間に携わって頂きます。豚が最もデリケートな時期を皆さんの手で育てることで、養豚の楽しさ・大変さ・やりがいを体験してください。毎日愛情を持って育てている当社のスタッフには、「豚を見ただけで体重や肥育状態が分かる」者までいます。その後は、成長した豚を管理する肥育場や繁殖場へと皆さんの活躍の場は移ります。専門知識や技術を体得していき、牧場全体を管理する立場へと成長して下さい。将来的には肥育部門、繁殖部門のリーダーとなって頂き、一緒に安全で美味しい“まごころ豚”を届けましょう。必要なのは「チャレンジしたい」という想いだけです!

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【養豚管理】
繁殖から肥育まで、養豚業務を一貫してお任せ。

●繁殖 ・・・ 種豚の管理、人口授精等
●分娩 ・・・ 分娩、授乳中の母豚の管理等
●育成 ・・・ 離乳後の仔豚の管理等
●肥育 ・・・ 肥育豚の管理・出荷等

【獣医師】
日常的な健康管理のほか、年2回の豚総合クリニックでは、
その結果を獣医師が中心となって分析・検討して最適な衛生プログラムを設計しています。

会社データ

事業内容 養豚事業[豚の育種・繁殖・肥育までの一貫生産および販売]

◎品質の安全性にこだわり、国内でも珍しい育種(交配種育成)を
 手掛けているのが当社の特徴。
 自社ブランド”まごころ豚”として、自慢の豚を全国にお届けしています。
設立 【創業】 1933年
【設立】 1982年
資本金 1,000万円
従業員数 63名
売上高 19億円(2013年度)
代表者 代表取締役 石上 守
事業所 【本社】 茨城県鉾田市鉾田618-1

◎鉾田市内を中心に11牧場で事業を展開中!
【原種豚牧場】
 西台原種豚牧場
【繁殖場】
 徳宿牧場、柏熊牧場
【肥育場】
 南野第一本場、南野第ニ分場、南野第三分場、秋山分場、
 冨田分場、大洋分場
沿革 ◎1933年に食肉卸業として創業した当社。
  畜産業への転向以来、鉾田の恵まれた自然環境を生かした農場設計と
  最先端のバイオ技術を活かした環境にやさしい養豚事業を展開しています。


1933年 ・・・ 先代石上武、食肉卸小売店開業
1955年 ・・・ 現社長石上清泰、代表取締役に就任
1977年 ・・・ 南野牧場開設(養殖豚200頭導入)
1979年 ・・・ 本格的一貫生産体制の確立により子豚の外部導入中止
         (全繁殖豚600頭)
1982年 ・・・ 西台肥育場を繁殖部門に改修(全繁殖1,000頭)
1984年 ・・・ 徳宿牧場開設、飼料製造会社(有)グリーン興産設立
         (全繁殖豚2,000頭)
1985年 ・・・  南野第一本場・当間分場開設。本社新社屋完成
2001年 ・・・ 本社新社屋完成、移転
2002年 ・・・ 南ヶ丘分場開設(全繁殖豚3,000頭、総飼育数35,000頭)
2004年 ・・・ 東京食肉市場、第20回昭和畜肉研究会銘柄豚枝肉共進会にて
         最優秀賞を受賞 
ここがすごい!石上ファーム-1『まごころ豚』 『まごころ豚』とは当社自慢の最上級のオリジナルポークブランド。
安全でおいしい豚肉を世の中に送り出すために育種から出荷まで
すべてのステージで長年研究を続け、誕生しました。

2004年には東京食肉市場、第20回昭和畜肉研究会銘柄豚枝肉共進会にて
最優秀賞を受賞、業界にも認められた豚肉として全国へ展開しています。
ここがすごい!石上ファーム-2『健康豚へのこだわり』 当社では『健康豚』にこだわり、育種から繁殖、肥育までを手掛ける
独自の一貫生産システムを敷いています。
なかでも特にこだわり徹底している生産体制が下記3つです。

『オールイン・オールアウト』
生年月日の近い豚同士を一群として、出荷までグループ単位で
豚を管理する飼育方法。移動や出荷を一斉に行い、
その後一定期間豚舎を空にして洗浄・乾燥・消毒を繰り返し、
感染リスクを確実に遮断する徹底した衛生管理を行っています。

『バイテク肥育』
生後70日を過ぎた肉豚は、ヒノキや杉のオガクズを敷きつめた
ゆとりある豚舎で密飼いをせず肥育。この方法により豚舎内は
匂いもなくいつも清潔であるため、健康豚が育っています。

『トレーサビリティ』
出荷される豚は、各豚舎にある管理カードにより生産履歴を
記録、管理を徹底しています。誕生・導入農場・ワクチン接種履歴等を
記録し、自信を持って安全・安心の豚肉として出荷しています。


▼当社のこだわり、詳しくはホームページにも記載しています。
 こちらもぜひご覧ください▼
http://www.ishigami-farm.co.jp/?page_id=41
ここがすごい!石上ファーム-3『常駐獣医師』 2名の獣医師が常駐し、豚たちの健康に目を配っています。

『獣医師常駐のメリット』
・抵抗性の弱い純粋主の原種豚牧場を安心・安全に管理
・母豚約2,800頭、月産約6,000頭の子豚の健康管理
・検査項目やタイミング、ワクチンなどの的確な判断
・外部機関の検査結果を自社環境に照らし合わせて分析
・適切なウイルス・疫病対策の設計と実施
・健康を維持することで肉質も安定
ここがすごい!石上ファーム-4『飼料へのこだわり』 飼料は豚肉の味わいに大きく影響します。
甘みと旨みを極めるため、厳選した原料を使い、
独自の配合設計によるオリジナル飼料にこだわっています。

『オリジナル飼料のこだわり』
豚の生育状況や季節によって7~8種類の飼料を使い分け。
豚肉の味わいを決める肥育後期には、米や地元鉾田のさつまいもを配合した
特別な飼料を使うなど、すべてをこだわり尽くしています。

『混合飼料ライフパワー』
えさに混ぜることで、微生物の力で豚の腸内環境を整え、糞尿から発生する臭いを軽減。
このライフパワーも関連会社であるグリーン興産で製造しています。
ここがすごい!石上ファーム-5『社内外での分析・研究』 肉質の向上を目指し、自社内はもちろん、外部機関とも連携して
科学的な分析・研究を行っています。

・肉質
 専門会社の力を借りて、科学的な調査結果をもとに更なる品質向上に努めています。

・交配
 種豚と、そこから産まれる肉豚の肉質の関係性など
 交配や遺伝子に関する研究を社内外で行っています。

・設備
 機械制御によって室内環境をコントロールできる豚舎など
 働く社員にも豚にも優しい設備の研究・導入を推進しています。
ここがすごい!石上ファーム-6『地産地消の飼料活用』 茨城県の鉾田市はさつまいもの生産地として有名です。
当社では、市場で値が付かない規格外のさつまいもを近隣農家から買い取り、
資料として活用しています。
ここがすごい!石上ファーム-5『堆肥供給による農業貢献』 鉾田産さつまいもを含んだ飼料で育つまごころ豚。その生活の場であるオガコは
ライフパワーの効果によって良質な堆肥となり、地域の農業に貢献しています。
第16回茨城県堆肥コンクール養豚の部では最優秀賞と特別賞を受賞。

地域とともにある循環型農業は、私たちが大切育んでいきたい形です。
ここがすごい!石上ファーム-5『鹿島アントラーズのオフィシャルサプライヤー』 鉾田市の隣、鹿島市に本拠地を構える鹿島アントラーズ。
当社では、そのオフィシャルサプライヤーとして選手の皆様にまごころ豚を提供しています。

選手の体づくりや活躍を、お肉を通じてサポートできることは、私たちの大きな誇りです。
※養豚界に掲載※ 業界紙である「養豚界」2017年9月号に当社のインターンシップと採用活動が掲載されました。

学内に設置している場合もありますので、ぜひご覧下さい。

連絡先

□〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓□
    有限会社 石上ファーム 
    採用担当/専務取締役 石上

    〒311-1517  茨城県鉾田市鉾田618-1
    TEL:0291-33-5279
    HP:http://www.ishigami-farm.co.jp/
□〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓□
掲載開始:2018/03/01

有限会社石上ファームに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

有限会社石上ファームに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)