日特建設株式会社
ニットクケンセツ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

日特建設株式会社

【東証一部上場】【建設・環境・防災・都市再生・地質】
  • 株式公開
  • 正社員
業種
建設
建設コンサルタント
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

★5月追加日程UP!説明会予約受付中★土木・地質・農学・環境系積極採用★技術・事務系エントリー受付中★
「守る」技術で、つながる未来へ。をテーマに、専門技術で日本の総合基礎工事分野をリード。弊社の専門技術は重要文化財遺産敷地内での斜面復旧工事等で多く採用されています。地震・台風・豪雨等の自然災害が各地に深刻な被害をもたらす中、環境防災・維持補修・都市再生を柱に、安心・安全な国土造りに貢献しています。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

人と社会と環境に調和する特殊技術を未来のために

~~ 「守る」技術でつながる未来へ。~~ 2013年9月の台風18号の大雨により、世界遺産である清水寺境内の斜面が崩壊し、2014年から2015年にかけ、地山補強土工やグラウンドアンカー工で崩壊斜面を補強し、ジオファイバー工法で覆う工事を行いました。これから草木が成長し、緑豊かな景観が戻ってきます。清水寺では過去にも記録的豪雨による土砂崩れが発生しジオファイバー工法で斜面復旧しました。この時復旧した斜面は今回の豪雨に耐え、ジオファイバー工法の優位性が改めて確認されました。このように、貴重な文化財や史跡の安全を守りつつ景観を復旧する工事に、日特建設の技術が貢献しています。◇◆会社HP: http://www.nittoc.co.jp/◆◇

戦略・ビジョン

より豊かな社会を実現するための最適なソリューション

創業以来、半世紀に及ぶ歴史と経験から培った高度な知見をベースに、総合基礎工事分野をリードし、施工から地質に関する豊富な技術ノウハウを蓄積した企業に成長してまいりました。他の建設会社に先駆け、社員が常に考えてきたのは、「地球と共に歩み進んでいくこと」「社会のニーズに対応すること」でした。そのために新技術の開発、環境・防災・維持補修・都市再生分野などをテーマとした技術開発に積極的に取り組むとともに、工事においては、基礎、法面対策、地盤改良、地質調査等の技術スタッフと施工部門とのチームワークで総合力を発揮しています。日特建設は、より豊かな社会を実現するためのソリューションを常に提供し続けています。

社風・風土

NITTOCでしかできない仕事、私にしか創れない未来。

日特建設の社員は創業以来常に、私たちが住むこの地球に対して責任を持ち、夢を持って仕事をしてまいりました。業務を推進する際、時には大きな壁にぶつかり、時には議論を戦わせ、時には涙を流しながら、でも決してあきらめることなく、チャレンジし続ける、それが日特社員の精神となっています。これら脈々と先輩社員から引き継がれている想いは、見える部分は勿論のこと「見えないところにこそ価値があり、大切にしなければならない」ただその一点につきます。未来の夢のため、「社員一人ひとりの気持ちを大切にし、個性を伸ばす」そんな会社です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■技術系 :施工管理、設計、積算、技術研究・開発、技術営業、工務事務等の業務に携わっていただきます。
■事務系 :支店・作業所事務、経理、財務、総務、人事、経営企画、営業事務等の業務に携わっていただきます。

新入社員研修をはじめ、若手研修や階層別研修、技術研修、職種別研修が充実。

社員一人ひとりの気持ちを大切にし、個性を伸ばすことで、
優れた専門性と多様性をもつ人材への成長を願っています。

会社データ

事業内容 一般土木、基礎工事(ダム・法面・緑化・地盤改良・杭)、地質コンサルタント
設立 昭和22年12月17日
資本金 60億円
従業員数 1,140名
売上高 565.6億円(平成29年3月末実績)
経常利益 35.0億円(平成29年3月末実績)
代表者 代表取締役社長 永井典久
事業所 本店/東京都中央区
支店/札幌、東北、東京、北陸、名古屋、大阪、広島、九州
    直轄グラウト部、海外事業部
営業所・出張所/全国41カ所
試験所/2カ所
沿革 昭和22年 : 地質調査、土木建築基礎工事を事業として創業
昭和47年 : 日特建設株式会社に社名変更
昭和49年 : 道路、河川工事などを受注
        一般土木部門に進出
昭和54年 : 緑興産株式会社を設立(現・連結子会社)
昭和58年 : 東京証券取引所第2部上場
昭和60年 : 東京証券取引所第1部上場
平成12年 : ISO14001取得(技術本部)
平成15年 : 全社統合ISO9001審査登録
平成16年 : 島根アースエンジニアリング株式会社を設立(現・連結子会社)
平成24年 : インドネシア・南ジャカルタに駐在員事務所開設
平成25年 : 山口アースエンジニアリング株式会社を設立(現・連結子会社)
平成27年 : 本店を東京都中央区東日本橋に移転
平成28年 : PT NITTOC CONSTRUCTION INDONESIAを設立(連結子会社)
経営理念 ・使命(Mission)
 安全・安心な国土造りに貢献する会社
・価値観(Value)
 基礎工事における総合技術力と効率的な経営
・あるべき姿(Vision)
 信頼される技術力に培われた、環境・防災工事を主力とした基礎工事のエキスパート
技術審査証明取得 平成 4 年 : ジオファイバー工法(土留擁壁・のり面保護用連続繊維補強土)
平成 6 年 : ReSP工法(老朽化したコンクリート法面の補修、補強に関する機械化施工技術)
平成10年 : スーパーMCアンカー
平成11年 : ネッコチップ工法(伐採材と現地発生土を利用した法面緑化工法)
平成12年 : 親杭パネル壁工法(拡幅工事に用いる山留め式擁壁工)
平成13年 : EHD永久アンカー
平成15年 : ST集排水工法
        ECW工法
平成16年 : グラウトインスペクタシステムNT
平成17年 : Multi CO-MIX(グラウチング用セメントミルク) 共同開発
                In-Cap工法(固化改良を併用した既設橋脚基礎構造物の耐震補強工法) 共同開発
                曲線ボーリング装置(TULIP工法)
平成18年 : ダブルミキシング
平成19年 : ソイルセメント合成網管杭工法(HYSC杭)
平成20年 : パワーブレンダー工法 共同開発
URL オフィシャルHP http://www.nittoc.co.jp

連絡先

〒103-0004
東京都中央区東日本橋3-10-6 Daiwa東日本橋ビル
TEL:03-5645-5044
掲載開始:2018/03/01
この企業は、以下の特集で紹介されています
建築・土木系学科卒の先輩が語る! この会社を選んだ理由

日特建設株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

日特建設株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)