海老名市
エビナシ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • 正社員
業種
公社・官庁
本社
神奈川

会社データ

事業内容 ○海老名市第四次総合計画
市では、人口や財政の将来推計や土地利用の方向性など、30年後50年後の将来を見据えた上での、2008年度(平成20年度)から2017年度(平成29年度)までの10年間を計画期間とする総合計画「海老名市第四次総合計画」を策定し、各種施策・事業の展開を図っております。
総合計画とは、市における総合的・計画的な行政の運営を図るための基本的な考え方やそのための具体的な事業を示す、市の最上位計画です。

○基本構想
「ゆとりと活力のあるまち」・「安全安心で快適に暮らせるまち」・「支えあい、自治の確立したまち」の3つの基本理念のもと、将来の市の姿をあらわす将来都市像を「快適に暮らす 魅力あふれるまち 海老名」と定めています。

○基本計画
平成25年度からスタートした後期基本計画では、前期基本計画の内容を継承しつつも各事業の進捗状況や評価結果、社会情勢の変化等を踏まえた必要な見直しを行っており「基本構想」で掲げた市の将来都市像、「快適に暮らす 魅力あふれるまち 海老名」を実現するため、福祉、教育文化、環境、産業などの分野ごとに政策を示した政策別計画と地域の実情に応じて取り組むべき事業を整理した地域別計画により各種事業を展開していきます。

○政策別計画
「基本構想」で定めた海老名市の将来都市像「快適に暮らす 魅力あふれるまち 海老名」を実現するため、市が進めるべきまちづくりの基本目標を6つのフィールドとして示しそれぞれのフィールドの創出に向けた政策を行政の分野ごとに体系的に整理しました。政策の中には、様々な施策を位置づけており、これら施策を実施することでまちづくりを推進します。

○地域別計画
地域の地理的特徴、歴史・風土、観光資源等を最大限活かすとともに地域が抱える課題に対して、より効果的な施策展開ができるように、市域を北部、海西、国分、大谷、南部の5つのブロックに区分し、各々の地域特性に合わせた取り組みを位置付けました。
これらの取り組みを実施することで地域の発展を推進します。
設立 昭和46年11月 市制施行
職員数 807名(平成29年4月1日現在)
代表者 海老名市長 内野優
事業所 海老名市役所

連絡先

海老名市役所
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
Tel:046-231-2111(代表)
掲載開始:2018/03/01

海老名市に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

海老名市に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)