株式会社壱番屋
イチバンヤ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社壱番屋

カレーハウスCoCo壱番屋(ココイチ) FCチェーン本部
  • 株式公開
  • 正社員
業種
外食・レストラン・フードサービス
食品/商社(食料品)/コンサルタント・専門コンサルタント/広告
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

カレー専門店において世界トップクラスの店舗数を展開する壱番屋。世界中にココイチを広げている真っ最中!カレーのみならず新しい業態展開も進めており、総店舗数は約1460店舗。

そんな当社ではチェーン本部の様々な分野の業務を牽引する人材を募集します。事業展開が着実に進む環境、幅広いフィールドで社員一人ひとりが成長し主体的に活躍できる。店舗運営のみならず、常にフードビジネスの新しい可能性に挑戦します。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

世界トップクラスのカレー専門チェーン!

1978年に1号店をオープンし、創業から38年。国内外を合わせて1400を超える店舗数となり、全世界で年間のべ1億人以上のお客様にご利用いただいています。「ココイチ」の愛称で誰もが知るチェーンとなりました。お客様に満足していただきたい、喜んでいただきたい、感動を呼びたい。その想いは店舗で働く従業員だけでなく、本部においても同様です。「経営を通じ人々に感動を与え続け、地域・社会に必要とされる存在となること」「当社にかかわるすべての人々と幸福感を共有すること」これが当社の変わることのない理念です。これからも更に成長を続け、多くのお客様に愛される壱番屋で一緒に活躍しませんか?

戦略・ビジョン

「ココイチ」を世界に発信!

中国を始め、アジア・アメリカなど10の国と地域で160店舗を超え展開する当社では、今後も新たな国々への進出を計画中。2015年にイタリア・ミラノで開催された「ミラノ国際博覧会」では日本館フードコートへ出店し、期間中、約6万人の世界中からやって来たお客様に日本のカレーライスを提供しました。日本式カレーライスの店舗は世界でもまだまだ少なく、当社が先駆者として開拓中。今後も世界に日本のココイチの味と接客を発信することで、カレーライスのインフラ企業となることを目指し展開を進めます。日本のカレー文化を世界に広めるという大きな目標を持った当社の社員が海外で活躍する機会は、ますます広がっています。

仕事内容

様々なキャリアステップがイチバンを創る!

当社ではスーパーバイザー、海外事業、新商品開発、新規業態の開発、品質・衛生管理をはじめとしたチェーン本部の様々な部署、業務があり、「本部は店舗の為にある」という考え方の下、多くの社員が活躍しています。当社の社員が活躍するフィールドは店舗だけではありません。年齢・社歴に関係なく完全実力主義を採用。任せられる仕事のハードルは決して低くはありませんが常に成長し、挑戦できる環境が整っており、社員一人のアイデアがチェーン全体を動かすということもあります。自分のやりたいことにチャレンジする社員がイチバンを創っており、一人ひとりが主役になれる会社です。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

新卒採用した人材が担うのは、チェーン本部を率いる本部社員としての仕事です。

FC経営コンサル、海外出店、新規業態開発、メニュー開発、広報・販売促進、衛生管理、店舗設計・施工、食材購買、物流管理、ライセンスビジネス、人材採用・教育やフランチャイズ経営者…FCチェーン本部が手掛ける様々な幅広い業務・職種があります。「こうなりたい!」 「こんな仕事がしたい!」理想の自分に、まっすぐに向かって下さい。

会社データ

事業内容 『カレーレストランチェーン店舗数世界一!』としてギネス世界記録(※)に認定されたカレーハウスCoCo壱番屋。
 
『一週間で最も多く一杯単位で販売されたカレー』 の世界記録として、CoCo壱番屋でのカレーライスの販売数は2つ目のギネス世界記録(※)に認定されています。

このCoCo壱番屋をフランチャイズとして展開するチェーン本部が株式会社壱番屋です。
「カレーハウスCoCo壱番屋」等の飲食店の運営・業務管理を行っています。当社はフードビジネスを通して、店舗の運営のみならず、多くの方に幸福感と感動をお届けするとともに、常に新しい可能性に挑んでいます。(※ギネス世界記録TMはギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標です。)

●○独自の人材育成によるFC展開 ブルームシステム○●
壱番屋でのフランチャイズ展開はブルームシステム(BS)と呼ばれる人材育成制度により社員をFC店舗経営者候補として育成し、キャリアアップを進めるシステムを導入しています。このシステムにより若くして経営者として活躍するキャリアもあります。


●○カレーだけではないのです○●
壱番屋、ココイチと聞くと、「カレー!」とイメージしてもらえる企業に成長を果たしました。それは、もちろんありがたいことなのですが、現在、カレー以外の業態の展開・開発にも積極的に取り組んでいます。

・「カレーハウスCoCo壱番屋」(カレー専門店)
・「パスタ・デ・ココ」(名古屋名物あんかけスパゲッティの専門店)
・「麺屋ここいち」(カレーらーめん専門店)
・「にっくい亭」(ハンバーグ専門店)

全業態をあわせた店舗総数は約1,460店舗!ますます勢いに乗る壱番屋です。


●○メーカーとしての壱番屋○●
 店舗で扱う商品の食材製造工場(セントラルキッチン)を持つ当社ではそのメーカーとしての機能の充実を進めています。これまで他社に委託してきたレトルトカレー製造も自社生産に切り替え、2014年11月から販売を開始しています。


●○アグリビジネスへの参入○●
 自社農場にて農作物の栽培行い、店舗へ供給するアグリビジネスに着手しました。栽培は東海地方で始め、店舗でサラダなどに使用する野菜から手掛け、今後の展望を切り開いていきます。

企業理念 ●日本人の国民食ともいえるカレーライスを提供する。ただカレーライスを提供するだけでこれだけ規模に成長できたのでしょうか。外食に対しお客様の求めることは日々変化します。「同じことをやっていてはダメ!」と変化する、成長する、挑戦する。しっかりとお客様の要望に向き合い、社是である「ニコ・キビ・ハキ」を実践し、お客様第一主義で取り組んできた結果、今の壱番屋があります。

社是  「ニコニコ・キビキビ・ハキハキ」
ニコニコ笑顔で、キビキビ働き、ハキハキこたえる。店舗での接客の基本?その通りですがこれは店舗だけに留まらず、壱番屋グループ全従業員の基本姿勢です。壱番屋の社風とはまさに「ニコ・キビ・ハキ」です。


●すべてのお客様に満足していただきたい、喜んでいただきたい、感動を呼びたい。その想いは店舗で働く従業員だけでなく、本部社員においても同様です。

「経営を通じ人々に感動を与え続け、地域・社会に必要とされる存在となること」「当社にかかわるすべての人々と幸福感を共有すること」

ミッション  「経営を通じ人々に感動を与え続け、地域・社会に必要とされる存在となること」
 壱番屋では、多様なニーズに応えるメニューやシステムの開発はもちろんのこと、接客サービスの徹底、店舗近隣の清掃などをとことん実践し、決して妥協はしません。お客様だけではなく、地域の方にも「壱番屋がここにあってよかった!」と思っていただける環境の提供を行うため、様々な社会貢献活動にも取り組んでます。

経営目的  「当社にかかわるすべての人々と幸福感を共有すること」
 会社にかかわるすべての人々とは、店舗に来ていただくお客様だけに留まりません。株主様、FC加盟店様、お取引業者様・・・当然私たち従業員も含まれます。そのすべての人々に、つねに公明正大であると同時に、相手の立場にたって考えて行動し、満足していただけるよう努めて、これからも、私たちを取り巻く人々の喜びを自分の喜びと感じられる「人間力」を向上させ、ホスピタリティーを企業文化へと高めていきたいと考えます。

これが当社の変わることのない理念です。
国内展開について 外食産業について業界研究をするとその市場は1997年をピークに縮小傾向とあります。高齢化や少子化、消費税と逆風が吹き荒れる外食市場…でも、そんな市場においても着実に成長を続ける企業があることを知っていますか?

1978年の1号店の出店以来、カレーライスを気軽に食べられる専門店として着実に店舗を拡大し、現在「カレーハウスCoCo壱番屋」は「ココイチ」の愛称でお客様に親しまれています。またカレーだけでなく、あんかけスパゲッティやカレーらーめん、鉄板ハンバーグの店舗も運営するなど、様々な業態で着実に成長を続けています。店舗数も国内1,300店、海外155店、計1,455店となっています。(2018年5月末)
壱番屋はフランチャイズチェーンとして全国展開を行なっていますが、その活動はチェーンの枠組み内には留まりません。

●○ストア・レベル・マーケティングの取り組み○●
以前は、決まった商品を決まったオペレーションで管理し、全ての店舗で均一のサービスを行っていました。しかし、現在では、店舗ごとにその店舗に適したサービスを行う「ストア・レベル・マーケティング」を推進。例えば、その土地の名産を使った「ご当地メニュー」開発など、地域ならではのサービスを実践し、より一段上の満足を提供しています。

●○多言語メニュー○●
ココイチは、外国人のお客様にも多く来店いただいております。全てのお客様が快適にご利用いただけるよう、全店舗で多言語メニューをご用意。通常のメニューブックには英語・中国語・韓国語を記載。さらに5ヶ国語(ロシア語・アラビア語・ポルトガル語・タイ語・スペイン語)の記載があるメニューブックを揃えています。
海外展開について カレーハウスCoCo壱番屋は国内だけでなく、海外へも積極的に展開を進めています。

平成16年9月に中国1号店をオープンして以降、アジア地域を中心に出店を進め、現在ではその店舗数は160店舗を超えるまでとなりました。

●○カレーライスという日本の食文化を世界へ発信する○●
自分達がおいしいと思っているカレーライス、つまり、日本のココイチで提供するカレーライスをそのまま持ち込み、現地で販売、提供を行っています。

●○「ニコ・キビ・ハキ」を世界へ発信する○●
海外展開を行なう上で、当社の社是である「ニコ・キビ・ハキ」を日本のおもてなしの心として、海外のお客様にも感じていただきたいと考えています。世界中のココイチで現地採用した従業員の方も「ニコ・キビ・ハキ」のマインドを共有し、店舗運営に取り組んでいます。

海外外食事業では、「成長ドライバーとして飛躍」することを目指します。まず、3年後の300店舗体制を目標として、店舗展開を進めます。世界の七大都市(ロンドン、パリ、ミラノ、上海、東京、ロサンゼルス、ニューヨーク)になるべく早い時期に出店を済ませたいと考えていますが、年内にはロンドンに出店できる予定ですので、あと3都市です。その他に、ロシアやドイツでも案件が進んでいます。

◆アメリカ・・・・・ 8店 (ハワイ・ロサンゼルス)
◆中国・・・・・41店 
◆台湾・・・・・24店
◆韓国・・・・・35店
◆タイ・・・・・28店
◆香港・・・・・8店
◆シンガポール・・・・・4店
◆インドネシア・・・・・・6店 
◆マレーシア・・・・・・1店
◆フィリピン・・・・・・9店
◆ベトナム・・・・・・1店
 
合計 165店舗 (2018年9月時点)
独自の独立支援制度【ブルームシステム】 いつかは自分で経営がやりたい! 社長になりたい!人に使われる働き方にはやりがいを感じない!飲食店の店舗経営をやりたい!自分の地元で開業したい!

経営者として働く事に興味を持つ方は多いと思います。しかし!!

自分がやって成功できるだろうか・・・・失敗したらどうしよう・・・経営の経験もノウハウもないし・・・開業にはたくさんのお金が・・・という不安が大きく踏み出せない方も大勢。

そんな不安を解消し、経営者に向けてしっかりと歩むことができる人材育成システムが当社にはあります。↓↓↓↓

●○独自の人材育成によるFC展開 ブルームシステム○●
【独立に向けてのキャリア】
壱番屋ではブルームシステム(BS)と呼ばれる人材育成制度により社員をFC店舗経営者候補として育成し、キャリアアップを進めるシステムを導入しています。

1、店舗社員として入社。店長の補佐として勤務し、接客・調理の技術を身につけます。
2、店舗責任者として1つの店舗を任せられ、シフトコントロール、食材管理、人材教育といった
 店舗運営の基本知識を習得し、実践します。
3、店長として売上・利益の経費コントロールといった経営者に必要な知識を習得し、
 実践します。

つまり、店舗で正社員として勤務する期間に経営者として必要な技術・知識・ノウハウを身に付けることができるのです。社員は等級制度の下で勤務をし、担当するスーパーバイザー(SV)が店舗を巡回し、教育・指導を適時受けることができ、基準を満たせば等級UPという明確な環境で
成長感を得ながら勤務、独立を目指すことができます。

等級制度の階段を店長まで上り、独立審査を通過することにより晴れて独立。経営者となります。


独立にむけての店舗勤務は最短2年という基準を設けています。これはあくまで『最短』です。独立した方の社員としての在籍年数は平均4~5年。年単位の経験を積むことを求めています。

4~5年か・・・長いなぁと感じる方。これは短いです!社長として店舗経営を行なう為には非常に多くのことを学ぶ必要があります。壱番屋のFC展開において、「FC経営者が失敗しないこと。」 これは非常に重要なことであり、経営者として失敗しない為には社員として勤務する間に多くの経験(成功と失敗)を積んでもらう必要があるからです。

22、23歳で入社し、充分な経験を5年間積んでも27、28歳。20歳代で、若くして社長になる事があなたの努力次第で可能です。

壱番屋の展開する店舗の約8割はこうして独立を果たしたFC経営者により、店舗運営、経営を行なっています。
地域・社会貢献 壱番屋では企業理念に基づき、日常から様々なボランティア活動に取り組んでいます。

●○災害復旧支援活動○●
災害時の復旧支援活動に対し、炊き出し支援、食糧支援、ボランティア活動をされている方々への支援、義援金など協力できる分野にて、当社の持てる機能を活かした支援活動を行います。東日本大震災についても、多方面での支援活動を実施し、一部の活動を現在も継続しています。

●○フードバンク食材提供○●
工場で生産された製品で、包装や印字ミスなど品質に問題が無いにもかかわらず販売できなくなった商品を、フードバンク向けに再加工し、生活に困った方やさまざまな施設へ提供しています。

●○近隣清掃○●
清掃には「他人への思いやり」や「やさしい心」があると言われ、サービス業の原点と考えています。店舗では「5分でも空いている時間を見つけて掃除しよう」をキャッチフレーズに、店舗内や駐車場だけでなく、店舗の近隣でも清掃を行っています。

●○カレー提供○●
愛知県西尾張地域周辺の福祉施設(児童養護施設、授産施設等)に対し、給食サービスやバザーなどの出張販売などでカレー提供を行っています。

●○施設交流○●
カレー提供とは別に、児童養護施設の子供達を招いてのもちつき大会や、野外バーベキューなどを企画実行しています。

●○たすけあい○●
地域活動支援センター(小規模作業所)にて、障害者とともに、就業体験を行っております。

●○回収寄付活動○●
年間を通して古切手や古着、ペットボトルのキャップなどの回収を行い、各ボランティア団体に寄贈しています。

●○青少年の育成支援○●
1. 「少年野球大会」への協賛
2. 「愛知県児童福祉施設長会」主催 夏季鍛錬会への後援

●○社会・福祉予算○●
前年度利益の1%程度を目処とした寄付予算を策定し、各施設・団体、被災地に対して、金銭の他、カレー提供などの各種支援活動を行っています。
設立 昭和57年
資本金 15億327万円
従業員数 正社員:748名 (2018年2月末)
店舗売上高 966億円(2018年2月期)
(国内 855億円、海外 111億円)
株式 東証一部、名証一部上場
代表者 代表取締役社長 浜島俊哉
事業所 ◇本社/愛知
◇営業所/北海道、宮城、埼玉、東京、愛知、石川、大阪、岡山、佐賀
◇工場/愛知、栃木、佐賀
◇子会社/米国 ICHIBANYA USA,INC.
              香港 壹番屋香港有限公司
               香港 壹番屋國際香港有限会社
               中国 壹番屋餐飲管理(中国)有限公司
               台湾 台灣壹番屋股イ分有限公司
               英国 ICHIBANYA U.K. LIMITED


沿革 昭和53年1月 
 名古屋市郊外西枇杷島町に「カレーハウスCoCo壱番屋」1号店オープン
昭和54年11月
 愛知県尾西市にチェーン本部及び工場完成
昭和56年1月
 ブルームシステム(社員のれん分け制度)を発足
昭和62年6月
 アンケートハガキ導入
昭和63年12月
 100店舗達成(岐阜鏡島店オープン)
平成4年10月
 200店舗達成(郡山図景店オープン)
平成6年5月
 全国47都道府県下へ出店達成
 300店舗達成(豊橋岩田店オープン)
平成6年6月
 ハワイ オアフ島にCoCo壱番屋を海外拠点1号店として出店
平成8年12月
 400店舗達成(中区市民会館前店オープン)
平成10年1月
 500店舗達成(戸畑3号バイパス店オープン)
平成11年5月
 600店舗達成(美濃加茂川合店オープン)
平成12年2月
 株式を店頭公開
平成13年1月
 700店舗達成(南区吉野町店オープン)
平成14年5月
 800店舗達成(長野川中島店オープン)
平成15年3月
 新業態店舗 あんかけスパゲッティ専門店「パスタ・デ・ココ」一宮三ツ井店オープン
平成15年7月
 全店舗禁煙実施
平成15年11月
 900店舗達成(金沢もりの里店オープン)
平成16年3月
 東京証券取引所第2部及び名古屋証券取引所第2部に株式上場
平成16年9月
 中国1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」上海中山公園店をオープン(上海市)
平成16年12月
 1,000店舗達成(中区関内馬車道店オープン)
平成17年5月
 東京証券取引所第1部及び名古屋証券取引所第1部に株式上場
平成17年9月
 台湾1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」台北漢口店をオープン(台北市)
平成18年5月
 全工場(愛知工場、栃木工場、佐賀工場)においてISO9001:2000認証取得
平成19年2月
 1,100店舗達成(岡山下中野店オープン)
平成19年4月
 中国 上海市にセントラルキッチンを建設
平成20年1月
 創業30周年
平成20年3月
 韓国1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」江南店をオープン(ソウル市)
平成20年8月
 タイ1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」エスプラナード ラチャダー店をオープン(バンコク市)
平成21年4月
 1,200店舗達成(飯塚柏の森店オープン)
平成22年3月
 新業態 ハンバーグ専門店「にっくい亭」江南赤童子店オープン
平成22年6月
 香港1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」クロコダイルセンター店をオープン(九龍地区)
平成23年2月
 米国本土1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」Palm Plaza Torrance店をオープン(カリフォルニア州)
平成23年9月
 シンガポール1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」313@somerset店をオープン(オーチャード地区)
平成24年2月
 1,300店舗達成(Fashion Island店オープン[タイ])
平成25年1月
 「世界で最も大きいカレーレストランのチェーン店」としてギネス世界記録TMにて認定
※ギネス世界記録TMはギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標です。
平成25年12月
 インドネシア1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」Grand Indonesia店をオープン(ジャカルタ市)
平成26年9月
 栃木工場にてレトルト製造ライン本稼動開始
平成26年10月
 1,400店舗達成(北京楓藍国際店オープン[中国])
平成27年1月
 三重県三重郡菰野町にて生鮮野菜の自社栽培開始
平成27年2月
 マレーシア1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」1 Utama店をオープン(プタリン・ジャヤ市)
平成27年3月
 フィリピン1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」Estancia店をオープン(パシッグ市)
平成27年5月
 ミラノ国際博覧会日本館フードコートに出店
平成27年12月
ハウス食品グループのグループ会社となる
平成29年3月
ハウスレストラン管理(上海)及び台湾カレーハウスレストランを取得し子会社化
平成29年5月
英国子会社 イチバンヤUK LIMITEDへ出資
平成29年9月
ココイチ初のハラール対応店舗「ハラール秋葉原店」(東京・秋葉原)オープン
平成30年8月
ベトナム1号店となる「カレーハウスCoCo壱番屋」Landmark81店をオープン(ホーチミン市)
平成30年8月
佐賀工場においてFSSC22000認証取得

連絡先

〒491-8601 愛知県一宮市三ツ井6-12-23
株式会社壱番屋 人事総務部 人財課
電話:0586-81-0775
メール:saiyo@ichibanya.co.jp
HP:http://www.ichibanya.co.jp
掲載開始:2018/03/01

株式会社壱番屋に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社壱番屋に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)