横浜丸中青果株式会社
ヨコハママルナカセイカ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

横浜丸中青果株式会社

野菜・果実など食品の総合商社
  • 正社員
業種
商社(食料品)
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

神奈川県最大の青果卸売会社として、安心して食べられる新鮮な野菜や果物をお客さまにお届けすることが使命。創業以来、産地とのネットワーク作りや業界に先駆けた先進的な青果物物流システムの構築で高い鮮度での安定供給を可能にしています。近年ではこれまで培ってきた産地とのネットワークを生かして、スーパーや量販店への直販ルートを開拓。今後も多様なニーズに対応すべく、新しい取り組みも積極的に行っていきます。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

神奈川県最大市場の強みを生かし、新たなマーケットを開拓せよ!

創業70年、これまで培った全国の生産者とのネットワークと神奈川県という大きなマーケットを武器に、ビジネスを飛躍させるチャンスが溢れています。例えば評価の高い国内産野菜を海外に卸すルートを作ることも、国内企業とタッグを組み新しい流通を提案することも、生産者さんとの絆を作り、自分が見つけた美味しい青果物を多くの食卓に届ける喜びも味わうこともできます。あなたの仕事は日本中の食卓を笑顔にする、なくてはならない仕事です。商いの原点を味わいたい方、大きな商売をしたい方、今後変化の兆しのある青果市場で新たなマーケットを作る面白さを体感しませんか?

仕事内容

業界をリードする青果卸売会社として労働時間の短縮化に成功!

6時50分、場内に鳴り響くベルを合図に、飛び交う掛け声、セリが始まる。瞬く間に商品が取引され売り場を片付け朝食をとったら、次は事務所内で取引報告などの事務作業。午後になると明日の取引に向け仲卸と生産者の間に入り、出荷・販売を調整する受発注業務。時には担当品目の生産地へ直接出向き、安定した出荷を約束してもらうための交渉をすることも。天候や季節に左右されやすい青果物を、安定的に神奈川県全域に供給できているのは、彼ら営業の努力が隠れている。そんな営業部も今年から本格的にチーム制を採り入れ、営業アシスタントへ息の合ったバトン渡しで分業体制を確立。結果として長年の課題であった労働時間の削減に成功しました。

社風・風土

市場営業の魅力の一つは、人と人との信頼関係

入社当初は先輩社員のサポート業務が中心ですが、販売先である仲卸や小売商との信頼構築の大切な期間です。「せり人」資格を取得してからは、数ある青果物の中から担当品目を持ち、その仕入れから販売までを行います。産地や消費地の日々の天候や需給状況を先読みして流通量をコントロールすることで、適正な相場形成を目指します。当社への信頼や担当する人に対する信頼感で出荷量が左右されることもあります。そのため、産地とのつながりを大切にすることはとても重要で、こちらから出向いて産地の状況を確認するとともに、生産者との信頼関係を築くことも欠かせません。横浜丸中青果で人との信頼感を大切にする仕事をしてみませんか?

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

全国の産地や商社から、消費者ニーズに沿った、数多くの青果物を受託や買付により集め、神奈川県を中心とした小売店、量販店、中食・外食産業等、「食」につらなるあらゆる販売先へ仲卸業者を通して供給するのが私たちの仕事です。
青果物の卸売営業をはじめとして関連する様々な職種で活躍していただきます。

会社データ

★横浜丸中青果の概要 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
社名 横浜丸中青果株式会社 /  YOKOHAMA MARUNAKA SEIKA
事業内容 青果卸売業
*神奈川の家庭に安心して食べられる新鮮な野菜や果物を届ける使命があります。
設立 昭和22年9月9日
*創業70年目を迎えました
資本金 2億1,120万円
従業員数 248名
売上高 837億円(2017年3月期実績)
代表者 代表取締役社長 後藤 正明
事業所 本社/横浜市神奈川区
南部支社/横浜市金沢区
湘南支社/藤沢市
*本社は横浜駅に近く、みなとみらい地区が一望できる好立地!
主な取引先 GMS、CVS、中食、外食チェーン、全国JA経済連他
関連会社 横浜市場センター株式会社、横浜ロジスティクス株式会社 他
平均年齢 41歳
*平成29年3月31日現在
平均勤続年数 12年7ヶ月
*平成29年3月31日現在
★横浜丸中青果の歴史 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
沿革 1931年 神奈川区山内町に横浜市中央卸売市場「本場(ほんじょう)」が開設される。
          中央卸売市場としては国内3番目、東日本では最初の市場となる  
1947年 横浜中央青果株式会社の商号で、神奈川区山内町1番地に当社の前身が設立
1948年 商号を横浜丸中青果株式会社に変更
1949年 神奈川県青果部卸売の許可を取得
1958年 青果部拡張工事完成 神奈川区橋本町1番地に本社移転
1966年 青果卸売会社としては日本初のコンピュータ導入
1972年 青果物をパッケージする丸中プリパック(株)を設立
1973年 農林大臣より横浜市中央卸売市場 南部市場の青果部卸売人の業務許可を取得。
          南部支社を開設
1977年 横浜市中央卸売市場南部市場において港南青果センター(株)を設立
1985年 青果物を加工するトーホー食品(株)を設立。青果部卸売場拡張工事
1992年 横浜市中央卸売市場 本場に青果部卸売場完成
2000年 青果物を販売する横浜市場センター(株)を設立
2003年 横浜市中央卸売市場 南部市場に低温卸売場完成
2004年 横浜市場センター(株)が、丸中プリパック(株)、港南青果センター(株)、
          トーホー食品(株)、横浜市場センター(株)の4社を吸収合併
2005年 横浜市中央卸売市場 本場 低温流通センター完成
          横浜市場センター(株)カット工場リニューアル 横浜ロジスティクス(株)を設立
2006年 横浜ロジスティクス(株)南部市場に業界初「横浜フレッシュセンター」完成
          南部市場に高機能低温卸売場完成
2007年 南部市場「第二青果センター」完成
          横浜フレッシュセンターを運営する横浜ロジスティクスサービス(株)を設立
2010年 横浜市場センター(株)、横浜ロジスティクスサービス(株)、長後丸中青果(株)が合併し
      横浜市場センター(株)となる
2011年 共同出資により(株)mamatoを設立 藤沢市場に卸売棟完成
2012年 全国初の民営化として、「湘南藤沢地方卸売市場」開設
      湘南青果(株)を子会社化 藤沢市場に配送棟完成
2013年 湘南藤沢市場に湘南支社を開設
2015年 共同出資によりマイケーフーズ(株)を設立
      横浜丸中ホールディングス(株)を設立
2016年 横浜第3フレッシュセンター完成
★横浜丸中青果の挑戦 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
青果物低温物流 青果物のサプライチェーンマネジメントの構築を目指し、冷凍・冷蔵・常温の3温度で青果物を管理できる配送センターと、卸売場自体を低温化した高機能低温卸売場により、産地から小売店までのコールドチェーンが確立され、消費者の皆様が求める鮮度の高い安心安全な青果物をご提供しております。
外販事業 全国に展開する当社の産地ネットワークを活用し、用途に応じた食材を安定供給できる体制により、外食チェーンや大型スーパー、コンビニ向けとして、それぞれのニーズに応じたカット野菜など、商品企画や売場づくりのご提案、産地提案などを積極的に行い、関東一円を中心にトータルサービスで青果物をご提供しております。
市場運営 全国初の試みとして藤沢市地方卸売市場を民営化し、市場運営を始めました。これによりこれまでは実現できなかった異業種との連携を図り、神奈川県西部地域における青果物供給センターとして更に機能を充実することができました。
ブランド野菜 地元湘南地域で栽培された野菜を『湘南野菜』というブランド名で、主に神奈川県内のスーパーや量販店等で販売し、地産地消に努めています。
食育推進事業 食の検定協会の賛助会員として、社員の検定資格のバックアップをするとともに、食育という観点での営業活動に取り組んでいます。
★取り巻く環境 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
卸売市場法の改正 平成16年の卸売市場法の改正に伴い、卸売会社の収益の中心である産地からの委託手数料の弾力化(自由化)が平成21年4月から施行されました。この措置により、各卸売会社は生き残りをかけた本当の意味での競争が始まりました。
市場外取引の台頭 これまで青果物流通の主流であった市場取引に加え、大手流通業を中心に市場に頼らず独自に流通ルートを構築した市場外取引が徐々に増加しています。当社ではこれらの環境変化にいち早く対応し、日本の青果物流通を変革する取り組みを行っています。
★青果卸5つの機能 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
集荷機能 農産物は天候や自然災害の影響を受けやすく、毎年、収穫量に変動がありますが、青果卸売会社は全国の産地や海外から農産物を集めるネットワークを持ち、消費者のさまざまなニーズに応えながら、安定した集荷を行なっています。
分荷機能 産地から集まった農産物は、買参人(市場で卸売業者から商品を買うことができる買参権を持った小売業者など)ごとに必要量に小分けされ販売されます 。
価格形成機能 卸売会社は”せり”という仕組みにより需要と供給のバランスを反映した公正な価格を取り決めます。決定された商品ごとの価格は、市場の開設者である自治体に入荷量や販売数量などとともに毎日報告し、市場内にも公開することが義務付けられています。
決済機能 青果卸売会社は、入荷量と買参人が買い付けた価格をもとに出荷者に商品の代金を支払い、一方で買参人からの販売代金の回収を行ないます
情報機能 産地から農産物のでき具合、収穫量の情報を収集し販売先に提供しています。産地へは販売価格や販売量などの情報を提供します。これにより需要と供給のバランスを保ち、安定供給を行っています。また消費者の嗜好にあわせた野菜や果物を栽培できるよう、消費者のニーズを情報収集し産地に提供しています。

連絡先

〒221-0054 横浜市神奈川区山内町1番地
横浜丸中青果(株) 管理部
TEL:045-461-6161(代表)
掲載開始:2018/03/01

横浜丸中青果株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

横浜丸中青果株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)