株式会社東亜利根ボーリング
トウアトネボーリング
2019

株式会社東亜利根ボーリング

東亜道路グループ/掘削機の機械設計/土木工事/施工管理
業種
機械
建設/機械設計/商社(機械)/建築設計
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

会社説明会、3月・4月随時開催中!!

【間もなく創業100年!】
私たちは「掘削機械の製造販売」「土木工事」をしている会社です。再生可能エネルギー熱利用、地下資源開発、都市土木などに必要となる掘削機械の製造販売と、地中連壁工事、場所打ち杭工事、地盤改良工事などの土木工事を行っています。
独自の技術を生かしながら、時代にスピーディーに対応した事業展開と人材育成を進め、さらに挑戦を続けていきます。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

100年という歴史を背景に、新たな価値の創造に挑戦していきます

当社の創業は1917(大正6)年。国内産業が急速な近代化をするなかで、掘削機の開発を手掛けてきました。以来100年余り、独自の開発力・技術力を高めて、国内にとどまらず東西アジアやアフリカ、欧州、アメリカなどの国土開発、数多くの国際協力に取り組み、社会の発展に寄与してきたと自負しています。再生可能エネルギー開発の分野には特に力を入れており、地中熱利用や地熱発電で使用する掘削機械販売で高いシェアを誇っています。その一つとして、東京のシンボル的施設の冷暖房設備の施工では、当社の超高速振動掘削機ソニックドリルが使用されています。今後もお客様に信頼をいただき、新たな価値を創造する挑戦を続けていきます。

事業優位性

当社の技術は常に先端分野に関わり、高いシェアを占めています

当社の技術は常に先端分野に関わっております。たとえば、土木工事事業として手掛ける地中連続壁工事は、専用機械の開発・製造と共に、施工においても国内で高いシェアを誇り、東京湾横断道路の遮水壁構築工事も当社が行いました。また次世代新幹線工事で使用される「回転水平多軸式連続壁機」は国内唯一のメーカーとなります。土木工事と製造メーカーという異なる事業を持つ強みを十分に活かした事業展開を可能としています。近年はNEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の業務委託により、掘削機械の「自動制御」「低騒音化」といった環境技術分野の研究開発にも取り組んでおり、今後は機械学習も検討していく予定です。

社風・風土

技術の伝承に必要なものそれは思いやり

技術という言葉に、淡々と作業を進めるイメージをもっていませんか?東亜利根ボーリングは人間味あふれる会社です。技術を提供することはもちろん、お客様や仲間の気持ちになって、ひとつひとつの仕事に思いやりの心を込めています。私たちは技術の伝承も同じだと考えています。次に仕事のバトンを受け取った人がスムーズに仕事を進められるように、何が必要かを考える思いやりが大切です。図面や資料など目に見える部分とともに、些細なことや目に見えない部分にも真心を込める。長い時間をかけてベテラン社員から思いやりのリレーを行うことで、技術・経験の伝達ができる。それが東亜利根ボーリングの精神です。

会社データ

事業内容 ■掘削機(地中連壁機、ボーリングマシン等)などの製造・販売
■宅盤改良工事機、土壌汚染調査機の製造・販売
■地中連続壁工事、場所打ち杭工事、地盤改良工事などの土木工事
設立 創業 1917年5月4日
設立 1970年12月18日
資本金 9,500万円
従業員数 107名(平成29年1月1日現在)
売上高 470,000万円(平成27年3月期)
代表者 代表取締役社長 伊藤 春彦
事業所 ■本社
東京都港区六本木7丁目3番7号 東亜道路工業ビル3F

■支店
関東支店、関西支店

■営業所
札幌、東北(仙台)、大阪、福岡

■工場
塩山工場(山梨)
特定建設業許可 国土交通大臣 (特-28)第13965号
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)