株式会社マシン三洋
マシンサンヨウ
2019
業種
商社(機械)
商社(電機・電子・半導体)/商社(金属)/商社(自動車・輸送機器)/商社(事務機器・OA関連)
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

<モノづくり大国ニッポンの『縁の下の力持ち』>
私たちの事業を一言でいうと「機械設備などの専門商社」。約900社のお客様に、メカトロ機器やFAシステム機器、ロボット・マシン、環境機器、切削工具、等といった「モノづくりの現場」で使用される各種機器や部品などの資材を提供しています。
◆2013年 インドネシア進出 ◆2015年には関東進出

当社の魅力はここ!!

事業優位性

他社より価格は高いけど、マシン三洋さんにするよ。

私たちは商社ですが、ただ商品を仕入れて、お客様に納める――だけを良しとしません。私たちがこだわるのは、「とことんお客様を支援する」という姿勢。中小企業から大企業まで、それぞれのお客様のお困りごとを丁寧にお聴きし、最善のご提案をしています。約350社の仕入先から最適な商品を選りすぐり、時には複数の仕入先と一緒に新しい商品を組み上げることも。「正直、他社より価格が高いときもあるけど、ここまでやってくれるなら、マシン三洋さんに発注するわ」――お客様からこんなお言葉をいただけるときも。「お客様のために」という姿勢こそが、マシン三洋の強みです。

仕事内容

みんなで守り続けてきたお客様との信頼のタスキをあなたに。

様々な“職種”によって成り立っているマシン三洋。今回はその中でも事業の鍵を握るルート営業の1日をご紹介します。 【仕事の流れ~ある営業パーソンの場合】 [8:30]朝礼、FAX・メール対応。 [9:30頃]車で出発。2~4社のお客様を訪問。 [12:00頃]昼食。3~5社のお客様を訪問。 [16:30頃]帰社。仕入先との折衝等。見積り回答。その後退社。 【あなたにお願いしたいこと】内勤営業(業務)の社員とタッグを組み、15~30社のお客様を担当していただきます。今まで先輩たちが築き上げてきたお客様を大切に引き継いでください。

魅力的な人材

与えられるのを待つのではなく、自ら積極的に努力する人材。

マシン三洋では、「勉強したい!」「成長したい!」と自ら努力する人材を求めています。そのための研修制度や社内制度は充実していると自負しています。若いうちから責任ある、様々な仕事を任せたり、社長である私と年1回、個別面談を行い、「どんな自分になりたいか」などを聞き、新しい仕事を任せたり…。2013年からは海外展開も開始。海外で働きたい方にも活躍できるフィールドを用意しました。自己啓発のために階層別研修、内勤業務勉強会、自己啓発制度、日経テスト受験、メンター制度等を実施したり、年4回全社員が集まる社内行事を開催したりと、社員間でのコミュニケーションを取りながら、社員同士が切磋琢磨できる環境を整えています。

会社データ

事業内容 ■機械設備などの専門商社

関西を中心とした約650社のお客様に、数万アイテムに渡る「モノづくりの現場」で使用される機械・部品などを提供しています。

例えば・・・
★某遊園地のアトラクションの乗り物用部品
★スマートフォンや液晶テレビのガラスカット装置用部品 
★回転寿司のレーンに関わる部品
★電車の自動ドア開閉に使われる部品
★パン工場で搬送用に使われるコンベア
★コインパーキングのシステム


などなど。製造業を介して、いろいろな産業に幅広く関わっています。皆さんが普段接する商品は、工場で、機械によってつくられたものばかり。マシン三洋は、日本のモノづくりを支える会社です!

具体的には、以下のような商品群を取り扱っています(見慣れない言葉かもしれませんが、入社後に学んで頂く機会がありますのでご安心ください)。
 【FAメカトロ機器】
  ・電機制御機器
  ・油・空圧機器
  ・変・減速機器
  ・ロボット

 【工作機械】
  ・マシニングセンター、CNC旋盤
  ・放電加工機、ワイヤーカット
  ・研削盤
  ・CAD/CAM

 【機械・工具】
  ・切削工具
  ・電動・エアー工具
  ・作業工具
  ・測定精密機器
  ・ゴム化学製品

 【環境・省エネ・物流】
  ・ポンプ、洗浄機、送風機、環境機器
  ・空調・流体
  ・事務機器・家電
  ・バルブ・管材
  ・コンプレッサー
会社ホームページ http://www.machine-sanyo.com/
設立 1965年10月
(創業:1956年6月)

創業60周年以上の伝統ある企業です。
資本金 5,000万円
従業員数 78名(2017年8月)
平均年齢 32歳
売上高 2016年7月……44億175万円
2015年7月……41億9,700万円
2014年7月……37億3,500万円
2013年7月……36億1,000万円
代表者 代表取締役社長 堤中 徹
事業所 ◆関西
◇淀川営業所、本社管理室…大阪府大阪市淀川区
◇東大阪営業所……………大阪府東大阪市
◇枚方営業所………………大阪府枚方市
◇南大阪営業所……………大阪府堺市
◇奈良営業所………………奈良県大和郡山市
◇滋賀営業所………………滋賀県栗東市
◇明石営業所………………兵庫県明石市

◆関東
◇埼玉営業所………………埼玉県入間市

◆海外
◇インドネシア現地法人
海外進出 【お客様のグローバル展開を支えたい】
日本が誇る技術力は世界から高く評価され、大規模工場など多くの日系企業が海外進出を果たしています。マシン三洋がご提供した商品が、まわりまわって海外のお客様のお役に立っていることも、今や珍しいことではありません。

「もっと海外にいらっしゃる企業様のお役に立つ方法はないか」

そんな思いから、マシン三洋は2013年春、インドネシアに現地法人を設立致しました。
主要取引先 ・大手食品メーカー
・大手製薬メーカー
・テーマパーク
・某国立大学等

※関西を中心に、約650社の企業様とお取引をいただいております。
沿革 ○1956年06月 | 大阪市淀川区十三にて『三洋工具商会』として個人創業し、機械工具の販売を開始。 
○1965年10月 | 社名・組織を変更し『三洋工具株式会社』を資本金200万円で設立し、堤中重和が代表取締役に就任する。 
○1968年04月 | 大阪市淀川区三津屋に用地を取得し、本社新社屋を建設する。 
○1970年01月 | 社名を『株式会社マシン三洋』に変更する。 
○1970年07月 | 東大阪市長田に『東大阪営業所』を開設する。 
○1974年10月 | 東大阪市本庄の大阪機械卸業団地に新社屋を建設し『東大阪営業所』を移転開設する。 
○1981年09月 | 枚方市出口に新社屋を建設し『枚方営業所』として開設する。 
○1998年10月 | 奈良県大和郡山市今国府に新社屋を建設し『奈良営業所』を開設する。 
○2001年03月 | 堤中重和が会長に、堤中徹が社長に就任。
○2002年12月 | 滋賀県栗東市小柿に 『滋賀営業所』を開設する。 
○2004年12月 | 『派遣事業部』を開設。一般労働者派遣事業許可(般27-300190)を受け派遣事業を開始。 
○2006年04月 | 三重県鈴鹿市野町に『三重営業所』を開設。 
○2008年08月 | 奈良県大和郡山市小泉町に『奈良営業所』を移転。
○2011年04月 | 兵庫県明石市野々上に『明石営業所』を開設。
○2013年02月 | 兵庫県西宮市に『阪神営業所』を開設
○2013年03月 | インドネシアに現地法人設立
○2015年05月 | 埼玉県入間市に『埼玉営業所』開設
○2016年11月 | 東大阪市長田に『東大阪営業所』を移転
○2017年06月 | 堺市北区に『南大阪営業所』を移転 
研修 社内研修を、早くも2006年から開始。社長の「意欲的な社員に学ぶ場を提供したい!」という想いからスタートしました。現在はメンター研修、新入社員研修、階層別研修、内勤業務勉強会、外部講師研修、メーカー勉強会など多岐に渡ります。そんな社長も、2011年に経営管理修士(MBA)を取得。自身の成長意欲もすごいです!
2012年にはワークライフ・マネジメントに取組み始め、2017年には社内研修制度をリニューアル!
社内行事 当社は年に4回、営業所の垣根を越えて全社員が集まる社内行事があります。レクリエーションやスポーツ、バーベキューを通して、他の営業所の社員と交流できるので、毎回和気あいあいとした雰囲気です。社風の良さは毎年学生の方にご好評いただいております。ちなみに内定者には行事に参加してもらって、入社前にマシン三洋の雰囲気を肌で感じてもらえるようにしています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)